フォト
無料ブログはココログ

芸能・アイドル

2018年1月21日 (日)

小室哲哉さんの”もろもろ”について思うこと

Img_3122 小室哲哉さんの、少し前の「文春」による不倫報道から、そのあとに行われた”釈明&引退会見”を見まして、個人的に思うところを少し書かせていただきますね。先に書いておきますが、このことにつきまして誰かと議論する気はさらさらありませんので、コメント等いただきましてもお相手はしません。悪しからず

 なんかね~、小室さん、かわいそうですわ~。不倫疑惑が出たときには、大人の男女が一夜を同じ部屋で過ごしているわけですから「そりゃ、やってるやろ~」と思ったわけですが、実際に会見を聞いてみると、いわゆる身体の関係はなさそうですね~。だって、「男性」として機能していないということですから。もちろんこれも「本当かどうかわからない」といえばそうなのですが、まあ、きっと、本当なのでしょうね。


 KEIKOさんが回復する気配もなく、むしろ「子供化」していっている。夫婦関係はすでに「介護」といっていい状態。そしてご自身の身体もC型肝炎等でもうかなり衰えている・・・。会見での言葉を信じれば、そりゃ小室さん、精神的にも肉体的にもかなりしんどい毎日なんだろうと思います。そこに、話を聞いてくれる、甘えさせてくれる人が現れれば、そりゃ、甘えたくなりますわなあ・・・。はっきり言って、わかります


 肉体関係はないと言いましても、心のつながりはかなりなもの。この方がたちが悪い・・・という方もおっしゃるでしょうし、そういわれてしまえば「はい、そうですねえ」としか言いようがない気もしますが、私個人としては小室さんを責める気は、まったくないんですよね。気弱になる小室さん、それを受け入れてくれる相手の方。二人がいいのならば、そして具体的に誰かに迷惑をかけていないのならば、誰が今回のことを責めることができます?「倫理的にダメだ!」などという人は、そんな小室さんを責めることができるような立派な生き方をされているんでしょうか?

 今回のことは、当事者たちがいいのならば、もう騒がなくていいんじゃないですか?正直に書きますとこれまでのことだって、当事者たちがいいんだったら、「もうほっといてやれよ!」と思うことが多かったです。誤解を恐れずに書きます。頑張れ、小室さん

2017年9月20日 (水)

衝撃!安室ちゃん来年9月引退!

Img_2837 今日も昨日の続きで”スガフェスWEST”のことを書こうかなあと思いパソコンを立ち上げましたら、衝撃的な記事が飛び込んでまいりました。あの安室奈美恵さんが来年・2018年の9月16日をもって引退されるそうです。ご自身の公式ホームページで発表されたそうです。2018年の9月16日というのは、ご自身のデビュー25周年が満了した日。次の日から26周年になる・・・という日らしいです。そのHPのコメントによると、安室さんは以前から25周年というものにかなりこだわりを持っておられたようで、推察すると、25周年満了で引退しようというのは以前から決めておられたようですねぇ
 明日以降のテレビなどの芸能ニュースはこの話題で持ちきりになるでしょうから、詳しい事情等はまた次第に明らかになるでしょうが、実際に歌って踊って、コンサートはほとんどMCなし。それほど高いアーティスト性を現在も維持されている安室ちゃんだからこそのこだわりがあるんでしょうねえ。
 本当に惜しいと思いますし、まだまだ早いとも思いますが、個人的には、安室ちゃんの思いを大切にしたいと思います。ちょうど、山口百恵さんが引退した時のような感じがします。引退するまでに、出来れば一度観に行きたいなあ・・・。

2017年7月13日 (木)

最近お気に入りのCM・2017初夏

M_docomo25aec8b1 TVを観ていると、CMは邪魔なものですが、時々、番組以上に心をつかまれるCMというのがありますよね。私の最近のお気に入りのCMがこちら

 NTTドコモのCMです。これ、綾野剛さん・堤真一さん・そして高畑充希さんが出演しておられるシリーズ物のCMなのですが、ちょっと前にブルゾンちえみさんが出てきて、ちょっと雲行きが怪しくなってきました、いえ、いい意味で(笑)

 そしてその次のお話として、堤キャップを振り向かせるためにブルゾンちえみ風のいでたちで高畑充希さんが登場するのですが、これがなかなか色っぽい。服装はもちろん、メイク・アイラインまでブルゾンちえみさん風なのですが、とっても似合ってらっしゃる。個人的にとっても好みです。このCMシリーズ、これからもこの線で行ってくれないかなあ・・・。

2017年7月12日 (水)

アキラさん、応援してます!

