フォト
無料ブログはココログ

個人的なこと

2019年7月21日 (日)

宮迫さん・田村亮さん。お二人の会見を見て、思ったこと。

Img_1170  昨夜、宮迫さん・田村亮さん、お二人の会見を見ました。事前に知っていたか否かに関わらず、反社会的勢力とかかわって、例えばお年寄りからだまし取ったお金の一部を密かに懐に入れるということは許せません。そして、まだ一方の側からお話を聞いただけで、実際にどうだったのかはわかりませんので、どちらが悪いか、などのお話はまだしないでおきたいと思います。
 ただ、それでも、昨日のお話は、悲痛でしたね。見ていてとっても心が痛かったです。そして、自分の身に置き換えても、思うところが少なからずありました。そのことについて、少し書かせていただきますね。

 まず思ったことは、うそをついてしまった時、それをごまかそうとして上塗りすると、結局は悪い方にしか行かないということです。それを自覚していても、自覚がなかったにしても、人は誰でも「うそ」をついてしまうことがあると思います。そしてもちろん「うそ」にもいろいろありますので、「優しいうそ」「必要なうそ」ももちろん世の中にはあります。けれど、他人を傷つける「うそ」をついてしまった時(もしくは失敗してしまった時)
には、そしてそのことを自覚した時には、できるだけ早く謝罪することが大切なんじゃないかなあと、今回の会見を見て、思いました。本当に、それしかない!ごまかそうとすると、いい方向にはいかない!たとえ一瞬「ごまかせた」と思えても、結局は「うそ」からスタートしたこと。そこに「真実」がついてくることはない。原点に戻って謝罪し、なかったことにはできないかもしれませんが、スタートの「うそ」を修正する努力をすることが、その後のお互い(うそをついた方とつかれた方)の人生をよりいい方向に導いてくれることにつながるのではないでしょうか。

 そして、事が起こった時に、「なにが一番大切か」をしっかり見極めることが大切ですね。「あれもこれも守る」ということが難しい状況になってしまったら、「そのなかで一番守らなければならないことは何か?一番大切なことは何か?」をしっかり見極めて行動しなければなりません。今回、宮迫さん・亮さんの側も、吉本興業の側も、それを見誤ってしまった感じがしてなりません。

 最初にも書きましたが、昨日の会見だけを見れば、宮迫さん・亮さんがかわいそうでなりません。いえ、もちろん反社会的集団の被害に遭った多くの方々が一番の被害者なのですけれど。けれど、それはもちろんのこととして、宮迫さん・亮さんのここまでの気持ち、現在の気持ちを考えると本当につらかったです。こんなことがあってもやっぱり吉本に感謝している。けれどその吉本に対して批判ともとられかねないような会見を開かなければならない。芸人人生をこんな形で・こんな気持ちで終わらなければならない(いえ、もちろんまだ終わったわけではありませんが、とりあえず「吉本芸人としての人生を」と言い換えましょうか)のは、お二人にとって本当に本意ではなかったと思います。終えるときには幸せな形で・・・と考えていたはずです。そのことを思うと、自分の生き方とも重なって、悲しくて悲しくてなりません。

 昨日の会見を受けて、吉本の中でも発言力のある先輩芸人さんが動きを見せるようですので、それにも注目したいです。そしてとにかく、(反社会的勢力の被害に遭われた方々はもちろんですが)宮迫さん・亮さんの人生がこれ以上悪い方向に流れていかないように願いながら、今後の推移を見守っていきたいと思います。

2019年7月20日 (土)

2019.7月期・今期観ているドラマ・・・の巻

Img_2093  そろそろ、この夏のドラマが各局で始まりましたね~。私も「どれを観ようかな~」と様子を見ていたのですが、ようやく固まってきました。発表させていただきます!

