フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1428 「 映画 夜空はいつでも最高密度の青空だ 」 | トップページ | 映画の話・1430 「 海よりもまだ深く 」 »

2019年1月 9日 (水)

映画の話・1429 「 淵に立つ 」

170259_21
 2016年の日本映画です。

 
深田晃司監督作品らしい、心の奥底をざわつかせるような映画でした。主演の浅野忠信さん、出てきたときから怪しいんですよね。一見紳士的なのですが、時折見せる「狂気」が怖いのです。こんな人、たまにいますよねえ・・・。そしてその狂気が現実となって、ひとつの家族を崩壊に導く・・・。いや、浅野忠信さんを元々崩壊させたのはこの家族のご主人だったのかもしれませんが・・・

 後味の悪い、何とも言えない映画でした。けれど、この映画を否定したい気持ち以外のなにかしら「ざわざわ」としたものが残る、そんな映画でした

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1428 「 映画 夜空はいつでも最高密度の青空だ 」 | トップページ | 映画の話・1430 「 海よりもまだ深く 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1428 「 映画 夜空はいつでも最高密度の青空だ 」 | トップページ | 映画の話・1430 「 海よりもまだ深く 」 »