フォト
無料ブログはココログ

ドラマ

2019年4月21日 (日)

二日連続の”お楽しみ”・・・の巻

Img_4106  新年度になってからず~~っと忙しくて、「なかなか”お楽しみ”に参加する時間がないなあ」と思っていたのですが、昨日そして今日と急に予定が空きまして、”お楽しみ”に参加することができました。両日とも早朝4時前に起き、始発で家を出ましたので、ちょっと眠いですが、それでも楽しかったです😃。

Img_4113  昨日は有名な刑事ものシリーズドラマ、今日は最近情報公開になりました映画、です。映画の方は、もともとその原作本を読んでおりまして、とっても好きな作品でしたので、参加できただけで幸せです✨。

 どちらの現場も短時間で、”手応え”としては今一つでしたが、それでも楽しかったです。やっぱり”お楽しみ”は楽しいです。次に参加できるのは、夏休みかな~。

 最初の写真は、同志社大学の寒梅館です。昨日の現場の帰りにそばを通りまして、きれいだったので写真を撮りました。2枚めは今日の現場のそばの中の島公会堂です。

2019年3月29日 (金)

フジTVSPドラマ「砂の器」(2019.3.28放送)観ました・・・の巻

Img_4619  昨日放送されました、フジTV開局60周年記念ドラマ「砂の器」、観ました。私、映画の「砂の器」は日本映画史上No1じゃないかと思うくらい、大好きな作品なのですよね~。でも、そうだからこそ、テレビでドラマ化されたものを見ると、いつもがっかりしてしまいます⤵。原因は毎回いろいろとあるのですが、その最大の原因は、本浦千代吉親子がなぜ逃げ回っていたか、和賀英良はなぜ過去を封印したかったのか、その理由をよくわからないあいまいな理由にしたから❗。これ、元々の映画では「ハンセン氏病」が大きな原因なのです。ただ、この映画が作られたとき、ハンセン氏病の関係団体から多大な抗議が寄せられ、今後映像化するときには違う理由にすると約束がなされたらしいのです💧。もちろん差別はいけません。それを助長するような表現はもってのほかです。・・・ただ、この「砂の器」を映画化・映像化するときには、他の理由にしてしまうと、焦点がぼやけて、しょうもないことになってしまうことが多いのです。といいますか、いつもそうなります💦。

 ということで、今回も正直、半信半疑で観ました。で、今回のドラマの私の感想・・・なかなか良かったやん✨。先ほど書かせていただきました、逃亡の理由はもちろん他のものに置き換えられていましたが、それなりに納得できるものでした。そして戸籍を変える話も、現代の話でどうやってつじつまを合わせるんだろうと思っていましたが、うまく作り替えていましたね。全編を通して、矛盾や疑問がないようにかなり苦労して撮ったなあという印象です。


 出演者のみなさんも、それぞれいい演技をされてましたね。ラストの捜査会議での東山さんのはやり過ぎだと思いましたが、それ以外はなかなかよかったです。

 大好きな故にいつもがっかりさせられてしまう「砂の器」。でも、映画以外で初めてそれなりに納得させられる出来栄えでした✨

2019年3月27日 (水)

フジTV系SPドラマ「大奥 最終章」観ました・・・の巻

Img_4069  先日25日(月)に放送されました、フジテレビ開局60周年記念ドラマ『大奥 最終章』観ました。正直観る前はあまり興味もなく、大した期待もせずに観始めたのですが、観てみるとこれがなかなか良かった。それなりに後味のいいドラマでした。「このドラマはフィクションです」と大々的にテロップも出ておりましたので、史実には基づいていないのでしょうが、それでもいい感じのドラマでした。

 まずはその雰囲気の豪華さ✨。特に女優のみなさんが着ておられた着物は、もう観ているだけで壮観でした。ラスト近く、廊下のこちらから木村文乃さん一派、あちらから鈴木保奈美さん一派、それがちょうど出くわすシーンなんか、緊張感のあるシーンなのですが、衣装の見事さに圧倒されました💡。

