フォト
無料ブログはココログ

« 2018・極私的映画ベスト10・・・その1 | トップページ | 2018・今年も”花園”に行ってきました »

2018年12月26日 (水)

2018・極私的映画ベスト10・・・その2

3201

  それでは昨日に引き続きまして、2018極私的映画ベスト10.5位から1位までを紹介させていただきます

5位・・・ちはやふる ~結び
  昨年の「上の句・下の句」に続く完結編。原作では未だ続いている作品を映画ではどう終わらせるのか、納得のいく終わり方になるかどうか期待と不安を持って観ましたが、見事な終わり方でした。またひとつ青春映画の名作が誕生しました

   4位・・・殿、利息でござる

    「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゴールデンスランバー」の中村義洋監督作品。相変わらず伏線の回収と最後に感動を呼ぶ撮り方はお見事。阿部サダヲさん主演ということでコメディかと思いきや、がっつりと感動作でした

3位・・・グレイテスト・ショーマン

    他の作品によっては年間1位になる可能性のあった作品。虐げられた人々が居場所を見つけ、輝いていく姿は感動的。歌の力がすごい

2位・・・ボヘミアン・ラプソディ

    1位にするか、かなり迷いました。クイーン大ファンの私のみならず、今年度公開された中ではNo1かも。きらびやかな世界で生きるフレディの、ぬぐい去れない孤独が胸に刺さります。名曲の数々は素晴らしいの一言

 そして今年の第1位は・・・

1位・・・マイ・インターン

    ロバート・デ・ニーロの新境地。そろそろ老年期に入る(笑)私の、これからの生き方を示唆してくれた作品。これもまた映画の意義・楽しみ方のひとつだと思います

 こうやって振り返ると、今年もいい映画にたくさん出会えました。来年もまたいい映画にたくさん出会いたいなあ。みなさんもいい作品があったら、また教えてくださいね

 写真は、昨年の第1位「彼女がその名を知らない鳥たち」です。

 

 

« 2018・極私的映画ベスト10・・・その1 | トップページ | 2018・今年も”花園”に行ってきました »

映画」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

洋画が1位2位しめてますね!
グレイテストショウマンは面白かったですね〜
わたしも面白かった映画ランキングしないと〜!
来年もたくさんのいい映画に出会いたいですね😊

もぐさんへ

 そうなんです。邦画好きの私には珍しいですね(笑)。ボヘミアン・ラプソディを一位にしようかと思ったのですが、やはり影響を受けたという意味で「マイ・インターン」が1位でした。もぐさんのベスト1も教えてくださいね。興味深いです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018・極私的映画ベスト10・・・その1 | トップページ | 2018・今年も”花園”に行ってきました »