フォト
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月30日 (金)

NHKドラマ「これは経費で落ちません!」第5話で名言!・・・の巻

Img_4445  毎週金曜日は、私にとってまさに”豪華なドラマの日”。「凪のお暇」に「セミオトコ」、そして今日話題にさせていただく「これは経費で落ちません!」があります。ドラマ意外ですと”A・studio”や”ドキュメント72時間”などもあって、テレビっ子(いやもうすでに「テレビじじい」ですが)の私には本当にうれしい曜日です。基本的に一週間のお仕事が終わった~っていう解放感もありますしね。

 で、今日はもう金曜日なのですが、先週放送、「これは経費で落ちません!」第5回で名言を見つけました。いつものように森若さん(多部ちゃん)が真正面から経理の仕事をするのですが、その仕事を終えて一言。

 「私は経理部として正しいことをしました。だけど、正しいから偉いわけじゃ、ない。」

 う~~ん、真理ですねえ。ただ、どうしようか迷った時にはやっぱり王道・正しい道を行くべきだとは思いますけどね。人生、どんなことでもバランスが大事、ということでしょうか。

 今日は第6話の放送です。「凪のお暇」も楽しみですし、「セミオトコ」も佳境に入ってきました。夏は終わっていきますが、ドラマへの興味はまだまだ終わりません。

 写真は先日の「お楽しみ」で寄った、大阪証券取引所です。

2019年8月29日 (木)

ラグビー2019W杯メンバー、ついに決定!・・・の巻

Img_3084  来月(9月)の20日に開幕を控えたラグビーワールドカップ日本大会。本日ついに日本代表の登録メンバーが発表になりました!サッカーなどでもそうなのですが、この瞬間、わくわくもありますが、はずれたメンバーのことを考えると、ちょっと寂しくもありますね~。

 詳しいメンバーはいろいろなサイトで発表されているの思いますので、ここでは詳しくは述べませんが、個人的な感想をひとことふたこと。

 まずプロップは、若手もしくはあまり経験のない方を多く抜擢したなあという印象です。経験よりも実際の運動量などを基準に選んだのかなあといた感じです。個人的には神戸の山下選手がはずれたのはさみしいですが、同じ神戸の中島イシレリ選手、頑張ってほしいです。でも最近までno8だったのに、コンバートされてよかったですね~。あと、天理大学出身の木津くん、なんとなんとワールドカップ出場ですか~。こちらも応援しています。

 ロックでトンプソン選手が選ばれたのは、うれしいですね~。老練なその働き、しかと見届けたいです。でも、ご本人は「老練」などと言われるといやでしょうけれど(笑)。あと、NTTドコモのファンデルバルト選手も好きです。応援しています。

 フランカーでは徳永選手、選ばれましたねえ。こっそり言いますが、次男の先輩です。応援しています。

 ハーフは田中史朗選手、残りました。「大学時代にレフリーをした」とまだ言えて、うれしいです。

 ウイングのアタアタ選手、これはサプライズですねえ。高校の時からすごかったですが、ここまで行くとは!といった感じです。

 あと、落選者では、やっぱりセンターで一時代を築いた、立川理道選手が選ばれなかったのがさみしいです。いえ、覚悟はしていましたけれど。その「人柄」も含めて素晴らしい選手ですので、最後にサプライズはないのか?と思っていたんですけどねえ。

 メンバー選考についてはそれぞれの方にそれぞれの思いがあるでしょうが、ジョセフヘッドコーチが決めたこと。このメンバーに頑張っていただきましょう。

 さあいよいよワールドカップです。いい試合をたくさん見せていただいて、心を震わせたいと思います。泣きたいと思います。本当にいい大会になるように、期待しています。

2019年8月28日 (水)

映画「ロケットマン」観てきました・・・の巻

Img_4447  今日は仕事を少しだけ早く上がりまして、映画「ロケットマン」を観に行ってきました。これ、イギリスのミュージシャンであるエルトン・ジョンの半生を描いた作品なのです。”ユア・ソング”に心震わせて以来、エルトン・ジョンの楽曲も好きですので、この映画、観たかったのです。それに、エルトンはゲイでもありますし、波乱万丈の人生を送ってこられましたので、どんなふうに描かれているのか気になっていたのです。

 詳しい感想はまた「映画の話」で書かせていただきますが、なかなか良かったです。エルトンの「孤独」は観ていて辛かったですけどね。

 さあ、明日も仕事です。明日は雨が降らずにいてくれるでしょうか。だったら私、久しぶりに自転車で出勤したいのですけどね~。

2019年8月27日 (火)

