フォト
無料ブログはココログ

ニュース

2019年12月26日 (木)

”人は全員が平等になるまで誰も平等ではない”by U2

814crsybjal_ac_sx679_1  少し前のお話になるのですが、時間ができれば書こうと思っていました。そして、そろそろ時間に余裕ができてきましたので、書かせていただきます。今回はアイルランドはダブリン出身の世界的ロックバンド”U2”に関するお話です。

 私がU2を知ったのは1983年、3rdアルバム”War”が出たころ。その中の一曲「ニュー・イヤーズ・デイ」に衝撃を受けました。イントロの研ぎ澄まされたベース、魂のこもったボーカル、”エッジ”の効いたギター、本当に心を揺さぶられました。本当にかっこよかったです。

 U2の特徴の一つに、その楽曲や活動が政治や思想にあふれていることが挙げられます。政治色・思想色を出すことは日本では嫌がられますが、世界的にみればアーティストがそれらを前面に出して活動することは、むしろ一般的ですよね。U2も1980年のデビュー当時から、世界の様々な社会問題に切り込んでいきます。先述の「ニュー・イヤーズ・デイ」はポーランド民主化運動の「連帯」をテーマにした曲ですし、同じアルバムの中の「ブラディ・サンデー」は北アイルランドの「血の日曜日事件」をテーマにしています。そういえば1984年にイギリスのアーディストが集まって活動した”Band Aid”の中でも、ボーカルのボノは中心的な存在でした。

 ところでそのU2ですが、去る12月4日と5日、さいたまスーパーアリーナで13年ぶりの来日公演を行いました。1987年にリリースした5thアルバム「ヨシュア・トゥリー」を完全に再現するというコンサートでした。その中でも5日の公演は特筆すべきものだと聞いています。私は実際にそのコンサートに行ったわけではありませんので、ここから先の話は全て「聞いた話」なのですが、彼らの思いが”痛いほど”伝わってくる、とにかく素晴らしいコンサートだったらしいです。

 ステージの上のスクリーンには緒方貞子さん・オノヨーコさん、伊藤詩織さんなど、世の中の矛盾や差別、理不尽と戦う勇気ある日本人女性たちの姿が次々に映し出され、そして「人は全員が平等になるまで誰も平等ではない」とのメッセージが流されます。その中で演奏していく彼らは、単に「楽曲を楽しむアーティスト」ではなく、「歌によって世の中を変えたい」と考える、ある種の思想家・革命家だと言えるでしょう。反戦・反核・人権問題・薬物の問題などなど、さまざまな社会問題を取り上げ、それらに興味のない人々にもそれらの問題を提示し、解決に至る道筋を説いていく・・・。彼らがステージに上がる理由はそこにこそあるのだろうと思います。

 そして、上記のような演出は両日ともに行われたのですが、特に5日は当初予定されていたセットリスト(いわゆる曲順です)を変更してまで、前日にアフガニスタンで暗殺された中村哲さんのことを取り上げ、いかに素晴らしい人であったかを熱弁されたそうです。そして中村哲さんにささげる曲としてサイモン&ガーファンクルの”ボクサー”を歌いあげ、そして元のセットリストに戻っていったそうです。

 反戦・反核・人権問題・薬物の問題など、社会にはまだまだ様々な問題が山積みです。名も無い一般の方々がそれらを叫ぶのはもちろん大切ですが、社会的に力のある・影響力のある方々がこういう形で訴えてくれれば、さしてこういう問題に興味・関心のなかった方々の心にも少しは響いてくれるのではないかと思ったりします。大切なのは、無関心な人々の心をいかに動かすかということでしょうから。そういう形で世界が少しずついい方に向かって動いてくれればいいなあと思いながら、2019年は暮れていきます。2020年はどんな年になるでしょうか。少しは明るい・いい年になってほしいと切に希望します。

 

2019年12月 5日 (木)

こんなに素晴らしい人が、なぜ?

