フォト
無料ブログはココログ

« 晩秋の京都へ | トップページ | 映画の話・1419 「 俺俺 」 »

2018年12月 5日 (水)

映画の話・1418 「 何者 」

169399_11 2016年の日本映画です。

 
原作既読。細かいところはもう忘れてしまいましたが、基本的な流れはほぼ原作そのままかな。感想も、原作を読んだ時とほぼ同じ。SNS全盛の現在では、ありそうなお話ですねえ。でも、こういう人、寂しいですねえ
 
 何をするにしても結局は「自分」というものをしっかり持つことが大切!といったところでしょうか。いえ、これは何も周囲のことを考えず傍若無人にふるまうとか、どんな場合でも我を通すとかいうことではなく、自分の好きなことをしっかりと見据え、自分のしたいこと・なりたい自分に向けて着実に努力する・・・というようなことかな。それができる人が、結局は「魅力的な人」ということになるのではないでしょうか。他人に好かれたいから、努力していることを外に向けてアピールする・・・なんてのはダメですねえ

 自分で納得のいく「自分」になれるように努力する・・・ということが大切なんだろうなあ

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

 

« 晩秋の京都へ | トップページ | 映画の話・1419 「 俺俺 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋の京都へ | トップページ | 映画の話・1419 「 俺俺 」 »