フォト
無料ブログはココログ

« NHK「逆転人生」ROGUE・奥野敦士さんの回(2019.5.6放送)観ました・・・の巻 | トップページ | 麦秋・・・の巻 »

2019年5月11日 (土)

言葉は錆びついていくものだから・・・の巻

Img_4022  恥ずかしながら私、例えば女の子と付き合っていると、「なあ、僕の事、好き?」などとよく訊いてしまうタイプです。いや、本当に恥ずかしながら、なのですけれど、そして、そんなことを何度も訊いたら相手はだんだん鬱陶しくなってきて、はじめは好きでもだんだん嫌いになってくる・・・ということもよくわかっているのですけれど、時間が経つとだんだんと不安になってきて、何度も訊きたくなってしまうのです。かなり昔の歌ですが、上田正樹さんのかつての大ヒット曲「悲しい色やね」を聴いたとき、その中の一節「♪俺のこと好きか?あんた訊くけど・・・」という歌詞には本当に共感を覚えたものです。

 でね、そういう自分自身のことを、実はず~~っと、恥じてました。「俺はなんて気の小さい男なんや。もっとどっしりと構えておきたいのに・・・。」なんて感じで。

 でもね、最近あることに気が付いたのです。気が付いたといいますか、考えが少し変わったといった方が正しいかもしれません。それは・・・。

 言葉は錆びついていくものなのではないかということです。例えば「あなたのことを信じています」と誰かに言われたとします。言われた私はその言葉を信用しますが、そう何年もその一つの言葉を信じ続けることって、なかなか難しいですよね。言い方を変えれば、言葉には賞味期限があるとでも言いましょうか。
 ですので、一定の時間が過ぎれば、言葉を「更新」していく必要があるのではないかと思うのです。そして、その「賞味期限」は人によって(いう人にも、聞く人にも)違うので、その人にとって賞味期限がきたなあと思ったら、また訊いてもいいのではないかと思うのです。

 そうは言いましても、昨日訊いたことをまた今日訊く・・・などということになりましたら、それはやっぱり「しつこい❗」ということになると思うのですが、ある程度の時間が経過しましたら、訊くのも悪いことではない、と気が付きました(笑)。

 ということで、私、言う側の立場としても、以前言ったことを、時間が経ちましたら、何度でも言いたいと思います。君のことを見守っているよ。君のことを大切に思っているよ。・・・はい、そんなことを言う相手は、なかなかいませんけどね(笑)。でも、言葉は錆びついていくものだから、何度も確認をしてもいいのです❗


« NHK「逆転人生」ROGUE・奥野敦士さんの回(2019.5.6放送)観ました・・・の巻 | トップページ | 麦秋・・・の巻 »

名言」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK「逆転人生」ROGUE・奥野敦士さんの回(2019.5.6放送)観ました・・・の巻 | トップページ | 麦秋・・・の巻 »