 まず、今期一番期待している作品。先日も書かせていただきましたが、TBS系日曜夜9時「ノーサイド・ゲーム」です。池井戸潤原作、あの半沢直樹の枠とくれば、もう鉄板でしょう。2話見ただけで、すでにはまっています。

 あとはフジ系月9「監察医 朝顔」。上野樹里ちゃんのドラマは気になります。火曜日は特になくて、水曜日夜10時日テレ系「偽装不倫」。正直、今期観ているドラマの中では、一番期待していません。もしかしたら途中で観るのをやめるかも(苦笑)。木曜夜10時はフジ系「ルパンの娘」。これも期待せずに見始めたのですが、割と面白い。やっぱり深キョンが可愛い。けっこういいお歳ですのに。そして金曜夜10時はTBS系「凪のお暇」。昨日から始まって、試しに見てみたのですが、これがなかなか面白い。やっぱり黒木華さんは達者です。それと、高橋一生さんの”怪人”ぶりが気になる。それと、仲村倫也さんの存在も気になります。

 もしかしたらこれ以外にも、例えばNHKあたりで夜ドラなどが始まるとみてしまうかもしれませんが、とりあえず今期はこんな感じです。今期は恋愛ものはなく、コメディが多いかな。でも、今まで同様、楽しませていただきたいです。

 そうそう、今夜はひそかに楽しみにしていたフジ夜ドラ「仮面同窓会」が最終回を迎えます。これもひそかに楽しみです。

2019年7月15日 (月)

いまさらながらに思う、ジャニーさんのこと・・・の巻

__-183  最初に書いておきますが、私、ジャニーさんとは全く面識がありません。ただの一般人です。その私が、今回ジャニー喜多川さんが亡くなられたことに関して、思うところを少し書かせていただきますね。

 今更ながらに思いますが、ジャニー喜多川さん、やっぱりすごい人ですよね。あれだけの男性アイドルを、単なるアイドルとしてだけではなく、歌手・俳優・タレント・司会者などなどとして育て上げる・・・すごい力量です。そしてジャニーズ事務所の方々は本当に低姿勢でいろんな常識がしっかりしてらっしゃる・・・。いえ、実際に業界の中ではどうなのか知りませんが、素人相手や私のような素人に毛が生えた程度の人には、本当にしっかりとした対応をしてくださる。それはひとえにジャニーさんの教育のたまものなのだと思うと、やっぱりすごい人だなあと思います。

 

 こんなにも芸能界で力をふるい、亡くなった時にこれだけの方々に惜しまれるのは、やっぱり接した人に対して誠意を尽くす人だったのでしょうねえ。ジャニーズの方々のコメントや、お別れ会のあの写真から、そういうことがうかがえます。

 男性アイドルを多く育てているということで、いろいろとよからぬうわさが出たりすることもありますが、これは結局「出る杭は打たれる」ということなのでしょうか。真実はわかりませんが、亡くなった今、多くの方があんな風に惜別のコメントが出されているということが、いろんなことを物語っているような気がします。

 私も、亡くなった時にこんな風に惜しまれるように、生き方を見習いたいです。ジャニー喜多川さんのご冥福をお祈りいたします。

 写真は、キスマイの玉森くんとドラマでご一緒させていただいたときにいただいた、差し入れです。私たち末端のものにまでいただきました。

2019年7月14日 (日)

こんな地名、どうなのかなあ・・・の巻

Img_4282  今日は夕方から高校の時の友人たちと飲みに行ってまいりました。高校の時の友人たちと飲むときに”ありがたいなあ”と思うのは、近所で飲めること。都会まで出なくても電車で数駅のところで飲めるので、楽です。

 待ち合わせの時間よりも早く、お店のある駅に着いたので、そのあたりをぶらぶら。実は私、保育園に通っていたころ、このあたりに住んでいたのです。で、どんなふうに変わったかなあと思って、ぶらぶらしてみました。

 町はそんなに変わっていませんでしたが、ひとつ「どうなんだろうなあ」と思ったことが・・・。それはこの町のなまえ。写真のように「阿保」と書きます。これ、ふつうに読んだら「あほ」ですよね。ここ、大阪ですので、まさに「あほ」。まるでここに住んでいる人が「あほ」のようですよね。いえ、はっきり書いておきますが、もちろんそんなことはないのですよ。ディスっているわけでもありません。実は私が保育園のころから、ここの地名は変わっていません。

 これ、実際には「あお」と読みます。でもね、これ、知らないところで地名を変えようっていう運動、きっとあっただろうと思うんですよね。でも、今でもこの地名。きっと何か由緒ある地名なんでしょうねえ。でも、ず~~っと、不思議でなりません。どうしてこんな地名なんだろう・・・?

