フォト
無料ブログはココログ

« 「ひょっとこ」って、なに?・・・の巻 | トップページ | こんな一言に救われる・・・の巻 »

2019年3月18日 (月)

『 ダンデライオン 』(中田永一・著)読みました

Img_3966_2 乙一さんの別名義である「中田永一」さん。長編としてはあの名作「くちびるに歌を」以来ということですから、いやがうえにも期待が高まります


 世間での評判もかなり高いですし。私も図書館に予約してしばらく待ち、ようやく順番がまわってきました。で、感想なのですが・・・。


 う~~ん、ちょっと期待しすぎたかなあ。タイムリープ物は大好物ですし、私の好きな要素はたっぷりだったのですが、読み終わった後の感想は「楽しめましたけど、今一つ」といった感じですかね~

 
 ある事件がお話の中心にあるのですが、その犯人が早々に予想できるんですよね~。そして、ことが片付いた後の、いわゆる結末も、正直「ふ~~ん」といったくらいのものでした。

 いえいえ、ちょっと辛口な感想を書きましたけれど、おもしろくなかったわけではないのですよ。ただ、期待が大きすぎたというか・・・

 まあ、中田永一さん、また次回作に期待ということで


 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 「ひょっとこ」って、なに?・・・の巻 | トップページ | こんな一言に救われる・・・の巻 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ひょっとこ」って、なに?・・・の巻 | トップページ | こんな一言に救われる・・・の巻 »