フォト
無料ブログはココログ

« 『 ライフ 』(小野寺史宜・著)読みました | トップページ | 映画の話・1546 「 シャイニング 」 »

2019年12月 7日 (土)

『 蜜蜂と遠雷 』(恩田陸・著)読みました

Img_4734  第156回直木賞、そして2017年の本屋大賞受賞作です。ダブル受賞というのは”まれ”で、それだけ期待が高まります。ただ、分厚い(苦笑)。ですので、読みたいなあとは思いながらも、あまり時間がなさそうな時には手を出しにくく、ここにきてようやく読むことができました。読みだしたら、一気読みでしたよ!

 音楽を愛した、音楽に愛された若者たちの群像劇。それぞれの方に、それぞれのドラマがあります。一人ひとりの心の機微、そして彼ら彼女らが紡ぎだすリズム・旋律、そして世界観をこんなにまで見事に描き出す恩田陸さんに感服しました。本当にページから曲が聴こえてきたようでした。風間塵くん、栄伝亜夜さんも素敵でしたが、私は高島明石さんに感情移入しました。

 読み終わってから「蜜蜂と遠雷」というタイトルを味わうと、なおさら感慨も深くなります。本の表紙の絵も、いいですよね。

 本当にもう、すべてが圧巻でした。

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

« 『 ライフ 』(小野寺史宜・著)読みました | トップページ | 映画の話・1546 「 シャイニング 」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 ライフ 』(小野寺史宜・著)読みました | トップページ | 映画の話・1546 「 シャイニング 」 »