フォト
無料ブログはココログ

マニアック

2019年3月21日 (木)

思わぬところでパンダに出会いました・・・の巻

Img_4042 今日は午前中仕事をしてから、大阪・天王寺の一心寺に行ってきました。父親の命日があさってなので、お参りに行ってきました😃。ここのところ忙しく、気になっていながらもなかなか時間が作れずにいたのですが、今日ようやく行くことができました。ちょうどお彼岸ですしね、日ごろの感謝とこれからも見守ってくださいとお願いしてきました✨。

Img_4043 そして、その後、天王寺界隈でポケ散歩をした後、駅で電車を待っていましたら、ホームにはカメラを持って電車を待つ人が多くいらっしゃいました。私もマネしてスマホのカメラを立ち上げて待っていましたら、こんな電車が来ました(2枚目の写真です)。白浜のアドベンチャーワールドとコラボしたものらしいです。う~~ん、可愛い💕。思わぬところでパンダと出会えました😃。

2018年10月15日 (月)

仁徳天皇陵、調査決定!

Img_3503 さきほど、興味のある記事をネットニュースで見つけました。日本最大の古墳である「仁徳天皇陵=大山古墳」の発掘調査が始まるとのことです。
 マニアックな話ですよね~。でも私、古墳、好きなのです
 古墳って、学者さんや学会の方からは、発掘調査をしたがってるんですよね~。だって、発掘調査をすれば、誰が葬られているのかもわかりやすいですし、その他いろいろなこともわかる可能性がある。でもね、宮内庁の方は調査をさせたがらない。その理由は簡単です。だって、古墳って、お墓ですから。お墓を掘り返すって、罰当たりなことでしょ。
 そういうことで、両者の思いはなかなか一致することはなかったのですが、今回、発掘調査が行われることになりました。どういう風の吹き回しでしょ?(笑)。
 今回の調査でなにか画期的な発見があればいいなあ。そしてこれから先も両者協力して、様々なことが分かればいいなあと思います

2017年11月13日 (月)

奈良町で和菓子作り体験

Img_4990 今日は奈良町で、和菓子作りを体験してきました。いえ、これでもれっきとした仕事なのですよ。”伝統の食文化を体験する”ってやつです。昨年は”柿の葉寿司作り”でした。ここでも書かせていただきましたよね。最近、「和菓子のアン」という小説を読んだばかりですので、その内容とリンクして、楽しく体験させていただきました
 約一時間の体験で、今日作ったのは右の三品。和菓子はその時の季節感を反映しておりますので、作っていてImg_4979 も、そして食べても、非常に趣がありました。出来上がった作品、三品めの”落葉”が下の写真です。まるでポケモンのモンImg_4997 ジャラみたいですが、なかなかおいしく、趣深くできました


 体験のあとは奈良町を少し散策しました。昔ながらの情緒を残す町並み、非常に風情がありました。町の家々の軒先Img_4994 に吊られている赤い”人形?”これ、”庚申さんの身代わり申”というそうで、災厄などから身を守ってくれるそうです。私も一つ買って帰りました。ちょっとお高かったですけImg_2964_3 れど、それでも私の身代わりになってくれて、私を病気から守ってくれたら、お金では代えられないほどありがたいですから。さっそく私の部屋の入口に吊りたいと思います


 
Img_2962  帰りは”高速餅つき”で有名な「中谷堂」さんで高速でついた餅を買ってたべながら、JR奈良駅に向かいました。なかなか有意義な秋の一日でした
 

2017年11月 9日 (木)

『 ど根性ガエルの娘 』(大月悠祐子・著)、まずは1~3巻、読みました

Img_2910 昭和40~50年代、一世を風靡した漫画『ど根性ガエル』。私も大好きでした。昔、その専門的な知識を競い合う「カルトQ」なる番組がありましたが、もし「ど根性ガエル」の回があったら出てみたいなあと思うほど、私「ど根性ガエル」に詳しい自信もあります。つまりはそれくらいほれ込んだ漫画でありました
 その作者「吉沢やすみ」さんの娘さんが書かれた漫画があると最近知り、さっそく取り寄せて読んだのが今回のこの作品です。絵柄も可愛いでしょ~。今作もどんなほほえましいお話が描かれているのかと思って、期待して読みましたよ
 でもね、読んでみてびっくりしました。そこに描かれている内容の、衝撃的なこと。人気漫画家の娘として生まれて、言い知れぬ苦難の人生を送られたことが描かれています。昔の文学のような感じでジャンル分けしますとね、まさに「自然主義」「私小説」です。家族の暗部を吐露し、自分の今までの人生の暗部を吐露されています。「ど根性ガエル」はほのぼのとした人情マンガだっただけに、その「成功」がもたらした「闇」に、まさに衝撃を受けました。本当にこの方(作者の大月さん)、よく生きてこられましたね~。何が彼女を救ったのか、このことをぜひ知りたいと思います。何となく、ご主人との出会いが彼女を救ったのかな~なんて予想しますが。でも、「お母さん」の件がそうであったように、まだまだ分かりませんけどね
 読んでいて、最近はやりの「イヤミス」の感じすらしてきました。まだまだお話は続くようですので、次巻、また期待して読みたいと思います。最後は彼女が救われたところで終わってほしいです。そうでないと、悲しすぎますから。
 ここまでの、私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)
 