Img_2294  昨日仕事から帰ってきてTVをつけましたら、日本人医師がアフガニスタンで銃撃され死亡したとのニュースが流れてきました。それを観て私、正直なところ、「へえ~、また悲惨な事件が起きたなあ・・・。」くらいにしか思わなかったのです。被害に遭われた中村哲さんのことも全く知りませんでしたので。「海外で現地のために働く方が、また殺されてしまったんだなあ。」くらいの、いわば「残念だけど、よくあること。」くらいにしか思わなかったのです。

 ところがその後、ニュースや新聞で中村哲さんのことを知れば知るほど、凄い方・素晴らしい方であることがわかってきました。その経歴について詳しいことはここでは書きませんが(ネット等で調べてくださいね)、医師としてアフガニスタンに渡り、その後、現地では薬よりも水の方が大切だと考え、かんがい用水の工事に携わり、とにかく現地の人々のために人生をすべてささげた方だったのですね。本当にすごい、素晴らしい方でした。

 どうしてこのような方が、凶弾に倒れなければならないのでしょう。残念でなりません。けれど、中村さんが残した「思い」はほかの方々に受け継がれ、これからも各地で花開いていくのでしょうね。今はただ、中村さんのご冥福をお祈りしたいと思います。そして私も、中村さんの何分の、何百分の、何万分の一かもしれませんが、ほかの人のためになるような行いをしていきたいと思います。

2019年11月22日 (金)

「世界から”C”を消そう」に大賛同・・・の巻

Img_4708  今日は久々に出張。これがなかなか辛い出張でした。・・・とまあそれは置いておきまして、帰宅してテレビをつけると、期せずして興味を惹かれる話題が放送されていました。

 MBSの”ミント”という番組での一コマなのですが、「世界から”C”を消そう」という取り組みについて紹介しておられました。これだけでは何のことだかわかりませんよね。実は「ガン」を治る病気にしたい。そのための研究費を捻出するために、いろんな会社に掛け合って、賛同いただける企業の商品やロゴから”C”を消し、その商品が売れるとその代金の一部が研究費として寄付されるという取り組みなのです。”deleteC”という団体がやっておられる取り組みです。

Img_4706  例えば”CCレモン”。協賛商品はその”CC”のところが赤で訂正されています。それからラグビーの”NTTシャイニングアークス”。そのチーム名の”C”が二重線で消されています。キャプテン翼の”C”も消されているらしいです。

Img_4705  詳しくは検索していただければいろいろ出てくると思うのですが、これ、めちゃくちゃいいじゃないですか!私もかなり心を揺さぶられました。

 研究費云々ももちろん大切なポイントなのですが、それ以上に「ガンに理解を示し、応援してくれる人がいる」と実感できるところがいいのです。ガン経験者の方々は、もうそれだけで不安でしょうから。

 こういう優しい気持ちが広がって、実際に治せる病気になれば本当にいいと思いますし、ガン経験者の方々が励まされるだけでもとってもいいと思います。私も何かしら、協力したいと思います。私自身、励まされる思いでした。

 

2019年9月28日 (土)

もはや”奇跡”ではない、かも・・・の巻

Img_4532  いや~、やりました!現在行われておりますラグビーワールドカップ日本大会において、日本代表がアイルランド代表に勝利しました。なにせ相手は現在世界ランキング2位(つい先日まで1位)です。私もラグビーをよく知っているがゆえに、「今日は勝てないなあ。でも、なんとか次につながるいい試合をしてくれたらいいなあ」と思いながら観ていたのです。数あるスポーツの中で、ラグビーは「番狂わせ」が起こりにくいことで有名なスポーツですから。ですから前回大会の南アフリカ戦での勝利は価値があったのです。

Img_4535  けれど、今日の勝利はその上をゆく価値のあるものだったといえるかもしれません。それはなぜかというと、前回大会の南アフリカは正直日本を「舐め」てましたから。本気の南アフリカに勝ったわけではなかったのです。いえ、それでも本当に価値ある勝利でしたけれど。それに対して今日の試合、アイルランドはそれなりに「本気」で戦ってくれました。いえ、実は最も有力な選手を登録メンバーから外していましたので、やっぱり日本を「舐め」ている部分はあったのではないかと思いますが、それでも決して日本を「弱い国」とは思っていなかったはずです。それなりに用心して戦いに来たはずです。それでも日本は勝つことができたんですねえ。ある程度本気のアイルランドに勝つなんて、ほんと、日本も強くなりました。うれしいです。

Img_4536  今日の試合、先日のロシア戦とは打って変わって、日本のどの選手も素晴らしい働きでした。普通、「試合を決めたワンプレー」などが思い浮かぶのですが、今日はどの選手のどのプレーも試合に勝てた要因だったと思います。中村選手の相手10番をかちあげたタックルや、姫野選手の突破。ラブスカフニ選手のジャッカルや、トンプソン選手のフォロー。そして本当に地味ですがこぼれ球に対するリーチ選手のセービングなんて、本当に素晴らしかったです。こういう一つひとつの地味なプレーの積み重ねで、今日の試合は勝てたんだと思います。