2019年7月13日 (土)

これからは幸せになってね・・・の巻

Img_4280  うちの奥さんは、捨てられた犬や保護された犬の世話をするボランティアをしております。いえ、そういう施設を運営しているわけではありませんが、そういう施設に時々行って、保護されている犬などの散歩をしたり、えさをあげたり。時には警察まで保護された犬を迎えに行って、翌日施設に連れていくまでうちの家で一晩預かったりします。今までにも何匹もそうやってうちの家に一晩泊っていきました。そうやってうちに泊まった犬は、慣れない場所ですから夜じゅう吠えたりします。私としては、寝不足になったりします。

 実は昨日も、一匹うちに泊まっていきました。警察から連絡があり、うちの奥さんが迎えに行ったのです。ところがこの子(写真の子)は全く吠えない。吠えないどころか、家に連れてきてケージに入れると、そこから出ようとすらしない。散歩に連れて行ってあげようと、首輪をつけ綱をつけても、まったく出ようとしない。そして、おびえたような目でこちらをじっと見るだけ・・・。

 いままで、こちらが想像できないようなつらい目に遭ってきたんでしょうねえ。人間に虐待されて、捨てられたか・・・。本当に、可哀そうでした。

 今日はすでに施設にいきまして、これから可愛がってくれる新しいご主人を探すことになります。今度はいい人に飼ってもらって、今までの分も含めて幸せに暮らしてほしいなあと、切に思いました。たった一泊しただけですが、やっぱりかかわった人、そして犬も、幸せになってほしいです。

2019年7月12日 (金)

次に洗車するのはいつになることやら・・・の巻

Img_3263  私は黄色い小さな車に乗っています。ただ、「乗っています」と書きましたが、実はあまり乗っていません。普段、通勤その他にはバイクを使っているので、車にはほとんど乗っていないのです。とっても気に入ってはいるのですけどね。車に乗るのは雨の日と、あと、後輩と食事に行く時でしょうか。

 私には可愛がっている後輩がいまして、2か月に一度くらい、食事に行ったりします。その後輩、あまり車の運転がうまくないということもあって、その時には私が車を出します。なんとなく、暗黙のうちにいつしかそうなってました(笑)。食事に行く時は仕事の話だけではなくて、といいますかむしろ仕事以外の話をよくします。観た映画の話、ドラマの話、読んだ本の話、その他もろもろ・・・。正直楽しくて、なかなかいい息抜きになっております。
 
 で、食事に行く前には、せっかく他人を乗せるのだから・・・と、洗車をしたりします。2か月に一度くらいのタイミングが、洗車にもちょうどいいのです。

 ところが今回、いろいろ事情がありまして、今後この後輩と食事に行くのが難しい状況になってしまいました。いままで結構楽しい、いい時間でしたので、正直なところかなり残念です。でもまあ、縁があったりなかったり、来る人もいれば去る人もいて、人生いろいろありますので、仕方ないことは仕方ないと思わなければ、仕方ありませんよね。

 ただ・・・私は次、いつ車を洗えばいいのでしょうか。車を洗う時が、またくるのでしょうか?

2019年7月11日 (木)

そのTシャツ、なんなん?・・・の巻

Img_4272  私、普段はカッターシャツにスラックスといういでたちで仕事に行っているのですが、今日は事情によりいわゆるジャージのような姿で仕事をしておりました。もっと正確に書きますと、Tシャツにジャージです。で、それならということで、最初の写真のTシャツを着ていきました。これを着て行って、何人の方に突っ込んでいただけるか・・・というのを個人的に楽しみたかったのです。それに、突っ込んで来なかった方も、心の中では「何なん?そのTシャツ?」と思っておられるでしょうし、ちょっとした「いたずら心」と言いますか、ひそかな楽しみ・企みをもって、このTシャツを着て出勤しました。

 で、実際には11名の方に突っ込んでいただきました。”ichiさん、それなに?”とか”なんて書いてあるのん?”とかね。

 でね、私こんなことを思い出したのです。今から20年ぐらい前ですかねえ、同じようなことを企んで出勤した時のこと。結局はあまり突っ込んではもらえなかったのです。そしてそのことをその時の友人(職場の同僚)に話すと、「だってお前、怒るかもしれへんって思われてんねんで!」と言われました。なるほど~、そうか~。私って声かけにくいのね、と思った記憶があります。

