フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1479 「 台北に舞う雪 」 | トップページ | 2019・4月期、観ているドラマ・・・の巻 »

2019年5月 3日 (金)

映画の話・1480 「 マンガをはみだした男~赤塚不二夫 」

169778_11 2016年の日本映画です。


 ゆかりのある数々の方々のインタビューによって、伝説の漫画家・赤塚不二夫さんの人生を浮き彫りにするという本作、映画というよりドキュメンタリー作品です。時代の寵児であった赤塚さんについて、知っていることもあり知らないこともあり、興味深い内容でした
 
 今までは、作品同様「むちゃくちゃな人」という印象が強かったのですが、本当はかなりシャイで、シャイすぎるがゆえにお酒を飲まないと自分を表現できない、シャイすぎるがゆえに逆に振り切ってしまってむちゃくちゃしてしまう・・・という図式がよくわかりました


 こうやって改めて観ると、タモリさんが赤塚さんのお葬式の弔辞で言った「私もあなたの作品です」といった言葉の意味がよくわかります。赤塚さん、おもしろくて、そして哀しい人だったんだなあ。でも、赤塚さん自身は自分の人生を振り返って「これでいいのだ」と言ってるんでしょうか。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1479 「 台北に舞う雪 」 | トップページ | 2019・4月期、観ているドラマ・・・の巻 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1479 「 台北に舞う雪 」 | トップページ | 2019・4月期、観ているドラマ・・・の巻 »