 ただ、特に試合の「空気」が変わったのは、確か前半でしたか、前半の中盤すぎの「スクラム」だったと思います。あそこで押し勝って、完全に空気が変わりました。フォワードの選手に「自信」が生まれたというか。

 試合が始まる前は、「負けるにしても、例えば50-0みたいな負け方はしないでくれよ」と思っていたのですがなんのなんの、本当に感動的な試合でした。試合が終わってからの稲垣選手の涙に、選手のこの試合にかける思いを見た気がしました。本当に感動的な試合、ありがとうございました。

 さあ、これでいよいよ日本代表の予選リーグ突破が見えてきました。ただ、前回大会の例もあります。ここまで来たら残り2戦、すっきりと勝って、1位で予選リーグを突破しましょう。次は来週の土曜日、サモア戦です。

 そして、ワールドカップがこの盛り上がりのまま終わってくれることを期待しますが、できればそのあとも、ラグビーがそれなりの人気スポーツになって、ラグビー文化が日本に根付くことを、切に期待します。頑張れ日本代表!

2019年9月26日 (木)

地道な努力?・・・の巻

Img_4523  私は大阪中南部に住んでおります。最寄り駅があります沿線は近鉄南大阪線です。先日都会に出かけておりまして、帰りに都会側のターミナル駅である大阪阿部野橋駅から電車に乗りましたら、何かしらちょっと違和感が。車内をよく見まわしてみると、なんとポスターも床も車内は古墳関連一色でした。

Img_4525  つり革には埴輪が付いておりましたよ。ハニワって、こうやって見るとかわいいですねえ。そういえば昔、NHK教育テレビ(今のEテレです)で「おーい、はに丸」というのが放送されていて、よく見ておりました。

Img_4526  この沿線には先日世界遺産に認定された「古市古墳群」があり、それを少しでも盛り上げようという運動の一環なんでしょうね。地道に頑張っているなあと、ちょっと感心しました。コツコツと努力することって、大切ですよね!

2019年8月29日 (木)

ラグビー2019W杯メンバー、ついに決定!・・・の巻

Img_3084  来月(9月)の20日に開幕を控えたラグビーワールドカップ日本大会。本日ついに日本代表の登録メンバーが発表になりました!サッカーなどでもそうなのですが、この瞬間、わくわくもありますが、はずれたメンバーのことを考えると、ちょっと寂しくもありますね~。

 詳しいメンバーはいろいろなサイトで発表されているの思いますので、ここでは詳しくは述べませんが、個人的な感想をひとことふたこと。

 まずプロップは、若手もしくはあまり経験のない方を多く抜擢したなあという印象です。経験よりも実際の運動量などを基準に選んだのかなあといた感じです。個人的には神戸の山下選手がはずれたのはさみしいですが、同じ神戸の中島イシレリ選手、頑張ってほしいです。でも最近までno8だったのに、コンバートされてよかったですね~。あと、天理大学出身の木津くん、なんとなんとワールドカップ出場ですか~。こちらも応援しています。

 ロックでトンプソン選手が選ばれたのは、うれしいですね~。老練なその働き、しかと見届けたいです。でも、ご本人は「老練」などと言われるといやでしょうけれど(笑)。あと、NTTドコモのファンデルバルト選手も好きです。応援しています。

 フランカーでは徳永選手、選ばれましたねえ。こっそり言いますが、次男の先輩です。応援しています。

 ハーフは田中史朗選手、残りました。「大学時代にレフリーをした」とまだ言えて、うれしいです。

 ウイングのアタアタ選手、これはサプライズですねえ。高校の時からすごかったですが、ここまで行くとは!といった感じです。

 あと、落選者では、やっぱりセンターで一時代を築いた、立川理道選手が選ばれなかったのがさみしいです。いえ、覚悟はしていましたけれど。その「人柄」も含めて素晴らしい選手ですので、最後にサプライズはないのか?と思っていたんですけどねえ。

 メンバー選考についてはそれぞれの方にそれぞれの思いがあるでしょうが、ジョセフヘッドコーチが決めたこと。このメンバーに頑張っていただきましょう。

 さあいよいよワールドカップです。いい試合をたくさん見せていただいて、心を震わせたいと思います。泣きたいと思います。本当にいい大会になるように、期待しています。

2019年8月 5日 (月)

ラグビーワールドカップ・チケット届きました・・・の巻

Img__20190805201801  いよいよラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕が近づいてきましたね~。開催が決まった時は「日本でやって、盛り上がるのか~?」なんて心配をしていましたが、いろいろなマスコミの協力のおかげもありまして、それなりに盛り上がりを見せてきました。