 ところが今日はそれなりに声をかけていただけることができました。上記の出来事から20年ほどたって、私も少しは親しみやすくなったのかな~と、ちょっとホッとしました(笑)。
 いくつになってもあまり成長・進歩のない私ではありますが、そんなことを考えて、今日はちょっとだけ、安心しました。

 

2019年7月 9日 (火)

初回から泣く!・・・TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」観ました・・・の巻

Img_2275  4月期のドラマが大体終わって、次は何を見ようかなあと考えていたところ、いきなり期待大なドラマが始まりました。TBS日曜ドラマ「ノーサイド・ゲーム」です。原作は池井戸潤さん、それから放送枠は日曜9時となれば、あの「半沢直樹」や「下町ロケット」のように、大感動が約束されているようなものです(笑)。それにもう一つ、私にとっては忘れてはならないことが。そう、今回はテーマが「ラグビー」なのです。こうなったら、観る前から号泣必死ですよね。

 実際、第一回を観ましたが(録画してあったものを、本日先ほど観ました)、もう、一つひとつが心に引っかかる。泣ける場面が何度もありました。特に個人的には子どもがラグビーを始めたいというシーン、うちの子たちがラグビーを始めたころを思い出して、それだけで号泣でした。そしてラストの、「もう負けたくないんだ!」にも号泣。ほんとそうですよね。今までいろんなことがありましたが、私ももう負けたくありません。次回以降も、期待大です。

Img_2921_20190709184601  そしてこのドラマ、ラグビー関係者としては本当にありがたいです。TBSにも池井戸潤さんにもお礼を言いたいです。こんな風にラグビーを取り上げてもらって、ラグビーという競技の普及に貢献してもらって、本当にありがたいです。それも第一回では「ラグビーは汚い」「むさくるしい」「わかりにくい」「ワールドカップも、関係者だけで盛り上がっているんじゃないの?」などなど、まさに現在の世間の声を反映させていただいて、ありがたかったです。いえ、これ、すねているわけではないのです。実際世間の見方はこうだろうと思うのです。ところがドラマが進むにつれて、この無理解がどんなふうに理解につながるのだろうと思うと、わくわくします。長くラグビーに関わっている私ですが、声を大にして言いたいです。本当にラグビーは素晴らしいスポーツなのです。面白いだけ、楽しいだけではありません。人生を教えてくれる素晴らしいスポーツなのです。ドラマを見てくださっている方々に、少しでもそのことが伝わればうれしいです。

Img_4270_20190709184901  あと、観ていて面白かったのは、かつてのラグビー界の名選手が多数出ていること。特に浜畑を演じた広瀬俊朗さん(写真の方です)なんて、もう俳優さんですやん。第一話ではほとんど主役でしたね。うちの奥さんは「俳優さんかと思った」って言ってましたよ(笑)。名門北野高校から慶応大学ということで、頭がよかったらお芝居もできるんですかね(笑)。ちなみにこの方、東芝でプレーし、日本代表のキャプテンもされていた方です。でも、意外な才能を発見しました。

 とにかく、いろんな意味でこれからも期待しています。楽しみなドラマが見つかって、よかったな~。

2019年7月 8日 (月)

甲斐バンドのライブに参戦してきました・・・の巻

Img_4266  昨日は久々に、LIVEに参戦してきました。アーティストは”甲斐バンド”。若い方々はあまりご存じないかもしれませんが、今から40年位前には、一世を風靡するくらいの勢いのあるロックバンドでした。私も大好きで、レコード(CDではありません・笑)もよく聞きましたし、コンサートにもよく出かけました。甲斐バンドのコンサート(LIVE)に出かけるのはたぶん40年ぶりくらいかなあと思います。ほんと、久しぶりでわくわくしました。

Img_4260  会場は、ZEPP OSAKA BAYSIDE。USJのすぐそばです。オールスタンディング(椅子がないのです・汗)ということで、ずっと立っていられるかなあと心配だったのですが、そこらへんは大丈夫でした。でも、今日はちょっとしんどかったです(笑)。

 高校時代からの友人と行ったのですが、始まる前は「新曲、全然知らへんで。」「曲、わかるかなあ?」などと言い合っておりました。けれど、始まってみるとそれらは全くの杞憂でした。知っている曲ばかり。知っているどころではなく、ほぼ全曲歌えました(笑)。

