フォト
無料ブログはココログ

個人的なこと

2020年1月 8日 (水)

2019・読んだ本、個人的ベスト10

Img_4411_20200106191201  それでは今年も、これもやっておかなくてはいけませんね。昨年(2019年)読んだ本の極私的ベスト10です。昨年は『朝が来る』から『祝祭と予感』まで、漫画を除いて35冊読みました。その中でのベスト10です。それでは10位から発表させていただきます。それぞれ寸評を加えさせていただきましたが、もし興味を持っていただければ、それぞれの作品の記事(過去の記事)も読んでいただければ嬉しいです。

 10位・・・ノーサイド・ゲーム(池井戸潤)
       言わずと知れた池井戸潤さんの作品です。昨年、そして今でもラグビーがこんなに盛り上がったのは、このドラマのおかげだと思っています。ラグビーファンとして、本当にありがたかったです。本の方は、池井戸さんの王道です。

 9位・・・愛なき世界(三浦しおん)
       ちょっと変わった恋愛物語です。でも、いわゆる「普通じゃない」ところが好感が持てるんですよね。おもしろかったです。

 8位・・・吉祥寺の朝日奈くん(中田永一)
       中田永一さんらしい、一筋縄ではいかない恋愛物語です。吉祥寺、住んでみたいなあ。

 7位・・・彼方の友へ(伊吹有喜)
       戦前・戦中の出版社を舞台にした作品。セピア色が目に見えるような気がします。切なくて、いい作品です。

 6位・・・いとみち(越谷オサム)
       三巻まとめての評価です。青森を舞台に、一人の少女が「いいひとたち」に出会って成長していく物語です。とっても爽やかで、読後感もすっきりです。

 5位・・・まつりのあと(花房観音)
       いつもはかなりエロい作品が多く、ほかの人にはなかなか紹介できずにいるのですが、この作品はなかなかバランスよく、平安神宮での結婚式に参列した様々な人々の、それぞれの人生をうまく描いています。人生いろいろ、です。

 4位・・・ライフ(小野寺史宜)
       小野寺作品では「ひと」とどちらをランクインさせようか迷いました。世間では「ひと」の方が評判がいいようですし。でも、私はこちらの方がしっくりきたかな。読み終わると「人生っていいな」と思えるようになります。

 3位・・・彼女が好きなものはホモであって僕ではない(浅原ナオト)
       この本は、私に新しい目・考え方を開かせてくれた本です。人間って、ほんと様々です。様々で、それでいいんです。NHKのドラマでよかったです。

 2位・・・東京會館と私(辻村深月)
       これも上下巻合わせて、です。東京會館を舞台に、そこに交錯する様々な人の人生を描く物語です。心が温かくなります。

 さあそして、昨年の1位は・・・蜜蜂と遠雷(恩田陸)
       同じ年に直木賞と本屋大賞を同時受賞した本作。時間ができてから読もうと置いてあったのですが、昨年末、ついに読むことができました。う~~ん、素晴らしい。さすがの作品でした。映画もぜひ見てみたいです。

 さあ、2020年も始まりました。今年はどんな作品に出会えますやら。映画もそうですが、人生に楽しみを与えてくれる本に、一冊でも多く出会いたいです。いい作品があれば、教えてくださいね。

2020年1月 6日 (月)

2019・極私的映画ベスト10・・・その2

Img_4402_20200104193301  それでは、ごくごく個人的な、2019年にここで紹介させていただいた作品の中での、個人的なベスト10、その5位から1位を発表させていただきます。

 5位・・・見えない目撃者
    吉岡里帆ちゃん主演です。韓国映画「ブラインド」のリメイクなのですが、個人的には韓国版を越えていると思います。吉岡里帆ちゃんの演技、とっても良かったです。はらはらしました。

 4位・・・太秦ライムライト
    映画愛にあふれた作品です。かなり地味な映画ではありますが。これはまさに「極私的」で、エ〇ストラとして太秦にもう何度も通い、映画撮影に参加している私としては、共感を覚えずにはいられなかったというところです。でも、そうでなくてもいい映画だと思いますけれど。