Img_  で、一年前に買ったチケットもそろそろ届くはずだったのですが、なかなか届かないな~なんて思っていましたら、届きました!。おおっ、なかなか高級感が漂っている。チケットそのものも、チケットのケースも、日本らしさ満載で、いい感じ。まさに”いよいよ始まる!”といった感じです。

 前哨戦とも言えるPNCでも日本代表はいい感じの試合をしていますし、本番にも期待が持てそうです。そしてこれを機に、ラグビーファンの方が増えてくれれば本当にうれしいのですけれど。

 開幕は9月20日。本当に楽しみです。

2019年7月18日 (木)

なんということを!

 Img_4230 今日、帰宅してTVをつけましたら、どえらいニュースが飛び込んできました。”京都アニメーション”が放火され、たくさんの方が亡くなられたり、大けがをされたらしいのです。「たくさんの方が」と書いたのは、まだ全容がわからないからです。とにかく、悲惨な状況になっているようです。

 「アニメ」は日本を代表する、日本が世界に誇る文化ですよね。「アニメ」を通じて日本という国が世界の方々に理解してもらえたり、「日本大好き」と海外の方に言ってもらえたりしてますよね。「アニメ」は本当に日本が誇るべき文化なのです。そして”京都アニメーション”は
、それらのアニメを作り出す、日本を代表する会社です。「けいおん」などが有名ですが、私は個人的には「聲の形」にかなり感銘を受けました。

 まずは、今回被害に遭われた方々の、その「被害」が最小限であることを祈りたいと思います。あんなに私も含めたいろんな人に夢を勇気を与えてくれた「京都アニメーション」が不幸になるのは、本当に忍びないです。つらいです。

 海外では早速、クラウドファンディングなどでの資金援助の動きがあるようです。私も協力したいです。とにかく、関係のみなさんの「悲しみ」が最小限でありますことを祈りたいと思います。

2019年7月 6日 (土)

世界遺産に登録されたのはめでたいけれど・・・の巻

Img_4256  本日夕方、速報が飛び込んでまいりました。大阪・堺市の百舌鳥古墳群と羽曳野市・藤井寺市の古市古墳群が、世界遺産に正式登録されたとのことです。大阪府の世界遺産登録は初。これも含めて、めでたいです。以前も書かせていただきましたが、私、小学生のころから数年前まで、実家は羽曳野市にありました。小学校・中学校は羽曳野市立のそれに通っておりまして、なおかつ中学校時代の部活は社会科部。毎週土曜日のお昼からは(当時は土曜日の午前中だけ学校があったのです)クラブ活動で古市古墳群の実地調査に出かけておりまして、実は古市古墳群の古墳はすべて回りました。

 でね、その私が言うのですが、世界遺産に登録されたところで、何かありますかね~(汗)。いえ、もちろん「めでたい!」のですよ。地元がこれほど注目されるのはなかなかないことですし、めでたい気持ちは十分あるのです。でもね、これで世界遺産に登録されたからといって、観光客がたくさん来るとは思えませんし、もし来てもらったところで、何を見てもらうんだ?って気がします。だって古墳って、そばで観たら、単なる「山」ですよ。

Img_4221_20190706191201  これも以前書かせていただきましたが、これをきっかけに「町おこし」的なことを考えるのでしたら、古墳がよく見えるタワーを作ったり、遊歩道を作ったりして、何かしら整備をしなければダメですわ。行政のみなさま、何かしらお知恵を絞っていただけることを期待します。そしてそのうえで、これが地域活性化につながればいいなあと、やっぱり思ったりします。

2019年6月21日 (金)

当たったの?はずれたの?・・・東京オリンピックチケット・・・の巻

 昨日、私のところにも届きました。東京オリンピックチケットの抽選結果を知らせるメールが。早速結果のところをタップして結果を知ろうとしたのですが、表示されたのはこれ。

Img_4202  うわ~、文字化けしてしまってる。当たったの?はずれたの?結局どっち? 家に帰ってから、家のパソコンでサイトにつなぎ、結果を確認しようと思いましたら、申込時と同じように、えらいたくさんの方が同じような状況で待っている。

Img_4203  結局30分くらい待ちましたら、つながりまして、私は・・・はずれました。私の周囲では、当たったのは一人だけ。あとはあらゆる競技でハズレばかりでした。もうこうなったら、何の競技でもいいので、なにかは観に行きたいなあ・・・。