Img_2625 2017年のR-1で優勝してから大人気の”アキラ100%”さん。真っ裸でお盆ひとつで局部を隠すという「裸芸」が物議を醸しておりますが、私、そのことについて一言申し上げます。

 「あれは芸ではない!」などとおっしゃる大御所もいらっしゃいますが、私は十分に「芸」だと思います

 私、個人的には落語であるとかしゃべくり漫才とか、浪曲なんていう渋いものも好きだったりします。逆に単なる「キャラ設定」が奇抜なだけで世に出てくる「芸」のない「芸人さん」は嫌悪します
 で、その私が言うのですが、アキラ100%さんのは十分に芸だと思います。むしろ本当に究極の「芸」です。国境を越え言葉の壁を越えて、誰が見てもおもしろい。理屈抜きでおもしろい。そしてあのお盆さばきはやぱり「芸」でしょう。だって、例えば私がいきなりあれをやっても、あんなお盆さばきはできません。お盆を落として、悲惨なことになるのは火をみるよりアキラかです(笑)。
 いえ、「芸ではない!」とおっしゃる方の気持ちもわからないではないのですよ。でもね、アキラさんのは裸芸ではあっても下品ではありませんし、下ネタだとも思えません。単純で誰でも笑える究極の「芸」だと思います。
 もしかしたら、これから服を着ての仕事が増えてくるかもしれません。それはそれでいいと思います。どんな状況であっても、まさに100%でぶつかっていけば、アキラさんの良さが出てくる、そんな風に感じます。私は特にファンというわけではないのですが、好感は持っています。これからもがんっばっていただきたいです

2017年6月19日 (月)

NMB須藤凜々花さんの発言について思うこと

Img_2593 正直ね、どうでもいいんですけど、一応ちょこっとだけコメントしておこうかなあと思いまして・・・

 先日、6月17日に行われた「第9回AKB選抜総選挙」で20位になったNMB48須藤凜々花さんのスピーチ内容についてです。もういろんなところで報道されていますので、みなさんご存知だと思いますが、そのスピーチの中で、自身の恋愛について語り、「結婚します」との発言まで飛び出したとのこと。

 私、はっきり言って「どうでもいい」んですけれど、一言だけ言わせていただきますと、この発言、ちょっとファンを舐めてますよね~。厳しいことを書いてすみません。でもね、この「総選挙」、投票するためにファンはかなりの大金をつぎ込んでいるわけでしょう?20位になった須藤さんも、単に自分の努力で20位になれたわけではなく、とってもたくさんの方々が大切なお金をたくさんつぎ込んでくれて、その結果として20位になれたわけでしょう?大金をつぎ込んで応援しているアイドルさんの晴れのスピーチの舞台で「好きな人ができました。結婚します」って、それははっきり言って裏切り行為ではないですか?

 いえ、実際にはアイドルも人間ですから、陰でそういうことがあっても仕方ないと思うんです。でもね、それを表舞台で発表するのは、絶対に間違っていると思うのです。古臭い言い方ですけれど、アイドルは夢を売っているわけですから、ファンにはいつまでも夢を売らなければいけないと思うのです。特に今回は大金(投票のためにCDをたくさん買っている、という意味です)が動いておりますし

 今回の発言は、あまりにも自分の立場をわかっていない、自分本位の発言だと言わざるを得ません。もし本人がその後の騒動も含めて、「自分の正直な気持ちを誰もわかってくれない。でも、それでも自分は真実の愛を貫くの!」なんて自分に酔っているとしたら、本当に片腹痛いです。

 最初から書いておりますように、基本的に私、どうでもいいです。どうでもいいですが、今回の件はちょっと(いえ、本当はかなり)ファンの方に同情してしまうなあと思い、一言書かせていただきました。恋愛しても結婚してもいいですが、もうちょっとファンの方の気持ちを考えた行動をしたらよかったのに・・・と思いました。

 今回の記事に関しまして、いかなるコメントも遠慮させていただきます。特に、挑発めいたコメントには相手になる気持ちはありません。悪しからず。
 

2017年2月 8日 (水)