 3位・・・ジョーカー
    ここでも、4位との振り幅がすごい(笑)。昨年話題になった映画です。とっても悲しい映画でした。無理に笑顔を作り、心が破壊されていく様子が悲しかったです。ヒースレジャーの「ダークナイト」も合わせて観たいです。

 2位・・・日日是好日
    これはまた、地味な映画です。でもね、ラスト近くで「生きる」ということ、「人生」の本質を教えてくれます。人生の中の一本です。

 さあ、昨年の1位は・・・ラ・ラ・ランド
    意外性はありませんよね。「日日是好日」と迷ったのですけれど、総合的にみてこちらを選びました。この作品は、もう説明が要らないですよね。やっぱり、いい映画でした。

 ということで、昨年もいい映画にたくさん出会うことができました。今年もたくさんいい映画に出会って、人生を少しでも楽しみたいです。ちなみに今年になってまだ数日ですが、すでに4本観ました。ちなみに今年最初に観た映画は「輪違屋糸里」です。みなさんももしよろしければ、「こんな映画があるよ」って教えていただければ嬉しいです。今年もよろしくお願いいたします。

2020年1月 5日 (日)

2019・極私的映画ベスト10・・・その1

132861_111  それではそろそろ書かせていただきましょう。昨年、2019年にここで紹介させていただいた映画の中から、私がベスト10を選んで発表させていただきます。あくまでも私の好みで選んでおりますので、クレーム等はご容赦くださいね。

 昨年は「ラ・ラ・ランド」から「僕らのごはんは明日で待ってる」まで117本観ました。かつては170本とか観ていましたので、そのころに比べると本数もずいぶん減りましたが、「ただ本数を稼ぐだけ」というような観方はしたくありませんので、これでよし!と思いたいと思います。なんとか年間100本だけは維持したいですけどね。
 で、ここでは「映画の話1427・家へ帰ろう」から「映画の話1551・50回目のファーストキス(日本版)」まで134本の感想を書かせていただきました。先ほども書かせていただきましたように、「昨年観た映画」ではなく「昨年ここで紹介させていただいた映画」の中からベスト10を発表させていただきますね。それでは10位から。

 10位・・・天気の子
   言わずと知れた新海誠さんの新作です。いろいろと賛否両論あったようですが、私は好きです。

 9位・・・こんな夜更けにバナナかよ
   大泉洋さんが出色です。障害を持った方を特別扱いせず、どのように接すればよいかを説いてくれているようです。これからの時代をどう生きればいいか、参考になります。

 8位・・・今夜、ロマンス劇場で
   綾瀬はるかさん、いいですねえ。とってもお似合いでした。ノスタルジックで切なくて、映画に対する愛情も感じられる、いい映画です。

 7位・・・シャイニング
   8位との落差がすごいです。私、もう子どものころからポスターのジャック・ニコルソンさんのあの笑顔が怖かったです(最初の写真です)。「あの顔」はまさにこの映画を象徴しております。あの演技、お見事というしかありません。あの演技を観ておかなければダメです。

 6位・・・帰ってきたヒトラー
    ドイツが作った、ヒトラーをテーマにした映画です。初めはパロディ映画かと思いましたが・・・。これは考えさせられます。一見の価値ありです。

 長くなってまいりましたので、5位~1位はまた次で発表させていただきますね。よろしければお付き合いください。

2020年1月 2日 (木)

2020・あけましておめでとうございます・・・の巻

Img_4843  みなさま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします🌄。

 お正月、みなさまいかがお過ごしでしょうか?お休みの方もそうでない方もいらっしゃると思います。私は年末から完全にスイッチを切っておりまして、ゴロゴロダラダラと過ごしています。基本的に動き回っていなければ不安な私ですので、お正月休みぐらいはできるだけ動かないでおこうと心がけて、家でTVを観たりして過ごしています。
 今日は朝から箱根駅伝を観、お昼からはラグビー大学選手権を観て過ごしました。関西代表の天理大学、残念でした。あんなに大差をつけられるとは思いませんでしたけどね~。でもまた一年頑張っていただいて、来年こそは優勝してほしいと思います。応援しています。