リバーサイドのマジックアワー・・・の巻

Img_4444  昨日は夕方から深夜まで、久しぶりに”お楽しみ”に参加してきました。”お楽しみ”そのものの手ごたえは、正直あまりありませんでしたが、それでも楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 場所は大阪・中之島。都会的で、大阪では珍しく(笑)スタイリッシュな場所です。そこで夕方から深夜まで過ごしたわけですが、都会のビル群の中を川が流れて、少しずつ時間がたって暮れていく様子を見ていると、それだけで本当に贅沢でしたねえ。夜になると周囲の名建築物などがライトアップされますし。そしてそんな川沿いをランニングする人や犬を散歩させる人・・・。みなさん、都会の風景の中に溶け込んでおられました。私は基本的には田舎、つまり今住んでいるところで老年期を過ごしたいと思っていますが、こういう都会で過ごすのもいいなあと感じました。

Img_4446  そして、撮影の合間で若い女性の方とじっくり話せたのも楽しかったですねえ。正直、もうお会いすることはないと思いますが、まさに一期一会、人生の楽しみの一端を感じさせていただきました。”お楽しみ”自体に手ごたえはなくとも、贅沢な、楽しい時間を過ごすことができました。

 おまけ:昨日は正直なところあまり有名な方は来られていなかったのですが、中におひとり、「絶対に観たことがあるんだけどなあ・・・」という人がいらっしゃいました。家に帰ってからいろいろ調べまして、わかりました。4月期のドラマの中で私が夢中になっていた「パー〇ェクト・ワールド」に、美月ちゃんの妹役として出ておられたあの方でした。「もっともっと見とくんだった~」とちょっと後悔。でも、しっかり「ガン見」してたんですけどね(笑)。モデルさんだけあって、とってもいいスタイルで、かわいらしかったです。

2019年8月25日 (日)

『 花酔ひ 』(村山由佳・著)読みました・・・の巻

Img_4223  「おいしいコーヒーの入れ方」あたりを白村山だとすると、これは完全なる黒村山。かなり激しい性愛の世界を描いています。もうね~花房観音さんですか?って感じです。
 でもね、花房観音作品ほどは、人間の業を描くところまではいってないんですよね~。性の深淵を描くって感じではあるのですが。なかなかハードな性描写。けれど、正直読みどころはそれだけかなあ。あと、京都、そして江戸の伝統的な味わいは感じられるんですけどねえ。お話としては正直、いまひとつといったところでした。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2019年8月24日 (土)

年に一回、ビスタルームで・・・の巻

Img_4440  今日は京セラドームでプロ野球・オリックスvs日本ハムの試合を観戦してきました。ただ、普通の席からの観戦ではなく、ビスタルーム(いわゆるVIPルーム)からの観戦でした。昔の同僚といいますか先輩が、年に一度誘ってくださるのです。以前同じ職場でご一緒させていただいた方々と、野球を見たり、お酒を飲みながらお話をしたり、とっても楽しい時間を過ごさせていただきました。応援していたオリックスは負けてしまいましたが、とっても楽しめました。また来年も誘っていただけたら嬉しいなあと思いました。

 ところで、ビスタルームは球場のかなり高いところ(7階)にあるのですが、そこから観ていてひとつ発見したことがあります。オリックスの主砲・吉田正尚選手が打席に立った時の日本ハムの守備陣形がとっても独特でした。ショートは定位置なのですが、その左側にサードがいない。なんとサードは2塁の右側(一塁側)で守っています。そしてセカンドはほとんどライトの定位置。そしてファーストはいつもの場所。これは面白かったです。写真をよく見ていただければ、お分かりいただけると思います。

2019年8月23日 (金)

2019・レフリーはじめ・・・の巻

Img_4431  9月20日に開幕するラグビーワールドカップ日本大会。それを間近に控えまして、私の方は一足お先にレフリーとしての今シーズンが始まりました。今日はわが国で一番大きな体育大会の、私が所属する地域の代表を決める大会にレフリーとして呼ばれ、お勤めを果たしてきました。

Img_4434  細かく言いますと、今日は旗を持って走る役目。担当させていただいたのは女子の7人制。でも、女子とはいえ結構な距離を結構なスピードで走りましたよ。まあでも、それなりにきちんと役目を果たせたと思います。ホッとしました。試合もなかなか迫力があり、観ていて(もちろん役目を果たしながらですが)楽しかったです。今日は結構疲れましたので、久しぶりに湯船にお湯を張り、ゆっくりとつかりました。

 明後日はまた15人制の試合が当たっています。今度は頭を使う方の役目です。でも、9月に入りましたらこれまた大きな試合が2試合続きますので、程よく感じを思い出せたらと思っています。

Img_4432  今日は他府県からも手助けに来てくださいました。珍しい女子レフリーの方も来てくださいましたよ。素敵な方でした。まあ、女子も盛んになってきていますので、レフリーの方も頑張って人数的にも増えていっていただけたらと思います。応援しています。

2019年8月22日 (木)

映画の話・1518 「 大阪物語 」

132239_11  思春期を迎えた少女が、あまりしっかりしているとは言えない自分の両親を通じて大人の世界を垣間見、少しずつ成長していく・・・そんな物語です。主人公は、デビュー間もない池脇千鶴さん。とっても瑞々しく演じています。お話としてはよくある・・・と言えなくもありませんが、池脇千鶴さんの魅力で押し切った感じがします(笑)。

