フォト
無料ブログはココログ

« 『 よもつひらさか 』(今邑彩・著)読みました・・・の巻 | トップページ | 父の日は地味だけど・・・の巻 »

2019年6月15日 (土)

心が温かくなる瞬間・・・の巻

Img_5347_1  今日明日と、ひさしぶりの二日連続完全オフ。おのずと気持ちがのんびりしてしまいます。

 

 そんな気持ちで今日、家の周りを自転車で走り回っていましたら、狭い道の向こうから車が来ました。私はちょっとだけ広いところで自転車を停めて、車が行き過ぎるのを待っていると、その車の運転手さんは私の横を通り過ぎるときに軽く会釈してくれました。私も会釈を返しました。
 いや、正直それだけ。それだけの話なのですが、私はちょっとうれしかったです。その運転手さんの行動はある意味”あたりまえ”なのかもしれませんが、それでも何かしら心が通じ合ったようで、少しだけ心が温かくなりました。

 そしてそれは日々の生活、特に仕事の中でも感じることがあります。毎日、誠意をもって一生懸命仕事をしています。それは当たり前のことです。けれど、ときには「これだけ一生懸命頑張っているのに、なかなか分かってもらえない。どうして認めてもらえないんだ?」と嫌になってしまうことがよくあります。いえ、甘いのです。自分の気持ちは、甘いのです。それはよくわかっています。けれどそれでもやっぱり、わかってほしいと思ってしまうことがあります。

 けれどだからこそ、「心が通じた」「わかってもらえた」と思えた瞬間があると、本当にうれしくなります。裏切られることがほとんどで、虚しくなることがほとんどなのですけれど、こういう瞬間を経験すると、「この仕事をやっててよかった」という思いになります。

 考えてみれば、そういうものなのでしょうねえ。苦しいことがほとんどで、でも、たまにうれしいことがあると、苦しいことは消し飛んでしまう。そしてまた、「明日も頑張ろう」と思えてくる。

 もうすぐ夏がやってきます。そうやって私もまた、日々頑張っていこうと思います。

 写真は、今日の記事とは関係ないのですが、春に淡路島で見つけたオブジェです。今日はラグビーワールドカップ開幕100日前とのことですので。

« 『 よもつひらさか 』(今邑彩・著)読みました・・・の巻 | トップページ | 父の日は地味だけど・・・の巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 よもつひらさか 』(今邑彩・著)読みました・・・の巻 | トップページ | 父の日は地味だけど・・・の巻 »