 明日は自転車で少し出かけようかなあと思ったりしています。あと、高校ラグビーの観戦でしょうか。明後日からまた仕事再開ですので、貴重な明日の休み、充実させたいと思います。

 昨年は一つのことを「ぐじぐじ」と考えてしまって、何かしら憂鬱な気持ちで過ごすことが多かったのですが、今年はそういうことにも折り合いをつけて、できるだけ楽しく過ごしたいと思います。みなさまのところにも楽しいことがたくさん起こりますように。

 それでは、今年もよろしくお願いいたします。

2019年12月30日 (月)

2019、今年もありがとうございました。

Img_4779  2019年、今年もいよいよ押し迫ってまいりましたねえ。今日はもう12月30日ですか~。毎年思いますが、月日の経つのは早いものですねえ。毎年年の瀬になりますと、この一年を振り返りますよね。私にとって今年はどういう年だったか、振り返ってみたいと思います。

 今年はプライベートな話をしますと、ちょっと人間関係がうまくいかなかったといいますか、信頼していた人に裏切られたといいますか、そのことをちょっと(いや、本当はかなり、です・汗)引きずってしまった一年でした。正直、かなり憂鬱な気持ちで日々過ごしておりました。こうやって一年を振り返る時が来ると、「最悪な、しんどい一年だった」と振り返るんだろうなあと思っていました。

 でもね、それならいいことがなかったかといいますと、そんなことはありません。ここでも何度も書きましたが、まずラグビーワールドカップの大成功。ラグビー日本代表の大活躍、および世間でのラグビーブーム。これは本当にうれしかったです。いえ、日本代表が勝ったということよりも、そのことによってラグビーの素晴らしさが日本中のみなさんに認知され、新しくラグビーを好きになってくださった・関心を持ってくださった方が増えたのが本当にうれしかったです。それがお前に何の関係があるねん・・なんて言われそうですが、大げさでなく、古くからラグビーを愛するものとしては、本当にうれしかったです。

 それに、身体の面でも、それなりに健康に過ごすことができて、それもやっぱりありがたかったです。

 ということで、今年はどんな年だったかということをトータルして考えると、結局「それなりにいい年であった」ということになりますかね~。正直、こんな風に書くなんて、自分でも予想していませんでしたけれど。

 いろいろあって、その場面その場面では落ち込むこともありますが、結局、実際はそんなに悪いものでもないのかもしれませんねえ。いいこともあって悪いこともあって、結局は「とんとん」なのかもしれません。来年もなんとか「とんとん」、もしくはちょっとだけそれを上回って、いい一年にしたいと思います。できるだけいろんなことに振り回されないで、落ち着いて生きていきたいと思います。楽しいことを少しずつ積み重ねて、ね。

 みなさま、今年も一年お世話になりました。ありがとうございました。年内の更新はこれでおしまいにしたいと思います。来るべき年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 追記:毎年恒例にさせていただいております「極私的映画ベスト10&本ベスト10」、2019年の分は、年明けに発表させていただきますね。楽しみにしてくださっている方は、いらっしゃらないかもしれませんが(笑)。

2019年12月27日 (金)

今年も”花園”に参加してきました・・・の巻

Img_4797  本日開幕しました、今年度の全国高校ラグビー大会。いわゆる”花園”です。私は今年もレフリー団の一員として参加させていただきました。もう何回めか忘れてしまいましたが、毎年ここへ来ると高校生たちの一生懸命さに心が洗われるような気持ちになります。朝、会場に到着して、そこに居合わせた高校生たちの誇らしそうなうれしそうな顔・顔。みんな一生の中の輝かしい一瞬をこの時に感じているのですよね。グラウンドに立つ一瞬を大切にしてほしいと思います。

Img_4804  担当の方、シンビンも出たりしてなかなか忙しい試合でしたが、今回もそれなりにきちんと役目をこなすことができて、今はホッとしています。帰宅して録画してあったテレビを観ましたが、特に問題なく役目を果たせていて改めてホッとしました。でも、よく映っていました✨。それから、お客さんがたくさん入っていて、やっぱりうれしかったです。ちなみに写真の試合を担当したわけではありませんので。