 あと、大阪生まれ大阪育ちの私としては、いろいろなものが懐かしい。街並みもそうですし、出てくる人もそう。ちょっとずつ登場する芸人さんも、変わった人変わらない人それぞれで、それらを探すのも楽しかったです。宮川大輔さんなんて、わからない人も多かったのではないでしょうか。ちなみに私、町田康さんは見つけられませんでした。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1517 「 泣いたらアカンで通天閣 」

1369066867298132186261  2013年の日本映画です。

 お話は簡単に言うと人情喜劇。関西の方なら吉本新喜劇や松竹新喜劇の”それ”を想像していただければいいと思います。もちろん褒めています。笑いがあってドタバタがあって、それでも最後には落ち着くところにおちついて大団円・・・といった感じです。

 出演者は意外に豪華。木南晴夏さんに鈴木亮平さん、大杉漣さん。そしてそれ以外にも有名な方々がちょい役で出ておられます。小枝師匠やほんこんさんはにぎやかしな気もしますが。

 大阪、通天閣を舞台にした単なるご当地映画かと思って観始めましたが、それなりによくできた作品でした。大阪人の私としては、新世界がステレオタイプに描かれることには少し閉口しますが(あんなにいつもいつも怒鳴りあっているわけではないのですよ・笑)。それでも、楽しく見ることができました。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1516 「 トリック劇場版 ラストステージ 」

163043_11  2014年の日本映画です。

 トリックシリーズは何作か見たことがありますが、あまり覚えていません。この映画はシリーズのファンの方から見たら「大感動」の映画らしいのですが、そうではない私が観たら・・・ということで観てみました。

 う~~ん、なるほど。それなりには面白い。”かの国”でのラストも、エンドロール後のエピソードも、切ない気持ちにさせられる。

 でもね、やっぱりこの映画はファンのみなさんに向けての映画なんでしょうね。そうでない私には、上記の気持ちが「限界」です。ファンならばよかったのにな~などと思いながら、この作品を観終わりました。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2019年8月21日 (水)

『 ノーサイド・ゲーム 』(池井戸潤・著)読みました・・・の巻

Img_4411  現在日曜日夜9時よりTBS系で放送されているドラマ「ノーサイド・ゲーム」。ここでも時折書かせていただいておりますように、毎回観ては泣いております。ラグビー関係者の私としては、思い出すこともたくさんありまして、どうしても泣いてしまうのです。
 その原作本をぜひとも読んでみたいと思い、私がいつも利用させていただいている近所の図書館に予約していたのですが、ようやく順番が回ってきましたので(1か月ほど待ちました)、読んでみました。ほとんど一気読みでした。

 池井戸作品としましては、他の作品に比べて企業内の人間関係とか、どんでん返しとか、勧善懲悪といったものはちょっと「薄め」でした。その点においてちょっと物足りないと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、その分、ラグビーの魅力を描くところに力点が置かれていますので、私としましては、十分(いや、十分以上に)楽しむことができました。

 ラグビー大好き、そしてラグビー関係者の私としましては、本当に「よく書いてくれました!」とお礼を言いたい気持ちです。ラグビー界を取り巻く現状も含めて、ラグビーの魅力、そして今後の進むべき道筋を描いてくれています。

 本当に、行動の基本は「フェアであるかどうか」なんですよね。それは試合中もそうですし、試合を離れても、そう。人間、生きていくうえで絶対に忘れてはいけないことだと思います。そしてラグビーというスポーツは、そういう生き方を教えてくれるスポーツなのです。

 もうすぐ日本でラグビーワールドカップが開かれます。この本そしてドラマによって、少しでも多くの方にラグビーの魅力が伝わればいいなあと思います。そして、ワールドカップが終わってからも、ラグビーがひとつの文化として(プロ野球やサッカーのように)日本に根付いてくれればいいなあと、本当に思います。ラグビーは本当にいいスポーツです。生き方を教えてくれます。そういうことを描いてくださった池井戸潤さん、本当にありがとうございました。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2019年8月20日 (火)

「ノーサイド・ゲーム」はCMまで泣かせる・・・の巻

Img_4424  ここでも何度も書かせていただいております、TBS日曜ドラマ「ノーサイド・ゲーム」。観ていると毎回どこかで泣いてしまいます。ところが実はこのドラマ、泣かせるのはドラマ本編だけではないのです。間で流れるCM。これもいいのがあるのですよ。

Img_4423  写真を参照していただければと思いますが、日本生命のCM。詳しい事情は分かりませんが、たぶん”シングルマザー”なんだと思います。その「お母さん」が一生懸命子育てをしている。そして頑張りすぎて自分の身体に変調をきたす。けれど何とか頑張って、また日常を取り戻す・・・。「お母さん」を演じる中村ゆりさんが、本当に好演してらっしゃるのです。もう、CMとは思えないくらい。写真のような「泣き笑い」にこちらも心を打たれてしまいます。