どういうこと!?・・・エビ中・松野莉奈さん死去

51ylkjdlil1 いや~、驚きました。 今日のお昼頃、ネットのニュースで知った、アイドルグループ「私立恵比寿中学」のメンバー、18歳の松野莉奈さん死亡のニュースです。
 いえ、そうは言いましても、私、このグループのことをそれほどは知りません。えらそうにここでコメントを述べるほども知らないのですが、それでも活躍されているグループだということは知っておりました。そしてメンバーはまさにこれから将来が期待される若い方ばかりということも。
 ですので、やっぱり悲しいですよね。いまだ詳しい死因は公表されておりませんし、どういういきさつでこんなことになったのかわかりませんが、それでも、特に夢も希望もある若い方が亡くなられるというのは、本当に悲しいです。いえ、もちろん年配の方が亡くなられても悲しいのですけどね。
 ファンの方、それから友人・家族をはじめ近しい方々は本当にショックでなかなか立ち直れないだろうと思います。本当にショックですよね。そういう方々におかけする言葉もないのですけれど・・・。
 でもとにかく、松野莉奈さんおご冥福をお祈りしたいと思います。それから、生きている(特にお若い)方々には 、いつ何時思いもよらないことがあるかもしれませんので、本当に日々しっかり生きていきましょう、とお声がけさせていただきます。いえ、これ、自分自身に言っているのですけどね。本当に、何とも言えない、悲しいニュースでした。

2017年1月12日 (木)

カズレーザーさんの”持論”について

P1010150_2 少し前のお話。今月の8日のネットニュースで、漫才師のカズレーザーさんがラジオで話された内容が報じられていました。前日の1月7日、辛坊治郎さんのラジオ番組に出演したカズレーザーさんが「増え続けるテロ事件」について、「宗教的なことで起きているわけではなく、世界には話の通じない人が山ほどいて、その関係性は越えられないということを理解すべきだ」と持論を展開された、という内容でした。それを乗り越えようとする努力は全くの無駄、話の通じない人とは距離を置くしかない、とさらに持論を展開されたそうです。そのことについて私の感想を少し・・・。
 実は私もおおむねにおいて同感なのです。話の通じない人は、本当にいます。特に最近、そういう人が増えてきたように思います。言い方を変えますと、筋の通った話ができずに、わがままばかりいう人が増えてきたということです。
 こういう人とは私、出来るだけ関わらないようにしています。まさに「労力の無駄」だからです。 年齢も年齢ですので、分かり合える人とだけ関わって生きていきたいと思っています。
 ただ、実際には、特に仕事の上ではそうとばかりも言っていられません。「話の通じない人」ともかかわらなければならないことも往々にしてあります。仕方ありません。でもね、やっぱり それでもできるだけ関わりたくないです。ですから基本的には「うまく距離を置く」ように心がけています。
 国と国との関係のことを考えると、そうとばかりも言っていられませんよね。でもね、やっぱりそれでも「うまく距離を置く」ことはとっても大切なんじゃないかと思っています。変に近づこうとして相手にばかりおいしい汁を吸わせている・・・なんてのはやっぱり「それってどうなの?」と思ってしまいます。
 私の国、日本。もうちょっとうまくやってくれないかな~、といつも思います。
 写真は、話の分からない人を懲らしめてほしい、巨神兵です。

2017年1月 8日 (日)

”ローカル路線バス乗り継ぎの旅”(太川・蛭子篇)見届けました

Noto1_2 先日の2017年1月2日に放送されました「ローカル路線バス乗り継ぎの旅・第25弾 福島県会津若松市~秋田県由利本荘市 」見届けました。太川陽介さんと蛭子能収さんによりますこのシリーズも、今回で最後になるそうです
 私、この番組、好きなんですよね~。世間でもかなり人気があったとか。実は私がこの番組を観るようになったのはちょうど一年ほど前。ですからファンの中ではまだファン歴が短い方だと思います。実は25作のうち、半分ぐらいしか見たことがありません。またこれから見たいとは思っていますが。
 ちょうど一年ほど前、私、一か月ほど入院しておりました。入院中って、暇なのですよね~。で、TVと読書ぐらいしか楽しみがない。そこで出会ったのがこの番組だったというわけです
 基本的にはこの番組、TV東京系(大阪ではTV大阪)で放送されているわけですが、BSの「BSジャパン」でもよく再放送されているのです。で、私はその再放送を観るうち、ガチンコのバス旅の面白さ、そして太川さんと蛭子さんそしてその時々のマドンナさんとのかかわりあいに心を打たれ、この番組のファンになったというわけです。退院してからも放送があるたび(再放送も含めて)に録画して、DVDに録り置いております。そして、自分が旅(自転車やバイクのツーリングです)をするときの参考にさせてもらったりもしています
 ただ、昨年の秋ぐらいから気になる噂が聞こえてきていたんですよね~。そろそろ番組が終わるんじゃないかって・・・。で、今回太川・蛭子ペアの最終回ということになったわけです。残念ですね~。このペア、本当に仲がいいんだか悪いんだか。お互いの間に遠慮がない(笑)。でもその掛け合いがとってもおもしろかったですからね~。でも、毎回歩く距離もかなり長くなってまして、高齢の蛭子さんにとってはかなり大変だったと思います。今回で終了されるのも、仕方ありませんよね~。太川さん・蛭子さん、お疲れ様でした。とっても楽しませていただいて、ありがとうございました
 ただ、番組自体が終わるわけではないようです。先日も特別篇と称してほかの方が同じように旅をしておられたものが放送されていましたねえ。それにまた春からほかの方で旅が続けられるとか・・・
 でも本当に今までありがとうございました。そしてこれからもまた楽しませてくださいね。バス旅、なかなか難しくなってきていますねえ。電車の路線だけでなく、バス路線も廃止されてきている地方の現状が浮き彫りになって、そういう意味ではいつも考えさせられます。でも、なんとか新しい企画を打ち出して、また私たちに楽しみを与えてください。TV東京さん、よろしくお願いしますね。
 写真は第14弾で行った、能登半島の先っぽです。私はこの番組に影響されて、昨年の夏、バイクで行ってきました。あと、今年の春~夏には第17弾で行った高知県室戸岬、第21弾で行った和歌山県潮岬にも行きたいと思っています。