 主演の木村文乃さん、私、大好きな役者さんなのです。数年前にWOWOWでやってた刑事ドラマなんかでは、まだまだ頼りない刑事が成長していく様を演じて、かなり魅力的でした。でもね、時代劇をやるのはまだまだ役不足かな~なんて思ていたのです。ところがなんのなんの、強くて可愛らしい「お久免のかた」を十分に演じておられましたね💡。
 「なんのなんの」で思い出しましたが、南野陽子さん、眉毛ないじゃないですか~という感じで、鈴木保奈美さんとともに悪役をうまく演じておられました。それから小池栄子さん・浜辺美波ちゃんの切ない演技もよかったです✨。


 お話としては、映画「クレヨンしんちゃん」ばりの家族愛がふんだんに描かれていて、安心して観ることができました。どろどろ具合もそこそこに、いいお話を見せていただきました😃。

 で、ここからは余談なのですが、私、実はこの作品に少しだけ参加しているのです。でもね、オンエアーを見るとほとんど映っておりませんでした。まあ、こういうことも多々あります。でもね、あの現場にいられて、いい演技も観られましたし、制作側の熱い心意気にも触れることができましたので、いい経験をしました。
でも今度はもうちょっと、映りたいな~(笑)。

2019年3月17日 (日)

「ひょっとこ」って、なに?・・・の巻

Img_4039 実は昨日も”お楽しみ”に参加してきました。久しぶりに「夜」のシーンで、はじめの段階での終了予定は23時。帰宅すると日が変わっている・・・。でもね、翌日(今日)が日曜日ですし、まあいいかと思って応募し、呼んでいただきました


 現代ものではなく、”江戸”もの。で、私の”役目”は何だろうと思って現場に行くと、「ichiさんは”ひょっとこ”です」と言われました。私、長らくこの”お楽しみ”に参加していますが「ひょっとこ」と言われたのは初めてです。ひょとこって


 実際に”お楽しみ”が始まると、お祭りのシーンで「ひょっとこ」のお面をつけてその場をにぎやかすお調子者でした。面をつけてますのでね、映りとしては「最悪」です(笑)。いくら頑張っても顔は映りませんから(苦笑)。でもね、これも仕方がないと思い、開き直って演じてきました。ただ、以前から好きだったKFさんのそばで踊らせてもらい、笑いかけていただきましたので、もう良しとしましょう。この”お楽しみ”もいろいろあります。


 ところで昨日行った”お楽しみ”、みなさんの目に触れる日がすでに決まっています。それはもう来週の事なのです。それなのに、まだやってるんだなあと、とっても不思議な気持ちになりました。ある局の創立記念〇〇マです。もし皆さんが観られて、祭りのシーンでひょっとこが出てきたら、そのうちの一人は私です。心では泣きながら明るくふるまっている姿、とくとみていてくださいね


 ちなみに結局終了したのは21時過ぎ。22時過ぎには帰宅することができました。よかったよかった。写真は昨日の帰りに撮った、嵐電の写真です

2019年3月11日 (月)

ほんまそれ!・・・日テレ系ドラマ「3年A組今から皆さんは、人質です」見届けました

P1010145 1-3月期のドラマも、そろそろ佳境を迎えてますね~。順番に最終回を迎えていっている感じです。昨晩は日テレ系「3年A組ー今から皆さんは人質です」の最終回を見届けました。先日も書かせていただきましたが、このドラマ、なかなかいいことを言ってるんですよね~。最後はどういうことを訴えて終わるのか、とっても興味がありました。


 で、最後はそう来ましたか~。ネットに生きる若者たちに対して、「それでいいのか~?」っていう疑問を投げかけて終わりました。私たちの年代から言えば、「ほんま、それ」ですわ。それを菅田くんが言うってところがポイントですよね。


 このお話、といいますか脚本はある程度年齢を重ねた人なんですかね?とっても「常識的」な終わり方でした

 
 番組の中でも言ってましたが、この主張が一人でも多くの人、特に若者に伝わることを祈ります。いいドラマでした


 写真は数年前に行った、奈良・明日香の、春の石舞台です。

2019年2月21日 (木)

2109.1-3月期、観ているドラマ

2019214 はあ~、ようやく書くことができます。今さらですが、今期観ているドラマ、です

 まずね~、一番楽しみにしているのが、NHKで金曜夜10時から放送されている「トクサツガガガ」です。文句なしにおもしろいです。小芝風花さん、以前から「わりとすき」でしたが、この作品で「かなり好き」になりました