 「ノーサイド・ゲーム」実は原作本を読んでしまいましたので、お話は分かってしまったのですが、原作とドラマとは少しお話も違うようです。新たな気持ちでドラマの方、これからも楽しませていただきます。できればこのCMの新しいバージョンも、また放送してくれればうれしいのですけれど。

2019年8月19日 (月)

2019・今年のゴーヤ・・・の巻

Img_4421  いや~、先ほどまで私の住む大阪中南部はものすごい雨。そして雷。先日の台風の時よりすごかったです。でも、今日の記事は、それとは関係なく・・・。

 今年はまだ書いてなかったなあと思いまして、書くことにしました。毎年恒例、「今年のゴーヤ」です。私、夏になるとゴーヤを育てて、それを食すというのを楽しみにしております。でも、今年はいつものところとはちょっと違うところで育てました。門、そして庭のところをリフォームしたので、毎年のようにそこでは育てられなかったんですよね。で、駐車場のところでむりやりひもを引っ張って、育てました。
 う~~ん、出来が悪い(笑)。ここ数年あまりうまく実がならないのですが、今年もあまりできません。現在まで、3つくらいしかできてません。夏場はとにかく何にでもゴーヤを入れる、特にカレーなんかに入れると最高!だったのに、それができません。

 まあ、今しばらく夏は残っておりますので、まだ育て続けますが、何かしら期待薄です。来年に期待!

2019年8月18日 (日)

ゆく夏来る秋・・・の巻

Img_4420  お盆を過ぎてもまだまだ暑い日が続いています。この夏はいつまで続くんだろう・・・などと思いながら外を出歩いておりましたら、家のそばのあちこちで、写真のような情景に出くわしました。うちの地域では今日は地蔵盆のようです。うちの子たちがまだ小さかった(小学校の低学年くらいまでの)ころ、手をひいて近所のお地蔵さまをまわりました。お地蔵様ひとつひとつで、お菓子をいただけるのですよね。ですからそれがうれしくて、よく回ったものです。

 私は地蔵盆になると、今年の夏も終わりだなあと毎年感じます。まだまだ暑い日が続きますが、そろそろ秋がそこまでやってきているのでしょうね。実際私も明日から本格的に仕事再開。気合を入れていかなければなりませんね。併せて、この夏にし残したことを考えて、今年の夏の最後を楽しみたいと思います。

2019年8月17日 (土)

映画の話・1515 「 天気の子 」

177922_11  2019年の日本映画です。
 お話の柱を突き詰めると、昔からよくあるものでした。ただ、設定であるとか、舞台や天気、それから絵のうまさ、声を出しておられる方々のうまさ、音楽など、いろいろな要素を加味して考えると、いい映画でした。エンドロールで声を出しておられる方々の名前を見て、あの方が出してたのか~と感心。プロ以外の方々もかなりお上手で違和感がありませんでした。

 画面はほぼ全編、雨。雨による息詰まる感じ、そしてそこに射す日の光はまさに「救い」。生きていくのは大変だけど、愛があれば・・・といった感じでしょうか。リアリティ云々は置いておいて、観終わってまさに長雨の後の晴れ間のような、すっきりとした気持ちになりました。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2019年8月16日 (金)

こんなことでも、気になります・・・の巻

Img_4409  昨日は台風が接近するなか、検査とその結果を聞きに行くために病院に行きました。病院に着いてまずは受付をするのですが、その番号がなんとこれ!(写真参照)

 う~~ん、病院に来る人はたぶん基本的にナーバスになっていると思いますのでね、この番号はないですわ~。「428」=「死にや!」って(汗)。

 結果的に特に問題はなかったので、笑い話として済みましたが、例えば日本の多くの駐車場で「4」が欠番になっているように、この番号も病院では欠番にすればいいのではないでしょうか。いえ、そんなこと言いますと、あれもこれも・・・となるのはわかるのですけどね。でも、病院に行く人は基本的にいろんなことを気にするものですから、これも一つの配慮ということで。

2019年8月15日 (木)

ここにもお盆の影響が・・・の巻

Img_5449  昨日、大学に通うために下宿している三男が帰ってきました。高速バスを利用し、いつもはだいたい自宅の最寄り駅に夜の9時30分過ぎくらいに着く電車で帰ってきます。途中で連絡が入り、駅まで迎えに行くのですが、昨日はなかなか連絡がありません。

 9時過ぎくらいに連絡が入り、いつもより2時間ぐらい遅れているとのこと。道路が渋滞していたようです。これもお盆と、台風の影響なんでしょうねえ。

 結局、三男が駅に着いたのは23時30分頃。終電の、ひとつ前の電車でした。最寄り駅まで帰ってこられないかなあ、そうなると、ちょっと都会の、天王寺あたりまで迎えに行かなきゃならないかなあと思っていたので、遅くはなりましたが、最寄り駅まで帰ってきてくれてよかったです。

