フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

2019年3月25日 (月)

自転車で淡路島を一周してきました・番外編・・・がんばれ、ゆず!

Img_4059 もうひとつ、淡路島ネタを。淡路島を自転車で回っておりましたら、こんな看板を発見❗。おおっ、これは噂に聞いた「ゆずるはやま」ではありませんか。「ゆずるは神社」が羽生結弦くんにちなんで有名になってますよね😃。ちょうどこの日(3月23日土曜日)は夜に世界選手権の男子フリーが行われます。これはちょっと願掛けをしておかなければ❗と思い、山の下からではありますが、「いい滑りができますように」とお願いしてきました😃。

 結果は、素晴らしい滑りでしたね。ただ、ネイサン・チェン選手にあんな滑りをされたら、「参りました」という感じではありましたが。でもね、羽生選手もまた気持ちに火が付いたんじゃないですか。「やってやろうじゃないの」って感じで。これ、いいライバル関係ですよね。お互いに正々堂々と勝負して、高め合っていく。理想的です。これからも二人の名勝負、期待していきましょう。おっと、宇野くんや他の選手の方々も忘れてはいけませんよね。みなさんまとめて、期待しています😃。

自転車で淡路島を一周してきました・2

Img_5348 それでは前回の続きを書かせていただきますね😃。こうやって、順調にスタートし、8:30ころには島最大の町・洲本までやってきました。それなりに都会です。ここを過ぎるとコンビニやお店が一気になくなると聞いていましたので、少し進んだところにあった〇〇〇〇〇〇〇(さて、どこでしょう?・笑)でパンとコーヒーを買いまして、小休止です。実際には、この50メートルほど先にファミリー・〇〇〇がありましたが、その先にはコンビニは全くありませんでした。
 隣にはテレビのコマーシャルで有名な「ホテルニュー・〇〇ジ」の建物が。別館かと思いましたら、働いておられる方々の寮でした。

Img_5358 ここまで、本当に順調に来たのですが、この先に”地獄”が待っていました。ここから少し走りますと、上り坂になります。島の南側は坂が多いと聞いていましたので「ちょっとぐらいの坂なら、押して歩けばいいや」と思っていたのですが、これが甘かったです。「ちょっとぐらい」ではありませんでした(泣)。しばらく登って、そして下りになって、「これでもう、坂は終わりかなあ」と思って順調に走っていると、また登坂。こんなことが島の南側ではずっと続きます。そうこうするうちに、そろそろ半分来たなあという頃、両足とも”つって”しまいました。それにお尻も痛い😖。もちろんパッド付のパンツを履いていたのですが、それでも70キロになるころには、痛くて痛くて。もう泣きそうでした。と言いますか、泣きました💧。

Img_5362 そんな風に、苦しみながら走り通しますと時間はそろそろ12:00.昼食も兼ねてちょっと休憩したいなあと思いながら走っておりますと、「道の駅・福良」に到着。ここはそれなりに大きな道の駅で、足湯などもありました(写真参照です)。私は入っていませんが(汗)。ここで昼食を取り、ちょっとだけ休んで、12:30には出発です。

Img_5366 ここから大鳴門橋を見ることができるあたりまで登ってしまえば、あとはもうほとんど平たんな道です。けれど、それでもすでにダメージを受けている足そして身体には、かなりきつかったです。残り75キロ、まさに”修行”のようでした。

Img_5373 14:40ころに慶野松原あたりを過ぎ、16:20ころに津名一宮を過ぎました。島の西側は、もうとにかく”走りに走った”という感じです。景色は確かにきれいですが、海沿いの道を、とにかく走りました。本当にしんどかったのですけれど、ひと漕ぎすればそれだけゴールに近づく、まさに「一歩一歩」を積み重ねて、頑張りました。そんな思いで走っていたなかで、このプレートはかなり勇気・元気をくれましたねえ。正直、しまなみ海道や琵琶湖畔ほど、サイクルコースが整備されてはいませんでしたが、このプレートだけはよかったです💡。5キロごとに設置されているのですが、次のこのプレートまで頑張ろう❗と、力の元になりました。ちなみにこのプレートの示す”ラスト30キロ”は元気出ましたねえ。この距離って、普段通勤で走っている距離と一緒ですから。私がたまに自転車で通勤するとき、片道は15キロなのです。ですので往復で30キロ走っているのです。「それと同じやん」って、なにかしら元気が出ました😃。

Img_5382 そして、そうやって走っているうちに18:50、スタート地点の岩屋まで帰ってくることができました。「お日さまのあるうちに」と思っていたのですが、ちょっとだけ間に合いませんでした。到着したころは、あたりはもう真っ暗。乗り場に行きますとあと少しで出港ということで、私もあわてて乗船券を買い、先客さんに続いてならびました。そして19:00過ぎに明石に帰ってきました。総走行距離152キロ、12時間かかりました。

 
Img_5377 今回の”淡路島一周自転車旅”、その感想を一言で言いますと”辛かった”ということになります(泣)。でもそれなら行かなければよかったかといいますと、そんなことは決してありません。私、以前から一度”淡路島一周自転車旅”に行ってみたかったのです。一度こう思ってしまうと、行ってみなければいつまでもこの思いが心の中でくすぶってしまいますよね。今回行ってみて、ようやく「思いを達成することができた」と思うことができます。そういう意味で、行ってよかったです✨。

