フォト
無料ブログはココログ

TV

2020年1月15日 (水)

”自分の夢を叶えたろか!”・・・の巻

Img_4860  去る13日(月曜日)の夜、TBS系で放送されていた「さんま・玉緒のあんたの夢をかなえたろかSP」、録画しておいたものを観ました。正直軽い気持ちで録画したのですが、その内容はなかなか濃かったです。千鳥さんの、特に大悟さんのファンの1歳児のお話もさることながら、一番感動したのは、52歳でピアノを始めた漁師さんの話。これ、本当に素晴らしかったです。

 それまでクラッシック音楽になんの興味もなく、ピアノにも触ったことがなかった当時52歳のおじさん。ところがたまたま見ていたTVでフジコ・ヘミングさんの”ラ・カンパネラ”の演奏を聴き、身体に電流が走ったように感じて、「自分もこの曲が弾きたい」と思い立ち、独学で練習を始めました。周囲の人は「そんなの絶対に弾けない」と馬鹿にしますが、本人はいたって本気。一音ずつ練習していき、いつの間にやら一日8時間の練習を続け、7年かかって弾けるようになったというお話。そして、あこがれのフジコ・ヘミングさんの前で演奏する機会を与えられるというお話です。

 もうね~、本当に勇気をもらいました。”夢は願い続ければ、いつかは必ず叶えられる”・・・などとは思っていませんし、そんなことは絶対に言いませんが、それでも「夢に向かって努力する」ということはいいものだなあと思いました。どんなことでも・・・とは言いませんけれど、それでも無理だと思うようなことでも、やってみれば案外できるのかも?とは思いました。

 私もそこそこいい歳になってきてるのですけれど、まだまだ夢や希望を捨てずに、楽しいことを求めて生きていきたいと思います。

2020年1月 9日 (木)

年末年始はCMも素敵!・・・の巻

Img_4848  仕事も始まりまして、お正月のムードもそろそろなくなってきましたが、この年末年始のお休みは、TVをたくさん観て楽しませていただきました。そこで感じたのは(いえ、毎年感じてますが)、年末年始はCMも感動的なものが多いなあということです。思いつくままに挙げてみますと、まず特に年末に放送されていた日清どん兵衛のCM。こたつでうたたねしてしまった吉岡里帆ちゃんに、源ちゃんが「年、越しましたよ」って嘘をつくやつです。二人ともかわいいですよね~。で、これの子どもバージョン、これも可愛かったです。

 箱根駅伝の時の清原翔くんと西野七瀬ちゃんのCMもよかったですねえ。私、HPまで行って、スペシャルバージョンも観てしまいました。

 そして、そんな話を今日職場でしていたら、隣の席の同僚から、「それなら”そごう”のCMもいいですよ。相撲取りの炎鵬がでてるやつ」と紹介してくれたので、ネットで検索して、観てみました。うん、たしかに、いい!これ、あっと言わされます。もしご存じない方で、興味を持っていただいた方がいらっしゃったら、検索してぜひ見てみてくださいね。

2019年12月22日 (日)

年内さいごの”お楽しみ”・・・の巻

Img_4770  おとといの金曜日、お仕事の方はお休みをいただいて、早朝から”お楽しみ”に参加してきました。ただ、新春からの「♪〇〇に入ろかな?」の局の連続ド〇マですので、私がそれを目にできるのはいつのことやら・・・という状況なのですが、タイミングが合いましたので、参加してきましたよ。
 冬の間の”江戸”ものの”お楽しみ”はとにかく寒い!ですので参加にはちょっと気が引けるのですが、この日は遠くに行くでもなく、また気温もそれなりに温かかったので、ありがたかったです。

 ”お楽しみ”が始まると、まず関西の某男性アイドルグループのメンバーの方が登場。この方が主役なのですが、いつも画面から見るイメージ通り、とってもいい方でした。「本番」でない時も場を盛り上げてくださって、私たちにも気を使ってくださり、本当に楽しかったです。
 そして女性の方は、最近とっても売れている方。その方と至近距離でいられて、幸せでした。少しお話もできました。この方もとっても温かい方でした。

 とっても楽しい気分で帰宅し、TVをつけてバラエティ番組を観ると、なんと先ほどまで隣でいらっしゃったその方がゲストで来ておられました。な~~んか、とっても変な気分でした。本当に非日常で、「幸せだな~」と改めて感じました。”お楽しみ”はやっぱり楽しい、それを再確認した一日でした。たぶんこれで年内の参加は最後ですが、来年も参加し続けたいです。

 写真は、”現場”のそばの大〇神です。クリスマスバージョンになっていました。

2019年12月13日 (金)

NHK「パラレル東京」見届けました・・・の巻

P1010137-2  今月初め、12月2日(月)から5日(木)までNHKで放送されていました「パラレル東京」、録画してあったものを見届けました。いや~、怖かった。