 明後日には、次男も帰ってくるようです。もっとも次男は仕事があるので数日で東京に戻るでしょうし、帰ってきても家にはほとんどいないのですけどね(笑)。
 でも、「桜太」も仲間入りしましたし、子どもたちが帰ってくると、しばしにぎやかな日々が戻ってきます。

 写真は先日の、舞鶴へのツーリングより。

映画の話・1514 「 ジョバンニの島 」

163891_11  毎年この季節になると、戦争に関する映画を観て、平和の尊さを再確認したくなります。で、今年はこの作品です。

 2014年の日本映画です。

 実はあまり期待せずに観たのですが、途中からは胸が苦しくてなりませんでした。特攻のお話とか、大和とか、ひめゆり部隊とか原爆のお話とか、先の戦争に関してのお話はそれなりに語り継がれていると思うのですが(もちろんこれからもしっかりと語り継いでいかなければなりません)、北海道や北方の島々の方々が戦中戦後いかにご苦労なさったかについては、あまり語り継がれていませんねえ。いえ、北海道の方では語り継がれているのかも知れませんが、私の住む大阪の方ではほとんど語られていません。

 けれどこれも日本の”忘れてはならない”歴史。しっかりと語り継がれていく必要があるのではないかと思います。そういう意味で、この映画、とっても貴重なお話を知らせてくれました。

 印象としましては「北の火垂るの墓」。それだけ特に幼い兄弟の辛さ・悲しさが心に沁みました。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2019年8月14日 (水)

お盆ぼんぼん♪・・・の巻

Img_4407  お盆休みまっさかりですが、台風が近づいておりますねえ。私の住む大阪中南部では、まだ今日はそれほどの影響はありませんでしたが、明日が怖いです。

 私、今日は朝から、久々の”お楽しみ”に参加してきました。・・・けれど、作品は正直よくわかりません。完成したらどこで観られるのかもよくわかりません(苦笑)。そして昼からは、一心寺へいわゆる”お墓参り”に行ってきました。本当は「お骨仏参り」ですけどね。でも、両親に挨拶して、仏様に挨拶して、とりあえずホッとした気持ちになりました。一心寺はご本堂が改装中で、何かしら落ち着いてお参りすることはできませんでしたけどね。

 明日、私の住むあたりにも台風の影響がかなりありそうなのですが、私、朝から通院なのですよね~。駐車場の関係で、バイクいでいきたいのですが、それは無理でしょうね~。車で行くとして、安全にたどり着けるのか?そして無事に帰ってこられるのか?う~~ん、心配です。でも、安全第一で行ってきます。

2019年8月13日 (火)

舞鶴に行ってきました・・・の巻

Img_4382  毎年春と夏には、自転車か125CCのバイクでツーリングに出かけることにしております。で、夏のツーリングはだいたい6月くらいには予定を立てるのですが、今年はなんだかんだでまったく予定が立たず、どうしようかなあと思っているうちに”お盆休み”に突入してしまいました。そこで先日、少々いきなりではありましたが、バイク・日帰りでツーリングに出かけることにしました。行先は「舞鶴」。前から行ってみたいなあと思っていたのです。目的地は赤レンガ倉庫、そして海上自衛隊です。お盆期間に入ってしまっていますので、道が渋滞していたらいやだなあとは思ったのですが、ほかに休みも取れませんし、とにかく行ってきました。

 行きましたのは、8月11日(日)。朝5時に自宅を出発しました。25号線を大阪市内に向かい、天王寺を5時50分くらいに通過。そこから谷町筋に出まして、そのまま北上。天満橋で左折しまして梅田新道へ。梅田(大阪駅)の阪急前を6時過ぎに通過できました。そこから池田・豊中・川西・能勢と順調に通過しました。

 途中、7時45分に道の駅「瑞穂の里さらびき」に到着。トイレなどのために10分ほど小休憩。

Img_4379  そして9時30分過ぎには舞鶴の手前、五老岳の展望台に到着しました。展望台からでもかなりいい景色。横にあるスカイタワーには登らなくていいかなあと思ったのですが、入館料が200円だったので、登ってみました。・・・やっぱり必要なかったかなあ(苦笑)。でも、とってもいい景色でしたよ。

Img_5435  そして、10時前には舞鶴に到着しました。まずは赤レンガパークへ。ここの駐車場(無料です)にバイクを停めまして、赤レンガ倉庫群へ。う~~ん、とっても趣があります。ここのお店は10時開店です。写真を撮ったりしてうろうろしているうちに、お店が開きました。

Img_5450  少しうろうろしてから、次は海上自衛隊の桟橋へ。バイクはここに停めたまま行きます。10分ほど歩きまして、施設の中へ。う~~ん、壮観。普段なかなか見ることができない自衛隊の艦船が、たくさん停泊していました。本日は乗船しての説明はありませんとのことでしたが、観て回るだけで十分でした。

