フォト
無料ブログはココログ

« 嵐・2020年末で活動休止!? | トップページ | 映画の話・1441 「 映画は映画だ! 」 »

2019年1月28日 (月)

おめでとう、大坂なおみ選手!

P1010135 おとといも昨日も、このニュースで持ち切りでしたよね。「嵐」の活動休止の報が流れてからは、そちらにちょっと持って行かれた感じはしますが
 昨年の全米オープンに続いて、全豪オープンでも優勝し、世界ランキングでも1位になりましたテニスの大坂なおみ選手、おめでというございます。本当に素晴らしいです
 大坂なおみ選手は日本とハイチのハーフ。住んでいるのはアメリカということで、現在はアメリカと日本の二重国籍ということらしいです。そんな大坂さんですが、なぜ「日本人」として試合に出てくれるのか?なぜアメリカ人ではないのか?ちょっと疑問だったんですよね。それに対する答えらしいものを、先日ネットの記事で見つけたので、ちょっと触れておきますね
 今でこそ飛ぶ鳥を落とす勢いの大坂なおみ選手。けれど数年前までは全く無名の選手でした。大坂選手は当時住んでいたアメリカに、金銭的なことや練習場所のことなどいろいろなサポートを求めましたが、けんもほろろな対応だったようで、まったく相手にされなかったそうです。
 ちょうどそのころ、日本協会の一人のコーチがトーナメントの1・2回戦あたりの試合を見ていると、まだまだ弱いけれどひときわ才能を感じる選手を発見し、そのことを日本協会に報告。そしてまだ無名のその選手に様々なサポートを申し入れ、その選手もそれを受け入れめきめき強くなっていったそうです。それが大坂なおみ選手だというわけです
 
 強くなった現在、アメリカ協会はなんとか大坂なおみ選手を「アメリカ代表」にしたいと考え、手厚いサポートを申し入れているそうですが、大坂選手のご両親は無名だった時のことを恩に感じ、「日本人」として試合に出続けているそうです。
 
 この話、どこまでほんとうかはわかりません。それから、これから先も「日本人」でいてくれるのかもわかりません。けれど、ルックスはともかく、試合後のコメントや対応などを見ていると、大坂なおみ選手はまさに「日本人」だと感じます。先ほどの話も、義理や人情・恩を重んじる日本人らしいじゃないですか
 来年に東京オリンピックを控える現在、大坂なおみ選手が日本人として試合に出続けてくれることを期待したいと思います

« 嵐・2020年末で活動休止!? | トップページ | 映画の話・1441 「 映画は映画だ! 」 »