 30年以内に70%以上の確率で発生するといわれている首都直下型地震。それが本当に起こったら・・・との想定で、別の世界(パラレルワールド)の「東京」で起こったと仮定したドラマ、それに実際のスタジオからの対談も交えた番組です。特に、ドラマパートは本当に秀逸でした。描写がもうリアルでリアルで、本当の情報番組かと思うほどでした。本当に地震が来てしまったら、こうなってしまうんでしょうねえ。
 ラストも、お見事。少々ネタバレになってしまいますが、「これ4日前だったら・・・(地震が起こる前だったら)」という形で終わるのですが、現実には現在は「4日前(地震が起こる前)」なんですよね。ですので、今のうちにできる対策、心構えも含めてしておきなさいということなのですよね。本当に、何とかしたいです。

 あと、少しドラマパートの感想を書かせていただきます。主演の小芝風花さん、とっても良かったです。彼女、うまくなりましたね~。いい女優さんになりました。私、すっかりファンです。そして脇を固めた方々も、地に足の着いたいい演技でした。さすがです。

 話を元に戻しますが、もう何が起こってもおかしくない世の中です。いざという時のために、備えをしっかりしておきたいと思います。ほんとに。

 写真は、復興なった神戸のシンボル、長田の鉄人28号です。

2019年12月10日 (火)

あ~~、残念だった(笑)・・・の巻

Img_4737  実は昨日、あるハガキが届きました。NHK紅白歌合戦の観覧に応募していた、その結果のハガキです。はい、今年もはずれました(笑)。なぜ(笑)かといいますと、紅白はものすごい倍率だと聞いておりますので、もし当たってしまったら、ほかのところで運が無くなるかも・・・と思ってしまうからです。もちろん、生きているうちに一度は観に行きたいのですが、でも、当たるとちょっと怖い。それに、今から大みそかの宿を東京で確保できるものか?という心配もありますし。

 ということで、はずれてちょっとホッとしているという、変な状況になっております。あ~~残念だった(笑)。

2019年12月 9日 (月)

”THE MANZAI 2019”(12月8日放送)観ました・・・の巻

Img_4736  昨夜は、”THE MANZAI 2019 マスターズ”を観ました。M-1グランプリなどのいわゆる優勝を争う番組もおもしろいですが、この”THE MANZAI"は、現在は実力派の漫才師が多数出演して、お互いに腕を競うという番組になっています。いや~、昨夜もおもしろかったです。

 もうね~、正直どのコンビも気合が入っているのがわかりますしね、それが伝わってくるだけでも、観ている方からすると、楽しくて仕方がないといった感じでした。実際、どのコンビもおもしろかったです。

 その中でも”特に”というコンビをあげますと・・・。(いえ、あくまでも私個人の感想ですからね。)まず、「アンタッチャブル」。いろいろありまして、10年ぶりの漫才らしいです。ここ数年はお二人とも個人で活躍しておられて、まるでピン芸人のようになってましたからねえ。でも、昨夜の漫才を観て「二人でやった方が、おもしろいやん」と思いました。特にザキヤマさん、いつもよりはじけていて、楽しそうでしたしおもしろかったです。それというのも、きちんと「止めてくれる人(突っ込んでくれる人)がいる」という安心感からですかね。これからもその活躍を観ていきたいですが、今度は「10年ぶり」を前面に出さないネタでお願いしたいです(笑)。

 それと「千鳥」。もう独特の存在感ですわ。出てきただけで笑ってしまう感じです。だって昨夜のネタ、結局のところ大悟さんが「開いてる店は開いてるけど、閉まってる店は閉まってる」って言ってただけですからね。それだけであんなに爆笑を取るなんて、凄いですわ(笑)。

 そのほかの方々、例えば「笑い飯」や「銀シャリ」なんかも自分たちらしい漫才を展開していましたし、「ナイツ」や「爆笑問題」などの時事ネタも、おもしろかったです。ほかの方々もおもしろくて、本当に楽しませていただきました。

 これから年末にかけて、ゆっくりお笑い番組を堪能する機会が増えそうでうれしいです。笑って笑って、今年を終えたいです。そうそう、あと一つこの番組でうれしかったのは、ビートたけしさんがラグビー日本代表の姿で出てこられたこと。ありがとうございます。このままみなさんが、ラグビーを忘れなければいいなあ。

2019年12月 1日 (日)

A studio”大東俊介さんの回”観ました・・・の巻

Img_4733  先日、11月29日(金)の夜、TBS系「Astudio」観ました。今回のゲストは大東俊介さん。数年前からちょこちょこといろんなドラマでお目にかかる若手俳優さんです。でも、いわゆるイケメンさんとはちょっと違うような・・・。その理由が今回の番組で少しわかったような気がしました。

 いつもは鶴瓶さんの軽妙なトークで番組は進んでいくのですが、今回は最初から軽妙とはいかず・・・。その理由は、大東さんの生い立ちにありました。番組の最初から大東さんの壮絶な生い立ちを紹介し、そこから這い上がってきた大東さんに敬意を表するが故、軽妙なスタートにはならなかったようです。けれどそのあとはいつものように人柄を紹介し、温かいムードに包まれましたけど。

