フォト
無料ブログはココログ

« 今年も務めてまいりました・・・の巻 | トップページ | 「ボクらの時代」で久々に、名言!・・・の巻 »

2019年11月18日 (月)

映画の話・1534 「 帰ってきたヒトラー 」・・・の巻

201606160020000view1  2015年のドイツ映画です。

 冒頭から「ヒトラー」が出てきて、びっくりしました。ヨーロッパ、とくにドイツでは「ナチス」や「ヒトラー」は、こういう題材として扱うことはタブーだと思っていましたので。もう、口にすることさえダメなのかと思っていました。

 その「ヒトラー」が実は自殺していなくて、「その瞬間」から現代(2015年)にタイムスリップするというお話。でも、現代では誰も(当たり前ですが)彼を「ヒトラーだとは思わなくて、ヒトラーのマネをする「ものまね芸人」としか思わないのですよね。そしてそういう彼を次第に受け入れていく・・・。

 この映画、はじめはコメディー映画だと思ってみていたんですよね。でも、ヒトラーを扱って「コメディ」を作るか?という違和感はずっと持ちながら・・・。ですので、最後は「やられた!」と思いました。そう来たか!と。

 ネタバレになりますのでこれ以上は書きませんが、この作品はコメディ映画ではありません。とっても”怖い”映画でした。言ってみればこれも「反戦映画」と言えるでしょうか。社会派の映画であることは間違いありません。人間は間違いを犯す生き物です。けれど、二度と犯してはいけない間違いもあります。ですから人間は「歴史から学ぶ」必要があるのです。それでも間違いを犯すのが人間なのか、学ぶのが人間なのか・・・。

 日本ではきっと撮られない作品、ぜひ観ていただきたいと思います。

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

« 今年も務めてまいりました・・・の巻 | トップページ | 「ボクらの時代」で久々に、名言!・・・の巻 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年も務めてまいりました・・・の巻 | トップページ | 「ボクらの時代」で久々に、名言!・・・の巻 »