Img_yamanakasan  あと、今回は今年大きな感動をくださった日本代表の方を見つけて一緒に写真など撮ることができたらうれしいなあと思っていたのですが、見つけました。お声がけしたら快く承諾してくださり、パチリ。この方ならあまりラグビーをご存じなくても、知っているとおっしゃる方は多いのではないでしょうか?う~~ん、一緒に写真を撮っていただいて、満足です(笑)。実はほかに関西ではラグビー好きで有名な谷口真由美先生もお見かけしたんですが、お声をかけるタイミングがありませんでした。それとこじるりちゃん。こちらはガードが固くて、声をかけるどころではありませんでした(笑)。でも、役目も含めて、今年も満足のいく”花園”でした。

Img_4805  例年ならばこの”花園”を最後に年内の活動は終わり、あとはお休みモードに入るのですが、実は今年は明日も仕事なのです。午前中だけですが。それが終わるとテレビを見ながらだらだらするというお休みモードに入ります。明日午前中、頑張ってきます。最後の写真は、開幕のボールを投下するヘリコプターです。低空飛行で、けっこう怖かったです(笑)。

2019年12月23日 (月)

大笑いさせていただきました・M-1グランプリ2019・・・の巻

Img_4787  昨日は午前中は仕事だったのですが、お昼過ぎに帰宅し、そこからはもう夜までM-1三昧でした。お昼の「敗者復活戦」を観ながら採点をしたり、上位3組を投票したりしましたよ。ちなみに私が選んだ上位3組は面白かった順に「天竺鼠」「ラランド」そして「和牛」でした。結局本戦に勝ち上がったのは和牛でしたね。

 そして夕方からは、M-1グランプリの決勝戦。今回はあまり知らない方がたくさん決勝に残っていたのですが、実際に見てみるととっても面白かったです。以下、印象に残ったコンビの感想を・・・。

 まずは優勝した「ミルクボーイ」。おもしろかったですわ~。予選のネタの「コーンフレーク」本当に面白かった。おなかを抱えて笑いました。昭和っぽいルックスもグッド!坂上二郎さんをほうふつとさせるルックスでの声を張った突っ込み、おもしろかったです。ただ、決勝も同じようなネタだったので、そこはちょっとがっかり⤵。もっと違うパターンのネタも観てみたいです。でも、優勝は文句なしでした。

 そして準優勝の「かまいたち」。安定の面白さでした。特に決勝のネタは面白かった。お客さんも巻き込んでの最後の展開、お見事でした。決勝のネタだけだったらかまいたちの方が上だったようにも思います。

 「和牛」は途中で上沼さんもおっしゃっていたように、ちょっと必死さ・一生懸命さがなかったかな。安定の域に入ってしまっていたように感じました。おもしろかったですけどね。

 「見取り図」もうまくなってるなあと感じましたよ。もっともっと勢いが出てくると、来年あたりおもしろいと思いました。そして「すゑひろがりず」、独特のねたで個人的にはとっても面白かったです。お正月番組にたくさん出てほしいです。昔の海老一染野介染太郎さんみたいに。

 今回のM-1グランプリ、例年になくおもしろかったです。年末の一日をとても楽しませていただきました。やっぱり笑うっていいですよねえ。来年もできるだけ笑いの多い日々を過ごしたいと思います。

 追伸:アシスタントの上戸彩さん、いくつになってもかわいいなあと、見惚れてしまいました。

2019年12月22日 (日)

年内さいごの”お楽しみ”・・・の巻

Img_4770  おとといの金曜日、お仕事の方はお休みをいただいて、早朝から”お楽しみ”に参加してきました。ただ、新春からの「♪〇〇に入ろかな?」の局の連続ド〇マですので、私がそれを目にできるのはいつのことやら・・・という状況なのですが、タイミングが合いましたので、参加してきましたよ。
 冬の間の”江戸”ものの”お楽しみ”はとにかく寒い!ですので参加にはちょっと気が引けるのですが、この日は遠くに行くでもなく、また気温もそれなりに温かかったので、ありがたかったです。

