フォト
無料ブログはココログ

« 25年目の1.17 | トップページ | 生駒山から信貴山まで歩いてきました・・・の巻 »

2020年1月19日 (日)

”ナニワ・サリバン・ショー”観てきました・・・の巻

Img_4868  昨夜はエディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で行われました”ナニワ・サリバン・ショー”を観に行ってきました。いわゆる忌野清志郎さんの追悼ライブです。清志郎さんを敬愛し、その音楽、そして生き方を敬愛する仲間たちが繰り広げる音楽ショーです。もうね~、出演者が豪華豪華!次から次へとビッグネームの方々が出てこられて、本当に楽しかったです。私は正直、清志郎さんのことをめっちゃ好き!というわけではなかったのですが、それでもその生き方には敬意を持っていましたし、いろんな方々にあんなに慕われていたその一端に触れたいと思って、参加してみました。

Img_4862  出演された方は、敬称略で、奥田民生・宮藤官九郎・斉藤和義・T字路s・寺岡呼人・トータス松本・間寛平・のん・浜崎貴司・Y0-king・渡辺大知・リリーフランキー、そして仲井戸麗市のみなさんです。あと、バックバンドのみなさん。

 もうね~、どの方のステージも素晴らしかったです。のんちゃんはこのビッグネームたちのなかでギターを掻き鳴らし、歌って、かっこよかったです!あと個人的に「この人すごいな~」と思ったのは、トータス松本さん。歌もパフォーマンスも圧巻でした。それから渡辺大知さんもとっても良かった。俳優として頑張っておられるだけあって、表現力はすごかったです。歌手としても素晴らしかったです。

Img_4869  でもね~、興味深かったのは、いろんな方が歌われたのですけれど、なぜかどの方の歌い方も清志郎さんの歌い方に寄っていっている気がしたことです。まるで物まねのように(笑)。それだけ清志郎さんの影響力がすごかったんだな~と思いました。

 最後、アンコール前のラスト、全員での「雨上がりの夜空に」(ラストはこの曲だと思ってました)は、本当に楽しかったです。この曲は本当に名曲です。

 あと、最後に思ったのは、忌野清志郎さん、亡くなられて10年になるのですよね。でも、まだまだ人々の心にはまるで生きているように残っていて、誰も忘れてはいないのです。これは本当にうらやましいです。以前ここでも書かせていただきましたが、私は「人間は二度死ぬ」と思っています。心臓が止まった時と、みなさんに忘れ去られたとき、です。そういう意味で、忘れられていない清志郎さんは、半分「まだ生きている」と言えるのではないかと思います。私も、こんな生き方がしたいです。いえ、こんな風にみなさんに愛されて・・・は無理ですが、かかわった人の心に少しは残っていたいです。

Img_4865  でも本当に楽しいライブでした。次はいつ開催されるのかわかりませんが、次もぜひ参加したいです。

« 25年目の1.17 | トップページ | 生駒山から信貴山まで歩いてきました・・・の巻 »

音楽」カテゴリの記事

お出かけ・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 25年目の1.17 | トップページ | 生駒山から信貴山まで歩いてきました・・・の巻 »