2017年1月 6日 (金)

2016大みそか・「NHK紅白歌合戦」観ました

2107 今回の大みそかの夜も、「NHK紅白歌合戦」しっかり見せていただきました。 若い時、特にまだ子どもだったときは、「紅白」を観ないことでかっこつけたりしているところがあったのですが(つまり、権威に反抗するようなアレです)、年齢を重ねてここ最近は、実は紅白を楽しみにしております。一年の終わりにその年に流行った歌(いえ、そればかりではありませんが)をまとめて聴くのって、いいですよね。老若男女楽しめる感じで、ハッピーが詰まってる感じで、楽しいです

 ただ今回の「紅白」、例年に比べて正直今一つでしたね~。例年だと一組や二組は素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるアーティストさんがいるのですが、正直今回はそれが無かった。いえ、どなたも悪かったわけではないのですが、正直「感動した」というところまではいきませんでした。前回なら椎名林檎さんとか、素晴らしかったですけどね。録画して何度も観ましたが、今回のものは、録画しておりましたがすべてもう消そうと思っています。星野源さんの時のガッキーは可愛かったですけどね~
  

 なにかしら今回の「紅白」ちょっと「散らかっている」といった印象だったんですよね。いろいろな企画で楽しませようという意図はわかるんですけれど、例えばゴジラとか、橋本まなみさんのダンスとか太鳳ちゃんのダンスとか、どうなんだろうなあという感じでした(でもまなみさんのダンスも太鳳ちゃんのダンスも、それ自体はよかったんですよ。でも、あの場面でそれをされると歌が全く入ってこなかった・・・ということです)。

 また今年の年末も楽しく見せていただこうと思っていますので、NHKさんよろしくお願いしますね。アーティストさんの素晴らしいパフォーマンス、期待しています。








 

2016年12月10日 (土)

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」見届けました

Img_2208 先日12月7日(水)夜最終回を迎えた日テレ系ドラマ『地味にスゴイ校閲ガール ・河野悦子』、最終回まで見届けました。 今期のドラマは面白いものが多くて、いろいろと楽しませてもらってます。一番はまっているのは世間的にブームにもなっている「逃げ恥」なのですが、この「校閲ガール」もなかなかのものでしたよ
 ファッション誌の編集部で働くことを夢見ながら、”地味”な校閲部で働く石原さとみさん演ずる「河野悦子」。彼女のまっすぐな行動が、なかなかいいんですよね。すがすがしい
 ファッションが前面に出てきているので、最近の若者向けのドラマかなあ・・・なんて思ってしまうかもしれませんが、お話自体は昔からある、いわゆるど根性ものでした。毎回、観終わってすっきりした気持ちにさせられました。
 それは最終回も同じで、いい終わり方だったと思います。できればまた春や秋のスペシャルドラマなんかもやってほしいですし、なんならPART2なんかもやってもらえればと思います
 悦ちゃんとほかの出演者の方々との交流も、よかったですねえ。タコさん(青木さん)や校閲部のみなさんや、おでん屋の大将なんかとのやりとり、心温まりました。石原さとみさんの演技はこれまでほとんど見たことがありませんでしたが、なかなかいい味出してますね。何よりもやっぱり可愛かったです
 ということで、いろいろと楽しませていただいている今期のドラマも、少しずつ終わってしまいますねえ。「逃げ恥」が終わったら、「みくりロス」になっちゃうんだろうなあ・・・。それまで十分楽しませていただきたいと思います