 セットリストは後で記させていただこうかと思っているのですが、今回のツアー、”サーカス&サーカス2019”と銘打たれているだけあって、今から40年位前に発売された初期のライブ盤「サーカス&サーカス」の曲目をほぼなぞっている感じでした。

Img_4264  オープニングで”ジャージャ、ジャッジャジャージャ”というギターのリフが始まると、会場のボルテージは一気に上がり、私も「うお~」となりました。かの、「きんぽうげ」からスタートです。そして先ほども書きましたような感じで、知っている曲、かつて大好きだった曲ばかりが演奏されていきます。ほんと、うれしかったです。そして、かなりマニアックな話になるのですが、中盤あたりで、「悪いうわさ」から「ダニーボーイに耳をふさいで」のメドレーになると、もうほんと鳥肌が立つくらいに、涙が出そうになるくらい、テンションが上がりました。このメドレー、中学生のころ、もう数えきれないくらいに聴き、歌ったものです。そして「ポップコーンをほおばって」、これは先述のアルバムのラスト曲だったのですが、もうほんと時間をさかのぼったように感じられ、夢や希望にあふれていた中学・高校のころに戻らされました。なんか、切なかったです。

 甲斐バンドのみなさんのパフォーマンスは、ほんと、昔のまま。ボーカルの甲斐さんも失礼ながらかなりお年を召されたはずのなのですが、歌声もパフォーマンスも昔のままでした。ほかのメンバーのみなさんも、熱いプレーで盛り上げてくださいました。田中一郎さんも松藤英雄さんも、いい年の取り方をされていらっしゃいます。

Img_4262  かっこいい”ツアーTシャツ”も買いましたし、ほんとうに満足の一夜でした。一緒に行ってくれた友人に感謝です。

 先ほども書きましたが、正直今日はちょっと参戦疲れも残っておりますが、やっぱりこういうことが人生のスパイスとなって、日々を楽しくしてくれます。またいろいろと参戦したいです。楽しい、いい時間を過ごすことができました。

 最後に、昨夜のセットリストを記させていただきますね。

 

 1・きんぽうげ

 2・ジャンキーズ・ロックン・ロール

 3・吟遊詩人の唄

 4・東京の一夜

 5・港からやってきた女

 6・裏切りの街角

 7・シネマ・クラブ

 8・テレフォン・ノイローゼ

 9・ビューティフル・エネルギー

 10・安奈

 11・悪いうわさ → ダニーボーイに耳をふさいで

 12・氷のくちびる

 13・ポップコーンをほおばって

 14・翼あるもの

 〈アンコール〉

 15・HERO

 16・漂白者

 17・最後の夜汽車

 18・バス通り

2019年7月 7日 (日)

なかなか思うようにはいかないなあ・・・の巻

 Img_4258 ここでも何度か書かせていただいておりますが、私の日曜日の朝はフジTV系「ボクらの時代」から始まります。朝7時までにもろもろのことを済ませて、コーヒーを飲みながらこの番組を観る。至福のひと時であります。

 今朝のゲストは壇ふみさん・阿川佐和子さん、そしてフジテレビの社長でいらっしゃます遠藤龍之介さんです。お三方とも、作家さんの子どもさんです。それぞれに年齢を重ねら、人生経験を積まれたお三方、示唆に富んだお話が展開されました。どのお話も興味深かったです。

 ところでこの番組を観ながら、私、自分自身のことを考えてしまいました。私もそれなりに年齢を重ね、人生経験を重ね、それなりに人間として成長したかなあと思うこともあるのですが、・・・やっぱり今一つですねえ。ここ最近、例えば4月以降のことを考えてみましても、いろんなことに心を煩わされて、人間としてまったく成長できていない・・・。ちょっとしたことにあたふたしてしまって、どぎまぎしてしまって、うろたえて、冷静になって自分の姿を見つめ返してみると、なんと格好の悪い・・・。じたばたするのも、人間らしくていいとは思うのですが、それでも4月以降の”自分の姿”のなんと不細工だったことか(泣)。

 ああ、これではいけないなあと、情けなくなってしまいました。もっと、”どしっ”としていないといけませんね。また、人生をやり直さなくては!まだまだ成長できていない私ですが、まだまだ頑張りたいと思います。ある程度の年齢になったら、それなりに成長できていないと悲しいですからねえ。とは言いましても、すでに「ある程度の年齢」なのですけどね。はい、また頑張ります。

 

より以前の記事一覧