フォト
無料ブログはココログ

« 2019.7月期・今期観ているドラマ・・・の巻 | トップページ | ”発言力”のある人に、動いてもらいたい・・・の巻 »

2019年7月21日 (日)

宮迫さん・田村亮さん。お二人の会見を見て、思ったこと。

Img_1170  昨夜、宮迫さん・田村亮さん、お二人の会見を見ました。事前に知っていたか否かに関わらず、反社会的勢力とかかわって、例えばお年寄りからだまし取ったお金の一部を密かに懐に入れるということは許せません。そして、まだ一方の側からお話を聞いただけで、実際にどうだったのかはわかりませんので、どちらが悪いか、などのお話はまだしないでおきたいと思います。
 ただ、それでも、昨日のお話は、悲痛でしたね。見ていてとっても心が痛かったです。そして、自分の身に置き換えても、思うところが少なからずありました。そのことについて、少し書かせていただきますね。

 まず思ったことは、うそをついてしまった時、それをごまかそうとして上塗りすると、結局は悪い方にしか行かないということです。それを自覚していても、自覚がなかったにしても、人は誰でも「うそ」をついてしまうことがあると思います。そしてもちろん「うそ」にもいろいろありますので、「優しいうそ」「必要なうそ」ももちろん世の中にはあります。けれど、他人を傷つける「うそ」をついてしまった時(もしくは失敗してしまった時)
には、そしてそのことを自覚した時には、できるだけ早く謝罪することが大切なんじゃないかなあと、今回の会見を見て、思いました。本当に、それしかない!ごまかそうとすると、いい方向にはいかない!たとえ一瞬「ごまかせた」と思えても、結局は「うそ」からスタートしたこと。そこに「真実」がついてくることはない。原点に戻って謝罪し、なかったことにはできないかもしれませんが、スタートの「うそ」を修正する努力をすることが、その後のお互い(うそをついた方とつかれた方)の人生をよりいい方向に導いてくれることにつながるのではないでしょうか。

 そして、事が起こった時に、「なにが一番大切か」をしっかり見極めることが大切ですね。「あれもこれも守る」ということが難しい状況になってしまったら、「そのなかで一番守らなければならないことは何か?一番大切なことは何か?」をしっかり見極めて行動しなければなりません。今回、宮迫さん・亮さんの側も、吉本興業の側も、それを見誤ってしまった感じがしてなりません。

 最初にも書きましたが、昨日の会見だけを見れば、宮迫さん・亮さんがかわいそうでなりません。いえ、もちろん反社会的集団の被害に遭った多くの方々が一番の被害者なのですけれど。けれど、それはもちろんのこととして、宮迫さん・亮さんのここまでの気持ち、現在の気持ちを考えると本当につらかったです。こんなことがあってもやっぱり吉本に感謝している。けれどその吉本に対して批判ともとられかねないような会見を開かなければならない。芸人人生をこんな形で・こんな気持ちで終わらなければならない(いえ、もちろんまだ終わったわけではありませんが、とりあえず「吉本芸人としての人生を」と言い換えましょうか)のは、お二人にとって本当に本意ではなかったと思います。終えるときには幸せな形で・・・と考えていたはずです。そのことを思うと、自分の生き方とも重なって、悲しくて悲しくてなりません。

 昨日の会見を受けて、吉本の中でも発言力のある先輩芸人さんが動きを見せるようですので、それにも注目したいです。そしてとにかく、(反社会的勢力の被害に遭われた方々はもちろんですが)宮迫さん・亮さんの人生がこれ以上悪い方向に流れていかないように願いながら、今後の推移を見守っていきたいと思います。

« 2019.7月期・今期観ているドラマ・・・の巻 | トップページ | ”発言力”のある人に、動いてもらいたい・・・の巻 »

ニュース・芸能」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019.7月期・今期観ているドラマ・・・の巻 | トップページ | ”発言力”のある人に、動いてもらいたい・・・の巻 »