フォト
無料ブログはココログ

« いまさらながらに思う、ジャニーさんのこと・・・の巻 | トップページ | 映画の話・1507 「 劇場版ポケットモンスター みんなの物語 」 »

2019年7月16日 (火)

映画の話・1506 「 未来のミライ 」

174929_11  2018年の日本映画です。

 公開されたときに賛否両論だったことを覚えておりまして、実際どうなのかなあと思いながら観ました。なるほど、これは確かに賛否両論ありそうですね~。といいますか、どちらかといえば「否」の方が多くなりそう(汗)。

 まずね、この「未来のミライ」というタイトル、違いますよね。悪く言いますと、詐欺です(苦笑)。だって未来のミライちゃんはほとんど出てこない。ちょっと出てくるだけ。それも、本筋のお話にあまり関係してこない。

 このお話、4歳の”くんちゃん”が主人公ですよね。言ってみればこの子の成長譚。そしてこの子も含めた家族の成長譚です。私は男の子3人を育ててきましたので(今は3人とも成人しました)、とっても懐かしく観せていただきました。本当にこういうこと、よくありました。まさに「小さい子どもがいる家庭に、もう一人赤ちゃんが生まれた時あるある」のオンパレードでした。
 最初に「賛否両論ありそう」と書きましたが、そういうふうに兄弟・姉妹の子育てを経験された方には共感を得られるでしょうし、そうでない人には「なにこれ?」となるのではないかと思いました。もちろん、すべての方に当てはまるとは思っていませんが。

 けれど、そういう子育てを経験して、そういうことに共感したからといって、感動できたかどうかは別です。正直私は、それほど感動はしませんでした。子育てあるあるを見せられて「あるある」と思って、それだけでした。お話としては、どうということはありませんでした。「時をかける少女」「サマーウォーズ」と感動させていただいた細田守監督作品ですが、個人的にはその後は「今一つ」が続いています。ちょっと寂しいです。起死回生の一作、そろそろ期待したいです。

 声優さんの選択も、いま一つでしたね。いえ、下手だったというのではなく、キャラクターに合ってなかったかな・・・。

 私の評価:☆☆☆(本当は2.5くらいです。5つが満点です)
 

« いまさらながらに思う、ジャニーさんのこと・・・の巻 | トップページ | 映画の話・1507 「 劇場版ポケットモンスター みんなの物語 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いまさらながらに思う、ジャニーさんのこと・・・の巻 | トップページ | 映画の話・1507 「 劇場版ポケットモンスター みんなの物語 」 »