 そして、これと同じくらい気に入っているのが、テレ朝系で木曜日9時から放送されている「ハケン占い師アタル」です。仕事をしている人は誰でも同じような悩みを持ってるんですね~。それに対して愛情を持って厳しく言ってくれるアタルの言葉が心地いいんですよね~。杉咲花ちゃんも、可愛いです。

 
 それから日テレ系で日曜夜10時30分から放送されている「3年A組 皆さんは今から人質です」。これについては以前にも書かせていただいたことがあるのですが、毎回、けっこうな名言が飛び出します。目が離せない展開で、おもしろいです


 そしてNHK土曜9時「みかづき」もしっとりとしておもしろいです。これ原作が有名ですのでね、読む代わりに観てるといった感じです


 あと、テレ朝系木曜8時、いわゆる「木ミス」枠の今期のドラマ「刑事ゼロ」。これもなかなかおもしろいです。時々私もでてますしね~(笑)。


 そして実は、なかなかこの記事をかけない間に終わってしまったんですけど、MBSでは日曜夜中、TBSでは火曜夜中に放送されていました「ゆうべはお楽しみでしたね」もかなり気に入ってみてました。夜中のドラマは、おもしろいのが多いですよね。コンプライアンスの問題で、ゴールデンタイムには表現できないようなこともやってくれるからですかね。

 とまあ、こんな感じで、今期は楽しませていただいております。とか言ってる間にもう終わりかけになってるんですけど、とにかく、この作品たちに楽しませていただこうと思いっています

 写真は、先日街に出たときに撮った、心斎橋の夕暮れ時です。都会的でしょ。

2019年2月14日 (木)

NTV系ドラマ「3年A組 今から皆さんは人質です」(2019.2.10放送)観ました

Img_5324 「今期観ているドラマ」について書きたいのですけれど、毎日いろいろなことが起こって、なかなか書けないでいます。じつはそうこうしているうちに終わってしまったのもあったりして・・・。でも、近々書かせていただきますね

 でも今回は、そのドラマのお話。先日の日曜日、いつも見ているNTV系「3年A組 今から皆さんは人質です」の第6話を見ました。このドラマ、ありえないような設定なのですが、毎回のテーマがなかなかいいところを突いているんですよね。今の若い人たちにわかってほしいようなことを、主演・先生役の菅田将暉君の言葉を借りて表現しております


 で、今回は、ネット及びSNSの問題について、まさにタイムリーなお話でした。ある女子生徒が自分が所属していたクラブの先生のことを曲解して、その悪口を動画としてSNSに上げます。けれどそのあと自分の理解が間違っていたことがわかり、SNSに上げて先生の人生をめちゃくちゃにしたことを後悔します。けれど実は、その動画は・・・(以下、ネタバレしないために省略します・笑)。
 このあと、菅田先生はこの生徒を強烈に叱るのですが、このあたりのやり取りがとってもリアル。軽い気持ちで、もしくは一時の衝動で、動画やツイートをSNSに上げることの危険性をうまく表現していました。書かれた(言われた)本人にも、書いた(言った)本人にも、後悔が残ってしまいます。

 最近、不適切な動画が世間を騒がせていますよね。そういうご時世に、まさに、特に若い人たちにわかってほしい、観てほしいお話でした。どこかの高校で、教材として使ってくれないかな~と思うほどでした


 ほんとみなさん、ネット(SNS)には、よく考えて書き込んでくださいね~。

 写真は、菅田将暉君主演「セトウツミ」のロケ地です。

2018年12月15日 (土)

TBS金曜ドラマ「 大恋愛 ~僕を忘れる君と 」見届けました

33d3b2a02ed3b20a18962076b1d93af11 この秋、私が一番楽しみにしていたドラマ。TBS系で金曜夜に放送されていました「大恋愛~僕を忘れる君と」、見届けました


 もう毎週、週末が楽しみでね~。金曜の夜にやってるっていうのもよかったんですよね~。一週間の仕事が終わって、ホッとしてお酒を飲みながら観ることができるっていうところが。ほんと、毎週の癒しでした


