フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1392 「 宇宙兄弟#0 」 | トップページ | カープ赤松さん、これからも応援し続けます! »

2018年10月 1日 (月)

映画の話・1393 「 唐山大地震 」

155703_11 2010年の中国映画です。

 
震災はいろんな人の人生を大きく狂わせるということを、改めて実感しました。それは阪神大震災や東日本大震災でも同じことで、「命を奪われる」というのはもちろんのこと、被災された方一人ひとりの人生が大きく変わってしまうということを、この映画ではリアルに描いておりました

 そして、その人生を大げさではなく丁寧に描いているところが、より心に刺さりました

 どこにぶつけることもできない怒り。「押し付けられたものをおとなしく受け取って、おとなしく生きていくことが我々生き物のさだめだ」とは中島敦さんの「山月記」の中の一節ですが、納得できないいろいろなことを自分の中で消化して、私たちは生きていかなければならないのですねえ。重厚な、切ない映画でした

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1392 「 宇宙兄弟#0 」 | トップページ | カープ赤松さん、これからも応援し続けます! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1392 「 宇宙兄弟#0 」 | トップページ | カープ赤松さん、これからも応援し続けます! »