フォト
無料ブログはココログ

« 『 朝が来る 』(辻村深月・著)読みました | トップページ | 映画の話・1429 「 淵に立つ 」 »

2019年1月 9日 (水)

映画の話・1428 「 映画 夜空はいつでも最高密度の青空だ 」

172311_11 2017年の日本映画です。

 
原作は「詩」だということで、何かしらどこかのミュージシャンのPVのような感じもしました。現実の世の中で苦労をしながら日々懸命に生きている若者の気持ちを切り取って、言葉と映像で表現している・・・といった感じです。ハッピーエンドともいえるラストは、それなりに心地よいものでした。確かに悪くはありませんでしたが、そこまで高評価を得る作品かなあとも思いました。まあ、これも好き好きというところでしょうか

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 『 朝が来る 』(辻村深月・著)読みました | トップページ | 映画の話・1429 「 淵に立つ 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『 朝が来る 』(辻村深月・著)読みました | トップページ | 映画の話・1429 「 淵に立つ 」 »