 でもね、楽しみ過ぎて、途中からは「これ、ちゃんと納得できるように終わってくれるんだろうなあ・・・」と不安になったりして。単に不幸なだけ・・・とか、ありえないことが起こって、よかったよかった・・・みたいなのは絶対嫌だなあと思っていたのです。でもね、昨夜、最終回を観て、納得でした。いい終わり方でした


 以下、ネタバレを少し書きますので、まだご覧になっていない方は注意してください。


尚(戸田恵梨香さん)が出ていったところで先週が終わって、このあとどうなるんだろうと思って観ていたら、少し時間を置いて尚を発見。あの「煙突」を観たところで、ものすごく切なくなってしまいました。いろんなことを忘れても、「アンジェリカ」だけは記憶の深いところに残っているんだなあ・・・ってね。それだけ、あの作品が、そして真司(ムロツヨシさん)の存在が尚の人生に影響を与えてたんだなあって、心を揺さぶられました。そして、シーツを取り込むところで尚が登場した時は「は~~」ってなりました。うまく表現できませんけど


 その後、ビデオカメラに映った映像を見る真司、やるせなさに打ち震える真司が切なかったです。そしてすべてを受け入れて、尚と「出会いなおす」姿、物語を読んであげる姿・・・涙涙でした。合わせて、子どもさんとのやり取りも、涙涙

 
 あと、ちょっと小ネタですけど、小池徹平さんが出てきたときは「うわ~~」ってなりました。視聴者へのサービスの要素もあったんでしょうけれど、彼もまた切なかったです。それと、木南晴夏さん、そういう気持ちになりますよね。彼女も好演でした。もっともっと時間が経って、それでも木南さんが室さんのそばにいて、二人の気持ちがもっと接近すれば、結ばれるのもアリだとは思いますが。


 最後まで観て、このタイトル「大恋愛」の意味が分かったような気がします。本当に、「大恋愛」でした。いいドラマだったな~。しばらく「大恋愛」ロスになりそうです。来期はどんなステキなドラマに出会えるかな~


 冒頭の写真は番組HPよりお借りしました。

2018年12月14日 (金)

日テレ系ドラマ「獣になれない私たち」(2018.12.12放送)見届けました

Img_2446 この秋、楽しませてくれたドラマも、そろそろ最終回を迎えていますね。さあ、どうなるのかと毎回ハラハラドキドキしております。そして先日の水曜日には、その中の一本、日テレ系で夜10時から放送されていました「獣になれない私たち」も最終回を迎えましたね。はい、見届けましたよ

 都会でおしゃれに暮らす、昔風に言うと”トレンディ・ドラマ”なのですが、昔のように恋愛にまっすぐというわけではなく、一ひねり二ひねりあるドラマでした。私はガッキーが観たくて観てたのですけどね、でもどういう展開になるんだろう・・・と、最後まで興味深々でした。

 ラストは、そうなりましたか~。まあ、賛否両論あるでしょうが、私は「いい終わり方だったなあ」と思いましたよ。あの二人がくっつくのがいいかどうかはわかりませんが

 でも、男女の仲なんてだれにもわかりませんしね、どうしてあの二人がくっつくの?なんてのは、実際にもよくあることです。ことの顛末をはっきり描くのではなく、示唆する・・・余韻を残す・・・。そういう感じも、なかなかいいなあと思いました。まあ、それなりに満足できるドラマでした

 さあ、今夜は今期一番楽しみにしていた「大恋愛」の最終回です。こちらも期待大です。がっかりさせられたくないなあ。

 写真は我が家の獣、柴犬のichigo(♂)とmikan(♀)です。

2018年12月 1日 (土)

夜と朝の間に・・・

Img_3847 今日は早朝から京都に向かいました。久々の”お楽しみ”に参加するためです。自宅の最寄り駅からだと始発でも間に合わないので、くるまで少し「都会」まで出まして、そこから始発電車に乗りました。
 私の家のあたりではあまり感じなかったのですが、都会を走る電車に乗っていると、”奇妙”なことに気が付きました。
 この電車には、「今日」を生きている人と、「昨日」を生きている人がいる。
 つまり、先ほど起きて、新しい一日を始めようとしている人と、昨日の夜から起きていて、このあと家に帰って眠る、という人。
 う~ん、これはなかなか新鮮な感覚でした。始発電車は、リアル・タイムマシーンだなあ。

より以前の記事一覧