フォト
無料ブログはココログ

« 秋の深まり | トップページ | それでも、強くなったと言おう!・・・ラグビー日本代表vsオールブラックス(2018.11.3) »

2018年11月 1日 (木)

『 縁見屋の娘 』(三好昌子・著)読みました

Img_3753 いつも贔屓にしている古本チェーン「古〇市場」に先日たまたま寄りまして、安値で特売している中に見つけたのがこの本。京都が舞台ということで買ってみたのですが、これがなかなかの拾い物でした
 江戸時代のお話ということもあって、敬愛する高田郁さんの香りも漂っております。正直、ちょっと詰めが甘いかな~と思うところもあるにはあったのですが、それでも全体的には十分楽しむことができました。「縁見屋の娘たちの秘密」そして「帰燕さま」の秘密など、最後まで興味を失わずに読むことができました
 あと、出てくる地名が愛宕山も含めて、大体知っているところばかりでしたので、あのあたりだなあと想像しながら読むことができました。
 なかなかおもしろい本作。続編も出ているとのことですので、またそちらも探してみたいと思います
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 秋の深まり | トップページ | それでも、強くなったと言おう!・・・ラグビー日本代表vsオールブラックス(2018.11.3) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の深まり | トップページ | それでも、強くなったと言おう!・・・ラグビー日本代表vsオールブラックス(2018.11.3) »