 私、これで、”ビワイチ””アワイチ””しまなみ海道”という、関西サイクリストの三大聖地を走破したことになります。これもまた、達成感でいっぱいです✨。正直今は「自転車にはしばらく乗りたくないなあ」と思っていますが、またそのうち乗りたいなあと思うようになると思います。さあ、つぎはどこに行きましょうか。またお勧めのところがありましたら、教えてくださいね。


 それでは2回にわたって書かせていただきました”自転車で淡路島を一周してきました”、これにて終了とさせていただきます。長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。ここではあと少し、島で観たいろいろなこと、思ったいろいろなこと、書かせていただきますね。ちなみに最後の写真は、ゴール寸前に観た、明石海峡大橋です。これが見えたときは、うれしかったなあ😃。

2019年3月24日 (日)

自転車で淡路島を一周してきました・1

Img_4057 昨日は一日かけて、自転車で淡路島を一周してきました✨。総走行キロは約150キロ。一泊二日にしようかとも思ったのですが、それでは時間が余り過ぎる。結局いろいろ考えて、日帰りで、つまり一日で走り切ることにしました。ちょっと無茶だったかもしれませんが、何とか行ってきました。それではその顛末、書かせていただきますね😃。

 朝3:50に起きまして、4:30に車で自宅を出発。淡路島に渡る船に乗る、明石には6時過ぎに到着しました🚙。ここでパーキングに車を停め、自転車に乗り換えて、明石ー岩屋(淡路島の玄関口です)ジェノバラインの乗船口まで移動します。ここでちょっとミニ情報ですが、駅や港のそばのパーキングはやっぱり高いです。明石でも港のそばは24時間最大1200円くらいが相場でした。私は少し離れた(それでも自転車で3分くらい)ところに停めて24時間400円でした💡。

Img_4054 6:15くらいに港につき、券売機で乗船券(大人500円、自転車220円)を買い、乗船口へ。昨日は休日でしたので6:30が始発です。しばらくすると乗船が始まり、私も船に乗りました。土曜日の始発ということもあってか、お客さんは少なかったです。自転車は5台でした。こんなふうに(写真2枚め)固定してもらい、私は客室でしばしの休息です。でも、13分で淡路島・岩屋に着きますので、本当に”しばし”の休息です✋。

Img_5344 ”あっ❗”という間もなく淡路島に到着し、いよいよ”アワイチ”のスタートです。時間は6:50、行ってきます。最初の写真はスタートしてすぐ。朝日をバックにした、マイ・自転車です✨。はじめは、ご多分に漏れず、快調です。人や車の姿もあまりなく、土曜日の朝だからかな~なんて思いながら走っていたのですが、結局夕方まで、車や人影はあまりありませんでした(笑)。ただ、自転車とバイクはそれなりに多かったですけどね。余談ですが、私、かなりの数の自転車(ロードバイク)に追い抜かれましたが、私が抜いた数は0台。普段は自分の自転車(最初の写真のクロスバイクです)をかなり気に入っているのですが、こういう時は、上等のロードバイクが欲しいなあと思ったりします😃。

Img_5346_2 7:30ころから、巨大な観音像が見えてきます。これ、私が香川県に住んでいた30年くらい前に建てられたんじゃなかったですかねえ。確か今は廃墟になっていて、崩壊の危険もあるから撤去したいけれどその費用がない・・・などといういわくつきのものになってるんじゃありませんでしたっけ?けれどこうやって見ると、それはそれで趣のある建造物ではあります(汗)。

Img_5347 そしてまだまだ順調に進んでいきまして、8:00頃に淡路島が誇るテーマパーク”onokoro”のあたりまでやってきます。こんな看板を発見しました。ラグビー関係者としましては、ありがたいです。

 さあ、こんな感じでスタートは順調だったのですが・・・。とまだまだ旅は続きますが、長くなりましたので、今回はこのへんで。よろしければまた次回もお付き合いくださいませ。

2017年4月23日 (日)

古市古墳群を巡ってきました・1

Img_2511 私の住む大阪中南部は今日も快晴。 初夏のいい気候にもなってきましたので、朝から自転車で古墳巡りをしてきました

 古墳巡りって・・・と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますが、私の住むあたりは、古墳がたくさんあることで有名なのです。その名も「古市古墳群」。教科書にも載っているほどなのですよ(プチ自慢)
 
 で、その古市古墳群なのですが、古市・百舌鳥古墳群を世界遺産に登録しようという機運を高めるために、この4月から「mozu-furu card」なるものが配付されていることを先日知りました。上記古墳群に属する古墳(一部、資料館なども含みます)に行き、写真を撮って、それを案内所等で見せるとその場所のカードがもらえるという仕組みです
 中学時代は社会科クラブに属し、地域の古墳を廻っていた私。ウン十年ぶりにその頃の
Img_2500 「熱」がよみがえり、廻ってみたい、カードが欲しい、と思ったわけです
 今日は8時前から自転車で2時間ほどいろいろと廻り、15か所(古墳14基と資料館1か所)のカードをいただきました
 とりあえず、古市古墳群に属する古墳(と資料館)の分、34枚をコンプリートすることを目標に、時間を見つけてちびちびと廻ってみたいと思います。ちょっとした趣味がまたひとImg_2514 つできました

 二枚目の写真は藤井寺市にある仲哀天皇陵、3枚目は応神天皇陵のカードです。ちなみに応神天皇陵は日本で2番目に大きな古墳です。ご存知でしたか~