 ”お楽しみ”が始まると、まず関西の某男性アイドルグループのメンバーの方が登場。この方が主役なのですが、いつも画面から見るイメージ通り、とってもいい方でした。「本番」でない時も場を盛り上げてくださって、私たちにも気を使ってくださり、本当に楽しかったです。
 そして女性の方は、最近とっても売れている方。その方と至近距離でいられて、幸せでした。少しお話もできました。この方もとっても温かい方でした。

 とっても楽しい気分で帰宅し、TVをつけてバラエティ番組を観ると、なんと先ほどまで隣でいらっしゃったその方がゲストで来ておられました。な~~んか、とっても変な気分でした。本当に非日常で、「幸せだな~」と改めて感じました。”お楽しみ”はやっぱり楽しい、それを再確認した一日でした。たぶんこれで年内の参加は最後ですが、来年も参加し続けたいです。

 写真は、”現場”のそばの大〇神です。クリスマスバージョンになっていました。

2019年12月16日 (月)

映画「カツベン」を観てきました・・・の巻

Img_4759  今日はお昼からお休みをいただきまして、映画を観に行ってきました。以前から観たかった「カツベン」です。周防監督の最新作ということもあり、気になっていたというのも理由の一つですが、実はここだけの話、私、この作品にエ〇ストラとして参加しているのです。参加していても手ごたえ(映っている実感)がなければ観に行かないことも多いのですが、実はこの作品、そういう意味でも手ごたえがあり、その確認の意味でも早く観たかったのです。

Img_4766  平日の昼間ということもあり、映画館にはあまり人はいなかったのですが、いざ上映時間になると、この作品にはそこそこ人が入っていました。平均年齢はかなり高かったですけれど(笑)。

 映画の内容・感想はのちほど「映画の話」で書かせていただこうと思っていますが、それなりに面白かったですよ。そして「自分確認」の方も、まあ、それなりでした。いえ、けっこうしっかりと映ってはいたのですが、映画館の中ではなかなか確認しづらかったです。DVDなどで一時停止できれば確実に映っていると思うのですが。まあ、2021年の年賀状候補ではあります(笑)。

Img_4767  今日はお昼からお休みをいただくために、朝からかなりガンガン仕事をしたのですが、また明日早めに出勤して、やった仕事の確認をしなければなりません。ちょっとさぼっちゃったので、今後は丁寧に気をつけて仕事をしようと思います。明日からまた頑張ります。
 最後の写真は、映画館の帰りに見た夕景です。

2019年12月 1日 (日)

A studio”大東俊介さんの回”観ました・・・の巻

Img_4733  先日、11月29日(金)の夜、TBS系「Astudio」観ました。今回のゲストは大東俊介さん。数年前からちょこちょこといろんなドラマでお目にかかる若手俳優さんです。でも、いわゆるイケメンさんとはちょっと違うような・・・。その理由が今回の番組で少しわかったような気がしました。

 いつもは鶴瓶さんの軽妙なトークで番組は進んでいくのですが、今回は最初から軽妙とはいかず・・・。その理由は、大東さんの生い立ちにありました。番組の最初から大東さんの壮絶な生い立ちを紹介し、そこから這い上がってきた大東さんに敬意を表するが故、軽妙なスタートにはならなかったようです。けれどそのあとはいつものように人柄を紹介し、温かいムードに包まれましたけど。

 そのAstudioから、名言を発見!大東さんはいろいろな先輩俳優さんに可愛がられているのですが、その中のおひとり・天海祐希さんからかけられた言葉に、観ているこちらも感動いたしました。その言葉というのが・・・

 「自分のやることに使命を持ちなさい」

 というものでした。どんなことでも使命を持って、意味をもって、やる。これ、大切ですよね。私も、やるべきこと一つひとつに心を込めて、しっかりとやっていきたいと、心を新たにしました。

より以前の記事一覧