Img_5464  施設の中のお土産屋さんを見てから、退場。駐車場にもどりまして、バイクで今度は海軍記念館へ。ここはもう、かつての海軍のムード一色でした。映画のセットのようでした。時期の関係もありまして、平和についてしっかりと考えさせられました。今の平和をしっかりと守り続けていかなければなりませんね。

Img_5471  このあと、来た道を少し戻りまして「とれとれ市場・舞鶴」へ。ここはいろんな海鮮のお店が入っているところです。私は「ととや」さんで「しらす丼(900円)」をいただきました。私、あまりたくさん食べられないのが残念なのですが、市場内にはその場で買って焼いてもらって食べられるお店なんかもありました。

Img_5434  昼食も終え、12時には帰路につきました。途中、道の駅能勢(くりの里)に到着したのが13時15分頃。そこで小休止。アイスクリームをいただきましたよ。そしてここからは一気に自宅まで。朝来た道を帰っていきました。途中川西で少し道が混みましたが、全体的には快適に走ることができました。そして16時ころに自宅に到着できました。

Img_5407  総走行距離は316.6キロ。出発から帰宅まで11時間。使ったガソリンは7.8リットル。ガソリン代は1052円でした。やっぱりバイクは安い!

 さあこれで、関西圏の行きたかったところにはだいたい行くことができました。次はどこに行こうかなあ・・・。やっぱり、北海道かなあ・・・。でも、まとめて一週間ぐらいは休みが取れないとだめですねえ。北海道は、定年になってからかなあ。

2019年8月12日 (月)

「天気の子」観てきました・・・の巻

Img_4402  世間ではもう”お盆休み”の期間ですねえ。私もその例にもれず、お休みをいただいております。で、今日は朝から映画を観に行ってきました。今更な感じもするのですが『天気の子』です。早朝8:50からの上映でしたので、空いているかなあと思っっていたのですが、いってみるとけっこうな人・人。実際に上映時間になると、映画館はかなりの満員となっていました。私がチケットを買った段階では、両横の席が空いていたのですが、きっちりお客さんがいました(苦笑)。

 映画の感想はまた近々「映画の話」で語らせていただきます。でも、切なくてロマンチックで、しっかり楽しめました。

 映画館に出かけるのは久しぶりでした。次はエルトン・ジョンの半生を描いた「ロケットマン」そして吉岡里帆ちゃん主演の「見えない目撃者」あたりを見たいなあと思っています。

2019年8月11日 (日)

我が家に家族が増えました・・・の巻

Img_4376  いえいえ、息子が結婚するとか、そういうお話ではありませんよ。知ってくださっている方も多いと思いますが、うちには柴犬が二匹("ichigo”♂、mikan♀)おります。そこにこの度もう一匹仲間入りしたというお話なのです。犬種はたぶん柴犬。白色です。年齢はたぶん5歳くらい。♂です。
Img_4369  「たぶん」とか「くらい」といいましたのは、今回家族に仲間入りしたこの犬、保護犬なのです。ですので、正確なところがわからないのです。うちの奥さん、子どもたちが巣立って行ったあと、レギュラーの仕事を辞めまして、今は時折パートとして仕事をしております。そして空いた時間に保護犬の世話をするボランティアをしているのです。で、今回は我が家で引き取ったというわけです。柴犬・・・といいますか、私は秋田犬か紀州犬の血が入っているのでは・・・と思っています。ちょっと大きいのです。

Img_2447  さて、我が家のもともとの二匹は「いちご」くんと「みかん」ちゃんなのです。ですので新しい子は「りんご」もしくは「ぶどう」、意外なところで「おれんじ」なんかどうだろうと思っていましたら、うちの奥さんがすでに名前を決めておりました。「桜太(おうた)」ですって。・・・なんで?とは思いましたが、口には出しませんでした。我が家の平和のために(笑)。

 桜太くんはすでに我が家にも慣れ、みかんと仲良く同じ部屋で暮らしています。ichigo、mikanともども、可愛がっていきたいと思います。1・2枚目が桜太、3枚目がichigoとmikanです。

2019年8月10日 (土)

期待できそう・ラグビー日本代表・・・の巻

Img_4374  本日行われたラグビーPNC杯最終戦。日本代表vsアメリカ代表。34-20で勝利し、2011年以来の優勝と相成りました。正直、この大会での優勝とかはどうでもいいのですが、先日行われたフィジー戦・トンガ戦、そして今日のアメリカ戦と、どの試合も日本の戦力の充実ぶりがみられる試合でした。もちろん課題も見つかったのですが、それはそれでワールドカップに向けて修正する時間もありますので、本大会が期待できます。同じグループの強豪国に何とか勝って、決勝トーナメントに進出してもらいたいです。
 それと、あとは誰が最終メンバーに残るか、それも興味津々です。私としては、現在メンバーから外れている立川理道選手をサプライズ選出してもらいたいです。

 そして実は今日は、国内でもトップリーグカップの決勝が地味に行われていました(笑)。私が応援している神戸製鋼とクボタの試合でした。この試合も神戸製鋼が危なげなく勝ち、優勝を決めました。