2017年8月18日 (金)

憎っくき、ハピナス!

38bacdbfd49166ff06adbcb4e17acd291 今日はちょっとマニアックなお話を。私、この夏、今更ながらに”ポケモンGO”にはまっているのは先日来ここでも書かせていただいておりますよね。時間を見つけては近所のポケストップに出かけて、キズグスリなどをゲットし、またジムに出かけてはバトルをするのを楽しみにしております。自らのポケモンもそれなりに強くなり、バトルの結果も上々です。

 そんな日々の中、私の「勝負」に水を差すと言いますか、勝てそうで勝てない、言ってみれば「目の上のたんこぶ」のようなポケモンがいます。それがハピナス(画像)なのです。可愛らしい姿と顔をしていますけどね~、これがなかなか曲者なのです

 相手のポケモンのCP(コンバット・パワー)が自分のものよりも低い場合、戦えばたいていは勝てるのですけれど、このハピナスはそう簡単にはいかないのです。戦いには制限時間というものがあるのですが、このハピナス、大体において粘り強い。ですので、勝てるかなあと思って戦っても、結局制限時間オーバーになることが多い。で、結果として、自分のポケモンだけがダメージを受ける。結局、戦うだけ損・・・。こんなふうになることが多いんですよね。先日も、とあるジムに戦いに行って、ほかのポケモンにはすぐに勝てたのですが、それほどCPの高くないハピナスに粘られて結局ジムを打ち破ることができず、こちらのポケモンが多大なるダメージを被った・・・ということがありました
 そんな感じですので、最近はジムに行ってそこにハピナスがいたら、CPがそれほど高くなくても戦うことをやめるようにしています。ほんと、可愛いなりをして忌々しいポケモンです。自分自身のレベルを上げて、持っているポケモンのレベルを上げて、ハピナスにも正々堂々と勝てるようになりたいんですけどね~

2017年7月13日 (木)

最近お気に入りのCM・2017初夏

M_docomo25aec8b1 TVを観ていると、CMは邪魔なものですが、時々、番組以上に心をつかまれるCMというのがありますよね。私の最近のお気に入りのCMがこちら

 NTTドコモのCMです。これ、綾野剛さん・堤真一さん・そして高畑充希さんが出演しておられるシリーズ物のCMなのですが、ちょっと前にブルゾンちえみさんが出てきて、ちょっと雲行きが怪しくなってきました、いえ、いい意味で(笑)

 そしてその次のお話として、堤キャップを振り向かせるためにブルゾンちえみ風のいでたちで高畑充希さんが登場するのですが、これがなかなか色っぽい。服装はもちろん、メイク・アイラインまでブルゾンちえみさん風なのですが、とっても似合ってらっしゃる。個人的にとっても好みです。このCMシリーズ、これからもこの線で行ってくれないかなあ・・・。

2017年7月10日 (月)

死ぬまでに観たい桜

 私、桜が大好きで、いつの頃からか春になるといろいろなところに出かけて行って桜を観ております。有名なところでは京都・円山公園の枝垂れ桜や奈良・大宇陀の又兵衛桜なんかがお気に入りで、もう何度も観に行きました。30歳くらいの頃は死ぬまでに一度、岐阜・根尾谷の薄墨の桜が観たいなどと思っていたのですが、実はそこにも数年前にもう行きました。

 最近では特にここに行きたい、この桜が観たいというのはなくて、春になって桜の季節になると近所で適当によさそうなところを探して観に行く・・・という感じでやってます。
 ところが最近見つけました。春になって桜が咲いたらぜひ行って観てみたいという桜を

 私、NHKBSで4か月おきぐらいで放送されております「京都人の密かな愉しみ」という番組が大好きなのです。ドラマと豆知識がまぜこぜになったような、京都好きにはたまらない番組なのです。で、その番組が先日の放送でとりあえずの最終回となったのですが、そのImg_2641 最終回で舞台となっていた京都市左京区の広河原というところに咲く一本桜がとっても見事だったのです。

