フォト
無料ブログはココログ

« 自分としては、いい仕事ができたと思ってます | トップページ | 今朝の「朝日新聞朝刊」35面に泣く! »

2018年11月12日 (月)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」観てきました

Img_3828 もうね~、どうにも我慢ができなくなりまして、本日仕事終わりで映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。かのロックグループ「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーの伝記映画です
 私、中学生のころから「クイーン」の大ファンで、LPレコードはすべて持っております。初めて聞いたのはクイーンが「華麗なるレース」を出したころ。「オペラ座の夜」や「シアーハートアタック」などなど、聴きまくっておりました。”ウイ・ウイル・ロック・ユー”や”伝説のチャンピオン”が収録されておりますアルバム「世界に捧ぐ」は予約して買いましたよ。発売日にレコードやさんに取りに行って、レコード針を落とした瞬間の「ドンドン・チャ」といいうあの音を聞いた時の衝撃は、今でも忘れられません。 
 で、そのフレディの伝記映画ということで早く観に行きたかったのですが、なにせ忙しかったのです。でも、どうにもこうにも我慢ができなくて・・・。
 いや~、泣けた泣けた。クイーンを聴きまくっていた当時には思いもしませんでしたが、フレディの孤独が浮き彫りになり、痛々しいほどでした。まあ、詳しい感想は近々、「映画の話」で書かせていただきます。
 でもね~、フレディーもそのほかのメンバーも、まったく違和感なし。見事に似ておりました。雰囲気も。地味なジョン・ディーコンも派手なロジャーも、そのままでした。ブライアン・メイもね。ファンとしても満足。そういや、クライマックスのライブエイドも、リアルタイムで見て、聴きました。TV中継もありましたが、ラジオではオールナイトニッポンで生音と解説(紅白歌合戦みたいな感じです)が放送されていました。
 懐かしくて、切なかったです、ファン以外の方はどう思うかわかりませんが、私は琴線にビンビン響きました。
 そうそう、どの映画館でもパンフレットが売り切れだと聞いていましたが、私が観に行った映画館でもそうでした。残念です。

« 自分としては、いい仕事ができたと思ってます | トップページ | 今朝の「朝日新聞朝刊」35面に泣く! »

音楽」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分としては、いい仕事ができたと思ってます | トップページ | 今朝の「朝日新聞朝刊」35面に泣く! »