 さあ、いよいよ9月20日からラグビーワールドカップ日本大会が始まります。日本代表、頑張ってほしい。そして、ラグビーがもっともっと注目されて、人気が出てほしい!私も熱烈応援していきます。

 写真は、パスをつないでつないでトライする日本代表、リーチ・マイケル選手です。すごいスピードなので、ぶれてます(笑)。

2019年8月 8日 (木)

これは誰も文句ないわ・・・の巻

Img_4299_20190808190901  昨日突然のニュースに、びっくりさせられましたね~。小泉進次郎議員と滝川クリステルさんの結婚のお話です。そして今日、婚姻届けも出されたとか。

 う~~ん、びっくりしましたが、お似合い。お似合いすぎて、誰も文句言えないですよね(笑)。もうね、すべてが完ぺきなカップルといった感じです。私がとやかく言っても全く関係ないと思いますが、幸せになっていただきたいと思います。

 さてさて、ご結婚の話題をもう一つ。先ほどネットのニュースで知ったのですが、速水もこみちさんと平山あやさんもご結婚されたとか。本日発表されたそうです。こういういいお話、ほほえましくなるとともに、やっぱりうらやましいですね~。私も、何かいいお話、ありませんかね~。

2019年8月 7日 (水)

映画の話・1513 「 バーフバリ 王の凱旋 」

172836_11  2017年のインド映画です。

 前編「伝説誕生」のラストで、「えっ?どういうこと?」と思わされた疑問を解くお話からスタートします。なるほど!兄弟(親族)間の覇権争いのお話なのね。日本の歴史でいうと、壬申の乱みたいなものですかね~。そして、さまざまなエピソードをはさんで前編につながっていくわけなのですね。なかなかよくできております。

 途中、あの王女とともに剣で戦うシーンなんかは日本の殺陣と似て、一つの様式美のようでありました。観ているこちらもカタルシスを感じました。

 ラストはちょっと拍子抜けの感も否めませんでしたが、それでも前編とともに十分楽しませていただきました。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1512 「 バーフバリ 伝説誕生 」

171778_11  2015年のインド映画です。

 久々のインド映画です。「ムトゥ 踊るマハラジャ」以来の話題作だと聞いていましたので、以前から気になっていました。

 なんか、すごいことになっていますね~。スケール感とかCG技術とか、かなり進歩しているんですね~。いや、もちろんハリウッドと比べたらまだまだという気もしますが、それでも個人的には「なかなかやるやん!」と思いました。私にはこれくらいがちょうどいいかも。

 戦闘シーンは大迫力。そしてお話もそれなりに工夫された構成になっていました。なんとなく万々歳といった感じでラストまで行きましたら、ラストのラストで大どんでん返し。「えっ?どういうこと?」という気にさせられ、続編を観たい気にさせられます。

 ただ、インド映画、スマートなつくりになっているのですが、個人的にはかつての「唐突にみんなで歌って踊りだす」というのが懐かしくなったりします。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2019年8月 6日 (火)

『 平場の月 』(朝倉かすみ・著)読みました・・・の巻

Img_4287  第161回(2019年上半期)直木賞にノミネートされていた本作、以前からかなり気になっていましたので、読んでみました。

 主人公はいわゆるアラフィフの”青砥(男性)”と”須藤(女性)”。人間50歳近くまで生きてきましたら、いろんなことがありますよね。そして、良くも悪くも物分かりがよくなってしまい、我慢強くもなってしまう。若い時だったらちょっとぐらいの障害にぶつかっても「何とかなるだろう、何とかしてやる」と思ったりもするのですが、このぐらいの歳になると、どうにかできるものかどうか、すでに分かってしまう・・・。

 

 その「分別盛り」の二人の「恋愛」を滋味にあふれた目線で描く本作、お若い方が読んだらどのような感想を持たれるのかは想像つきませんが、ちょうど主人公たちと同世代の私が読むと、もう本当に切なくて何とも言えませんでした。特に、読んだ直後よりも、数日たってからの方が心に”ず~ん”とくる。もうね~、やっぱり悲しいですわ。いろんなことを飲み込んで生きていくのが人生だとは思いますが、”須藤”にはもう少しわがままになって、甘えてほしかったな~(ちょっとしたネタバレです)。

 結果、直木賞は逃しましたが、滋味にあふれたいい作品でした。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 

2019年8月 5日 (月)

ラグビーワールドカップ・チケット届きました・・・の巻

Img__20190805201801  いよいよラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕が近づいてきましたね~。開催が決まった時は「日本でやって、盛り上がるのか~?」なんて心配をしていましたが、いろいろなマスコミの協力のおかげもありまして、それなりに盛り上がりを見せてきました。

Img_  で、一年前に買ったチケットもそろそろ届くはずだったのですが、なかなか届かないな~なんて思っていましたら、届きました!。おおっ、なかなか高級感が漂っている。チケットそのものも、チケットのケースも、日本らしさ満載で、いい感じ。まさに”いよいよ始まる!”といった感じです。

