フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1558 「 恋とボルバキア 」 | トップページ | 映画の話・1560 「 いぬやしき 」 »

2020年1月16日 (木)

映画の話・1559 「 コーヒーが冷めないうちに 」

175512_11  2018年の日本映画です。

 個人的には時空を超えるような、”タイムリープもの”、大好きです。ただ本作は「お涙頂戴」のにおいがプンプンして、公開時からちょっと遠慮していたのです。で、今回気が向きまして、DVDにて鑑賞。

 本作、いくつかのお話が連なった、オムニバス形式になっております。でも、テーマは結局ひとつですよね。

 過去に戻ってやり残したことをやってくる。撮り方もなんだか「お涙頂戴」風。そのあたりはやっぱり気に入らないのですが(笑)。それでも映画自体のテーマには共感できました。この映画、結局は過去に戻る映画ではなく、未来に進む映画なのですよね。過去に戻っても、過去は変えられない・・・それがポイントでした。過去に折り合いをつけて、未来に進んでいくという。

 ということは実際、こういう喫茶店がなくても、私たちはこの映画のそれぞれの主人公のような心持ちで生きていかなければならないということですよね。誰でも過去に出来事について、一つや二つ、「後悔」を持っています。それにとらわれすぎていたら前(未来)に進めませんから。いかに折り合いをつけて前を向くか、それが大事ですよね。オカルト的な要素も含んだこの映画ですが、結局は至極まっとうなことを教えてくれているように思いました。

 追伸:松重豊さんの、笑いながら涙を流す演技、さすがです。うまい!

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1558 「 恋とボルバキア 」 | トップページ | 映画の話・1560 「 いぬやしき 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1558 「 恋とボルバキア 」 | トップページ | 映画の話・1560 「 いぬやしき 」 »