 そのAstudioから、名言を発見!大東さんはいろいろな先輩俳優さんに可愛がられているのですが、その中のおひとり・天海祐希さんからかけられた言葉に、観ているこちらも感動いたしました。その言葉というのが・・・

 「自分のやることに使命を持ちなさい」

 というものでした。どんなことでも使命を持って、意味をもって、やる。これ、大切ですよね。私も、やるべきこと一つひとつに心を込めて、しっかりとやっていきたいと、心を新たにしました。

2019年11月27日 (水)

実写版サザエさん、観ました・・・の巻

Img_4713  去る11月24日(日)夜、フジTV系で放送されました実写版サザエさん、「磯野家の人々~20年後の最後サザエさん」観ました。

 お話の方は普段やっているアニメとは違い、少々ビターなものになっていましたね。いえ、実写でやるのですから、お話も少し現実に近づけないと・・・といったところだと思うのですが。タラちゃんが就活に苦労していたり、ワカメちゃんやカツオくんも人生に悩んでいたり。どんな世界でも、人生は少し”苦い”といううところでしょうかね。

 誰もが知っているキャラクターを演じるのは、どの役者さんも大変だったのではないかと思いますが、どの方もぴったりはまってました。個人的には、花沢さんがそれなりに可愛くなっていたのが、ほほえましくてよかったです。森矢カンナさんが演じておられました(最初の写真です)。ちなみに森矢カンナさん、普段はとってもかわいい人ですよ。

 人生が思い通りにいかないのは当たりまえ。それでも上を向いて、へこたれずに希望を失わずに生きていきましょう・・・なんてメッセージを勝手に受け取りました(笑)。はい、私もいろいろありますが、頑張ります!

2019年11月18日 (月)

「ボクらの時代」で久々に、名言!・・・の巻

Img_4701  ここでも何度か書かせていただいておりますが、私、日曜日の朝はフジTV系「ボクらの時代」を観ながらコーヒーを飲むのが至福の時間となっております。

 昨日のゲストはりんごちゃん・高橋メアリージュンさん・高橋ユウさん、のお三方。初めは正直それほど期待していなかったんですよね。でもね、観ているうちにだんだんと引き込まれまして、特にメアリージュンさんのお話が興味深かったです。苦労されてるんですね~。苦労を経験された方のお話は、やっぱりおもしろい。いえ、おもしろいと言っては失礼ですね。滋味がある。ためになる。それなりにお金持ちのご家庭に育ったのに、お父様の会社(お店)が倒産。そこからは貧乏暮らし。そしてご自身のご病気。

 なかなかの逆境のなかで生きてこられたのですが、その中で大切にしてこられた言葉が、なかなかの名言でした。

 ”難しいけれど、不可能ではない”

 もともとはこれ、英語で言われてたんですよね。でも、ここでは日本語で。
 人間、様々なことをやってみたいとは思いますが、「やっぱり難しそうだな~」と思ってやる前からあきらめてしまうことも多々あります。でも、そんなとき、メアリージュンさんはこの言葉を思い出すそうです。どんなことでもやろうとすると、難しく感じる。けれど、どんなことでも、不可能なことはなかなかない。だから、とりあえず挑戦してみる。

 う~~ん、なかなか深いです。滋味に富んでます。

 そうですよね。難しそうだからと言って、はじめからあきらめてしまうと、何もできません。どんなことでも、まずは挑戦してみることが大切だと、改めて感じさせられました。

2019年9月18日 (水)

「ノーサイド・ゲーム」追記・・・の巻

Img_4479_20190918203001  前回、TBS日曜ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の最終回について書かせていただきましたが、その時書けなかった小ネタを今日は少し書かせていただきますね。

 まずは「ラス・ボス」”脇坂”を演じた石川禅さん。その大げさな演技、とっても気になってました(笑)。それと、上島竜兵さんに少し似てらっしゃって、いつ「聞いてないよ~」と言い出すか、気になってました(笑)。いえ、もちろんこれは誉め言葉なんですよ。日曜劇場らしい過剰な演技にいつも目が離せませんでした。最終回の、大泉さんにやり込められる場面では椅子から転げ落ちてましたね~。ちょっと笑ってしまいました。この方、あまり見たことがなかったので、歌舞伎の人?と思って調べましたら、ミュージカルを専門にやってこられた方だったのですね~。

Img_4489  そして、工場長を演じられた、漫才コンビ”リットン調査団”の藤原さん。いつも見るたび「よかったなあ」と思っていました。ベテランの漫才師さんなのですけれど、あまり売れてなくて、苦労されてるんですよね~。でも、しっかりと演技されていて、これから仕事が増えるといいですね~。

 あと、最後の試合の入場の時、会場のスポンサーに「帝国重工」があり、ちょっとテンションが上がりました。このような小ネタ、大好きです。

 でもほんと、いいドラマでした。ラグビーを経験した多くの俳優さんがエキストラでもいいから出たい!とおっしゃって、実際に出られているその気もち。よくわかります。私も、出たかったな~。って、それは無理な話ですが。

より以前の記事一覧