 前哨戦とも言えるPNCでも日本代表はいい感じの試合をしていますし、本番にも期待が持てそうです。そしてこれを機に、ラグビーファンの方が増えてくれれば本当にうれしいのですけれど。

 開幕は9月20日。本当に楽しみです。

2019年8月 4日 (日)

”リトル・マーメイド”観てきました・・・の巻

Img_4361  昨日は久々の観劇。劇団四季の”リトル・マーメイド”を観に行ってきました。私、かつては2・3か月に一度は四季の舞台に足を運んでいたのですが、ここのところちょっとご無沙汰で、”キャッツ”以来約3年ぶりの観劇となりました。

 ”リトル・マーメイド”を観るのは初めて。でも、お話はそれなりに知っておりましたので、しっかりと楽しむことができました。実は曲はほとんど知らなかったのですが、”アンダー・ザ・シー”の時には、やっぱり心躍りましたね~。とっても楽しかったです。お話の方も、最後はハッピーエンド。ミュージカルはこうでなくっちゃ、ね!

Img_4362  全体的な印象としましては、海版”ライオン・キング”(笑)。様々な海の動物(魚)たちの動きが見事で、そのあたりにも魅了されました。本当に楽しかったです。

 私、四季のミュージカルでは、実は”アイーダ”が一番好きなのです。四季のファンの方には、あまり人気のない演目で、それゆえなかなか再演されないのですけどね。でもね、また観たくなっちゃいました。東京でもいいので、再演されないかな~。

2019年8月 2日 (金)

”PL花火芸術”で今年も楽しませていただきました・・・の巻

Img_4321  昨日8月1日は、私の住む大阪中南部では特別な日なのです。そう、”PL花火芸術”の日なのです。これ、全国的にもご存じの方は多いと思いますが、かなり有名な花火大会です。実際に花火が打ちあがるPL教団の本部は、私が住む町の隣の、富田林市にあります。このあたりでは8月1日は、お店も大体お昼過ぎで終了。あとは夜の「花火大会」に向けての準備に入ります。なんとなく、町全体がソワソワした感じになります。

Img_4320  正直な話、花火大会としての規模は小さくなってきているように思います。昨年はかなり”がっかり”しました。けれど今年はちょっと盛り返しましたね。時間は約30分とかつてに比べて(私が学生の頃は1時間くらいやってたような気がします)かなり短縮されましたが、それでも内容はよかったように思います。ラストもかなり迫力がありましたし。

Img_4332  実際にはこれ、宗教行事ですので、信者でもない私がとやかく言うことでもないのですが、やっぱり南河内の夏の風物詩、なんとかこれからも続けていっていただきたいと思います。私はこの花火芸術が終わると、「夏も折り返しだなあ」と毎年感じます。今年もいつの間にか折り返し。この夏はまだ何もしていないので、これから充実させていきたいと思います。

2019年8月 1日 (木)

映画の話・1511 「 映画ドラえもん のび太の宝島 」

173400_11  2018年の日本映画です。

 久しぶりにドラえもん映画を観ました。うちの子どもたちが小さかった頃は、一緒によく観たんですけどね~。今作はかつてよくあったような「夢」や「冒険」も描いてはいますが、それよりも「家族愛」「本当の幸せとは?」について描いています。まるでクレヨンしんちゃんみたいです(笑)。

 もうかなり年齢を重ねてしまった私としては、わかりやすいテーマであまり意外性もないのですが、未来ある子どもたちに考えさせるにはちょうどいいのかもしれませんね。「幸せ」とは「お金」や「名声」の中にあるのではなく、自分の心の中にあるのですよね。もちろん最低限のお金は、なきゃ、生きていけませんけど。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1510 「 ラプラスの魔女 」

172823_11  2018年の日本映画です。

 う~~ん、悪くなかったんですけどね~。でも、もう一つ「普通」を越えていくものがなかったかなあ。お話もそれなりに「ふ~~ん」というものでしたが、琴線に触れるというものではありませんでした。同じ東野圭吾さんの作品でも、「容疑者Xの献身」とか「真夏の方程式」はかなりよかったんですけどね~。今回は理屈が前面に出すぎたかな~(汗)。

 出演者のみなさんの演技にも不満はありませんし、あとは脚本の問題かな~。面白くなかったわけではありませんが、言ってみれば及第点の作品でした。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1509 「 亜人 」

171789_11  2016年の日本映画です。

 原作未読、まったくの予備知識なしで観ました。
 アクションシーンは見事でしたが、お話の方は正直、あまりよくわかりませんでした。それぞれの方の置かれた立場、それぞれの持つ苦悩はよくわかるのですが、結局の「オチ」のようなものがあまり理解できませんでした。これは、まだまだ続く・・・ということなのでしょうか。

 ある程度お話を知っている人に向けて作られた映画なのかもしれませんね。私のような、予備知識のまったくないものにとっては、ちょっと難しい映画だったのかもしれません。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »