フォト
無料ブログはココログ

スポーツ

2020年1月12日 (日)

これからが、正念場・・・ラグビートップリーグ開幕・・・の巻

Img_4850  いよいよ本日、国内ラグビー最高峰”2020トップリーグ”が始まりました。昨年、ラグビーワールドカップが日本で開催され、古くからのラグビーファンである私も予想できなかったほどの大きな盛り上がりを見せたラグビー。その”日本ラグビー”にとって、いよいよここが正念場です。ここでいい試合を見せて、いわゆる”にわかファン”のみなさんを”本物のファン”にできるかどうか、協会も含めてがんっばっていただきたいです。

 私、今日は午前中は仕事だったのですが、仕事を終えてすぐに帰宅し、TVにかじりついておりました。私はもうずっと昔から神戸製鋼コベルコスティーラーズのファンなのですが、チームは昨年ながい低迷期から脱し久しぶりに優勝し、今シーズンも優勝候補の筆頭に挙げられています。実際に優勝するために、まずは今日の初戦がとても大切です。

 相手は日本代表ハーフ田中選手、スタンドオフ田村選手を擁するキャノンです。開始直後はちょっと固いようにも思われたのですが、時間が経つにつれて自分たちらしさを取り戻し、終わってみれば50-16の快勝でした。

 他、大阪を本拠地とするNTTドコモが勝ったり、かつての名門東芝がサントリーに勝ったりして、テンションはかなり上がりました。

 それからあとうれしかったのは、BSではありましたがTVの生中継が2局もあったこと。次は地上波でやってくれれば、うれしいなあ。それと、どの会場もかなりのお客さんが入っていたこと。昨日の大学選手権の決勝も超満員でしたが、会場が満員になるって、本当にうれしいです。

 正念場の日本ラグビー、その第一幕は上々の立ち上がりだったように思います。でもね、これで安心することなく、ますますの努力を重ねていってほしいと思います。もちろん選手のみなさんは、まずはいいプレー・気持ちの入ったプレーをしてくだされば十分ですが。

 日本ラグビートップリーグ、これからもいい試合を見せてくださって、わくわくさせてください。

 写真は、トライ後のゴールを狙う神戸製鋼のダン・カーター選手です。れふりーは加藤さん。知り合いです(笑)。

2019年12月30日 (月)

今日はテレビで”花園”三昧・・・の巻

Img_4819  本格的にお正月休みに入っている私、天候が雨ということもあって、今日は朝からず~~っとTVの前で全国高校ラグビー、いわゆる”花園”観戦です。今日からシード校も登場するということで熱戦が目白押しでした。3つのグラウンドで朝から夕方まで試合が行われ、TV(CS)ではそのすべてが放送されていましたので、面白そうな試合を求めてころころとチャンネルを変えておりました。

 特に面白かったのはシード校の国学院栃木と一回戦で大会記録となる162点を取った報徳学園の試合。最後までどうなるかわからない試合は14-12で国学院栃木の勝ち。う~~ん、見ごたえがありました。レフリーの笛もよかったですね~。そしてAシードの京都成章と尾道の試合。尾道が先制し、試合の主導権を握って前半は14-10でリードして折り返し。スクラムも押しまくって(写真のシーンです)かなりいい感じだったのですが結果的には地力の差が出て32-14で京都成章の勝ち。でもいい試合でした。結局、シード校はすべて勝ったんですよね~。でも、どの試合も高校生らしい爽やかな試合でした。

 本日の最終試合、急遽第三グラウンドから第一グラウンドに移動しての浦和対青森山田も最後までどちらが勝つかわからない、おもしろい試合でした。レフリーの上原さんもいい味出してましたね。

Img_4822  あと、余談ですが、特に先のワールドカップで「多様性」ということが注目されたラグビーですが、今大会から女性のレフリーの方が男性に混じって主審を務めておられます。さきほど書かせていただいた浦和ー青森山田戦も女性レフリーでした。このあたりもラグビーの「開けた」ところだと思います。日本は世界的に見るとまだまだ女性の社会進出が遅れている、つまり女性差別が残っている国だと言われていますが、ラグビーにおいては着実に「女性の社会進出は進んでいる」ということが言えると思います。ラグビーファンとして、誇らしいです。

 さあ、高校ラグビー、次は新年1月1日です。またまたいい試合・感動的な試合を見せていただきたいです。

2019年12月27日 (金)

今年も”花園”に参加してきました・・・の巻

Img_4797  本日開幕しました、今年度の全国高校ラグビー大会。いわゆる”花園”です。私は今年もレフリー団の一員として参加させていただきました。もう何回めか忘れてしまいましたが、毎年ここへ来ると高校生たちの一生懸命さに心が洗われるような気持ちになります。朝、会場に到着して、そこに居合わせた高校生たちの誇らしそうなうれしそうな顔・顔。みんな一生の中の輝かしい一瞬をこの時に感じているのですよね。グラウンドに立つ一瞬を大切にしてほしいと思います。

Img_4804  担当の方、シンビンも出たりしてなかなか忙しい試合でしたが、今回もそれなりにきちんと役目をこなすことができて、今はホッとしています。帰宅して録画してあったテレビを観ましたが、特に問題なく役目を果たせていて改めてホッとしました。でも、よく映っていました✨。それから、お客さんがたくさん入っていて、やっぱりうれしかったです。ちなみに写真の試合を担当したわけではありませんので。

Img_yamanakasan  あと、今回は今年大きな感動をくださった日本代表の方を見つけて一緒に写真など撮ることができたらうれしいなあと思っていたのですが、見つけました。お声がけしたら快く承諾してくださり、パチリ。この方ならあまりラグビーをご存じなくても、知っているとおっしゃる方は多いのではないでしょうか?う~~ん、一緒に写真を撮っていただいて、満足です(笑)。実はほかに関西ではラグビー好きで有名な谷口真由美先生もお見かけしたんですが、お声をかけるタイミングがありませんでした。それとこじるりちゃん。こちらはガードが固くて、声をかけるどころではありませんでした(笑)。でも、役目も含めて、今年も満足のいく”花園”でした。

Img_4805  例年ならばこの”花園”を最後に年内の活動は終わり、あとはお休みモードに入るのですが、実は今年は明日も仕事なのです。午前中だけですが。それが終わるとテレビを見ながらだらだらするというお休みモードに入ります。明日午前中、頑張ってきます。最後の写真は、開幕のボールを投下するヘリコプターです。低空飛行で、けっこう怖かったです(笑)。

2019年12月21日 (土)

最後の最後に”大健闘!”・・・の巻

Img_4780  本日、ラグビー大学選手権の準々決勝4試合が行われました。以前も書きましたが、私、ラグビーのグレードの中でワールドカップを除くと、大学選手権の試合が一番好きなのです。大学選手権で関西の大学を応援するのが毎年の楽しみになっています。ちょっと前までは関東の大学に全く歯が立たなかったのですが、天理大学の活躍により、ここ数年は関西の大学も希望を持たせてくれています。
 
 今日の準々決勝にも、天理大学そして関西学院大学の2校が残っています。天理大学は大丈夫として、関学の相手は昨年の王者・明治大学ということで、試合前は「負けるのは仕方がないとしても、とにかくブサイクな試合だけはしないでくれ」と願っておりました。現在東京で仕事をしているうちの次男(関学OB)も、同期の東京在住の友人と秩父宮に応援に行ったそうです。

Img_4781  「開始早々大差をつけられてまったくおもしろくない試合にはしないでくれよ~」と願いながらCSでの生中継を観ておりましたら、なんとなんと、今日は関学の出来がいい!早い上がりのタックルがバシバシ決まり、まるで尾道高校(高校ラグビー界では有名な、シャーローディフェンスで強豪校にも立ち向かうチームです)のディフェンスのようでした(笑)。関谷レフリーの笛との相性も良く(笑)、スクラムでは優位に立つ始末、これが大健闘の要因の一つだったように思います。明治は逆にこれでペースを崩されてましたね~。

 前半を終わって7-12。負けているとはいえこの僅差は誰も予想していませんでした。後半に向けて、もしかしたら勝てるんじゃないの?という期待を抱かせてくれる内容でした。
 そして後半に入っても関学の健闘は続き、最後まで見ごたえのある戦いが続きました。それでも明治は地力を発揮し得点を重ね、最後の最後には逆転することができない点差になってしまっていたんですけどね、それでもラストのスクラム、そしてそこからのトライは感動しました。最終スコアは14-22。負けはしましたが、最後の最後に来て大健闘。いい試合でした。終了後すぐラインをしましたが次男も納得していました。
Img_4783
 さあ、準決勝は年明け1月2日です。明治・早稲田・東海、そして関西から天理大学が残っております。天理大学、次の早稲田にも勝って、11日の決勝にコマを進め、是非とも優勝してもらいたいです。でもとりあえず天理大学が勝ってくれて、お正月の楽しみが残ってよかったです。

2019年12月15日 (日)

ラグビー大学選手権、観てきました・・・の巻

Img_4750  今日からラグビーの大学選手権が本格的に始まりました。私も花園ラグビー場へ、関西代表2校の応援に行ってきました。特に、関学。実はうちの次男がここのOBですので、次男が卒業してからもずっと応援しています。こういうのって、ご縁ですのでね。

Img_4752  会場につきましてまず目についたのは、チケット売り場に並ぶお客さんの多さ(最初の写真参照)。こんなところにもラグビー人気が感じられて、とっても嬉しくなりました。私は大学のブースの方でチケットを手に入れたのですが、実は最近、知り合いの娘さん(ちっちゃい時から知ってる子)がマネージャーとして入っているということを知って、その子にも会いに行きました。探そうとすると向こうから声をかけてきてくれて、とってもフレンドリーに話してくれて、もうそれだけでうれしかったです。

 そして試合の方ですが、メインで応援しに来た関学は、それなりに苦戦はしましたが勝利をおさめ、まずはホッとしました。ちなみに第二試合の同志社大学は大差で敗れました
Img_4754  正直、関西リーグでは同志社が2位、関学が3位で、同志社の対戦相手が対抗戦グループの4位で筑波、関学の相手が地域リーグの勝ち上がり校で朝日。これってちょっとおかしいですよね。まあ今日は関学にとってはよかったですが、同志社ファンにはちょっと納得いかないところだと思います。ちなみに埼玉の熊谷で行われた京産大(関西4位)と日大の試合は5点差という僅差(京産は惜しくも負けてしまいました)でしたので、こちらももし同志社が出ていたら勝っていたかもしれません。日本協会の方々は、来年は組み合わせを考え直された方がいいかもしれませんね。

 それと、来週天理大学(関西1位)と対戦するのは帝京大学だと思っていたのですが、今日、流通経済大学に敗れるという波乱もありました。次週は天理大学vs流通経済大学、関西学院大学vs明治大学、ほか2試合ということになりました。関西の大学はあと2校しか残っていません。関学はちょっと厳しいですが、両校ともがんばってください。天理は大丈夫だと思いますが。

Img_4753  私、国内ラグビーでは、大学選手権が一番好きなのです。関西の大学が一つでも多く、年を越しますように。そしてできれば天理大学が優勝しますように。お願いします。次週負けちゃうと、お正月の楽しみが一つ減ってしまうので。

2019年12月11日 (水)

ほんとうにありがとう!・・・の巻

Img_4738  今日は東京でラグビー日本代表のパレードがありました。帰宅してTVをつけると、夕方のニュースで各局が放送していました。

 ワールドカップが終わってからしばらく経つのに、まだこうやって取り上げていただけることが、まずうれしい。そして今日はウイークデーなのにも関わらず、沿道にはなんと5万人の方々が集まられたとのこと。そして集まられた方々のインタビューも放送されていましたが、どの方もまだまだ熱い!

 う~~ん、本当にうれしい限りです。選手のみなさんが笑顔で手を振る中(稲垣選手は笑顔ではありませんでしたが)、田中選手だけはずっと号泣。その姿を見て、またまた泣いてしまいました。

 もう何度も書いていますが、本当に今回のワールドカップには感動させていただきました。多くの方にファンになっていただいて、本当にありがたいです。もうすぐトップリーグも始まります。このままの盛り上がりを、なんとか維持していただきたい。本当に、このまま盛り上がり続ければいいなあ。

2019年12月 3日 (火)

最後まで、ありがとう!2019流行語大賞・・・の巻

Img_4603_20191202194301  昨日、今年の流行語大賞が発表されました。なんと「ONE TEAM」、もちろんラグビーワールドカップでの日本チームから出てきた言葉です。

 いや~、うれしいです。ワールドカップが終わって数か月たっても、みなさんがまだそのことを覚えてくださっているんですね~。以前も書いたかと思うのですが、私、本当に今回のワールドカップで日本チームが活躍してくれて、そして一般の方々にラグビーがこんなに受け入れられて、本当にうれしいです。幸せです。大げさに聞こえるかもしれませんが、本当に生きててよかった!と思っています。

 もうすぐ大学選手権も本番に入りますし、高校の全国大会、いわゆる”花園”も始まります(私もレフリー団の一人として参加します)。年が明ければついにトップリーグも始まります。このままラグビーがみなさんに受け入れられて、ラグビーを楽しんでもらえたら、本当にうれしいです。みなさん、お願いします。ラグビーを好きになってください。ラグビーを楽しんでください。

2019年11月30日 (土)

関西大学ラグビーAリーグ・最終戦・・・の巻

Img_4680_20191130210701  今日は完全オフ。午前中は自転車で近所をぶらぶら、そしてお昼からはTVで大学ラグビーを堪能しましたよ。今日は関西大学ラグビーAリーグの最終戦。優勝の天理大学以外は順位が確定しない中、大学選手権に出場できる4位以内も今日の試合の結果でどうなるかわかりません。なかなかの緊張感のなか、TVで観戦しながらTV中継のない他会場の結果もツイッターで気にしておりました。

 今日の試合結果は天理大学、同志社大学、関西学院大学、そして摂南大学が勝ち、1位天理大学、2位同志社大学、3位関西学院大学、4位京都産業大学となりました。大学選手権出場の可能性を残していた近畿大学、ここまで1勝の摂南大学に負けたらあかんでしょ(苦笑)。上位4校が大学選手権に出場することとなりました。ちなみに5位近畿大学、6位立命館大学、そして入れ替え戦に出場する7位が摂南大学、8位が大阪体育大学です。

 でもね~、ここ数年そうなのですが、天理大学以外は本当にドングリの背比べですね~。まず、天理大学には今回こそ優勝をしてほしいと思います。そしてそれ以外の関西の代表は、ひとつでも多く勝ち上がってほしい。ちなみに関西学院大学は初戦が地域リーグの勝ち上がり校との対戦になりますので、応援に行きたいと思ってます。花園だし。

 今回の大学選手権も楽しませてください。何とか年明けまで、楽しみたいな~。がんばれ天理大学、そして関西学院大学、同志社大学、京都産業大学。そのほかの大学も、来シーズンを目指して、頑張ってください。

2019年11月25日 (月)

”キング・カズ”はやっぱりキング・・・の巻

Img_2983  ”キング・カズ”こと三浦知良さん。もう説明も必要ありませんよね。日本サッカー界のレジェンドにして、今なお現役。もう「すごい」としか言いようがありません。

 その”カズ”が所属する横浜FCが昨日おこなわれた試合に勝ち、来シーズンのJ1昇格を決めました。ということは、”カズ”は来シーズン、久しぶりにJ1でプレーをするということですよね。

 これ、やっぱりすごいですよね。いや~、凄すぎて、「見習いたい」などと軽々しくは言えません。もう誰も追いつけないところまで行ってる感がありますから。

 私、以前からスポーツ選手には二つのタイプがあると思っています。いや、スポーツ選手に限らないのかもしれませんが、人は二つのタイプに分けられると思っています。「その道」のもっともよい時にスパッと辞めてしまう人と、最後まで泥まみれになってもやりつくす人と、です。サッカー界で言ってみれば、前者の代表は中田英寿さん、後者の代表はカズさんですかね。
 いえ、どちらが良いとか言っているのではないのです。これ、決めるのは本人ですし、本人が納得できればそれでいいと思います。

 ちなみに私は、カズさんタイプです。いろんなことがあきらめきれない(笑)。だから本当にダメになるまで、やり続けなければ気が済まない。

 先ほども書きましたが、「カズさんを見習いたい」などと軽々しくは言えません。けれど、いくつになっても向上心を持ち続け、自分の納得できるまで頑張る続けるという姿勢はマネしたいと思います。

 来シーズンのJ1が楽しみです。カズさんのJ1での雄姿、しかと目に焼き付けたいです。

 写真は、ラグビーを観に行ったときに出くわした、セレッソ大阪の応援団の方々です。

2019年11月17日 (日)

今年も務めてまいりました・・・の巻

Img_4702  今日11月17日(日)は、たぶん全国で”花園”出場校が一番たくさん決まる日・・・だと思います。全国各地で花園予選の決勝が行われ、ほとんどの都道府県で出場校が決まります。そういう意味では、”熱い”一日です。

 私も所属する県の決勝戦でマッチオフィシャル(つまりレフリー団の一員)を務めてきました。もう何回目かはわかりませんし、何年連続かもわかりませんが、もう十年以上は務めさせていただいてます。うちの県の決勝戦は、全国でも注目されており、毎年熱戦になります。今年も例外ではなく、かなりの熱い試合になりました。この試合に関わらせていただくのは本当に名誉なことだなあと、毎年思います。今年も問題なく役目を務めさせていただいて、ホッとしています。あと何年やれるか、やらせていただけるかはわかりませんが、一試合一試合、心を込めて努めたいと思います。

 昨今のラグビーブームのおかげか、今日は例年にも増してお客さんの数が多かったように思います。テレビ中継も”生”でありまして(私は観ておりませんが)、ありがたい限りです。

 あとは年末の”花園”、全国大学選手権、そして年明けから始まるトップリーグにも注目していただいて、今まで行ったことがないとおっしゃる方にも、スタジアムまで足を運ん
でいただければなあと思います。この週末に行われた「トップチャレンジ」も満員だったようですし。

 ラグビーをブームだけで終わらせずに、多くの方にラグビーを楽しんでいただければと思います。私も頑張ります。

より以前の記事一覧