 私、桜がどさっと咲いている、例えば吉野の一目千本みたいなものもいいのですが、山の中でひっそり咲いている一本桜が大好きなのです。先述の薄墨の桜も又兵衛桜も、そうでしょ


 私が来年の春になってもまだ生きていて、身体が普通に動くならば、是非ともバイクで出かけていきたいと思います。京都市左京区と言いましても、かなりの山の中なんですけどね、でもなんとか日帰りで行けると思いますので、死ぬまでに一度は生で観てみたいです。これでまた楽しみが一つ増えました。まさに「京都好きの密かな愉しみ」です
 ちなみに最後の写真が、その桜です。TV画面を撮ったので、ちょっと画像が悪いですが

2017年7月 8日 (土)

夏の風物詩”2017”

Img_2639 今年もあと一息で本格的な夏の到来ですね~。我が家では毎年の夏の風物詩、ゴーヤが今年もすくすくと育っています。

 なにかね~、今年は例年より育ちがいい感じ。すでにいい感じのゴーヤがいくつか出来上がっています。

 毎年書いてますけどね~、私は、とりあえずゴーヤさえあれば夏は乗り切れると感じています。庭で採ってきて炒めたり湯がいたりカレーにいれたり。とにかくこれさえ食べていたら必要な栄養が取れる気がしています。


 それとね~、蔓が延びてどんどんいわゆるグリーンカーテンが広がるのが、単純にうれしいんですよね~。朝晩の水やりがとっても楽しいです
 しょうもないことですけどね、こんなことにも喜びを感じて日々過ごしています~

2017年6月28日 (水)

”真夏”はもう少し先

Img_2302_2 先ほど、急に思い立ちまして、家の近所の”出没スポット”へカブトムシを捕りに行ってきました。毎年7月初めころの、雨上がりの蒸し暑い夜に、よく出てくるのです。

 で、行ってみたのですが、今夜は全くその気配なし。カブトムシ以外も含めて、虫らしい虫はいませんでした

 そして、出没するころには、近づくともう木から出る「蜜」の匂いが”むわ~~”っと漂っているのですが、今夜はそれもありませんでした。何本かあるクヌギの木を一通り見て、帰ってきました。
 7月になってまた気が向いたら、見に行きたいと思います。その気になるかどうかは、わかりませんけど
 写真は、そのスポットの割と近所、うちの町内にある小野妹子さんのお墓です。

2017年5月29日 (月)

京都鉄道博物館に行ってきました

Img_4781_2 先日、京都鉄道博物館に行ってきました。かつて、大阪は弁天町にありました「交通科学館」が大好きだった私。そこが閉館になって京都鉄道博物館が新しく建てられてから、一度行ってみたいと思っていたのです。
 
 いえ、私、特に「鉄道マニア」というわけではありません。でもね、特に男の子(というにはかなりの年ですが・笑)はやっぱり鉄道は好きなものですよね。ですので「交通科学館」にもよく通っていましたので、そこの資料が吸収されて新しく作られた「京都鉄道博物館」にもかなり興味があったのです。

 実際に行ってみると、正直、印象は「交通科学館」とあまり変わりませんでした。いえ、これは褒め言葉です。今回初めて行ってみましたが、かつて「交通科学館」に行った時に感じたImg_4783 「トキメキ」を、今回も感じることができました。ただ、もちろん規模も大きくなっていますし、設備も新しくなっていますけどね。
 

 こういうところに来ると、やぱり旅情をそそられるんですよね~。こういう電車に乗って、どこかに行ってみたい、とかね。ですからジオラマショーなんかは結構そそられましたよ。プラネタリウムのショーと同じ感じで、なにかしら切ない感じになりました

 昼食はこの館のレストランでいただきましたImg_4786 よ。私はラーメンをいただきました。なかなかおいしかったです。
Img_4789  館内をひととおり見学しまして、最後に出口へ向かうと、昔懐かしい光景が広がっておりました。円形の、機関車の駐機スポットです。正確にはなんというのかは知りませんけどね(笑)。これこそがまさに「梅小路」ですよね
 こんな感じで鉄道博物館を堪能し外へ出ましたが、じつはこれで終わりではありません。外には広々とした公園が広Img_4780 がっております。近隣には京都水族館もありまして、トータルでとってもいい公園になっておりました。子ども連れで遊びに来るには持ってこいの公園だと思いました。うちの子たちがまだ小さかったころにこんなところがあったら、何度も来たのになあ・・・なんて思いながら、この地をあとにしました。でもほんと、いいところでしたよ