フォト
無料ブログはココログ

« 『かがみの孤城』(辻村深月・著)読みました | トップページ | 人間万事塞翁が馬 »

2018年10月28日 (日)

”2018本屋大賞”

Img_3789 昨日書かせていただきましたように、昨日早朝、『かがみの孤城』(辻村深月・著)を読み、いたく感動いたしました
 この本、ご存知の方も多いかとは思いますが、2018年の本屋大賞受賞作なのですよね~。
 世の中に「本」に対する賞も数知れずありますが、私が一番信用している(つまり、受賞作が確かにおもしろい)のがこの「本屋大賞]
なのです。はっきり書いて申し訳ありませんが、例えば「有名」という点でいえば直木賞そして芥川賞の方が断然有名ですよね。でもね、個人的には直木賞作品を読んで「え~っ、あまりたいしたこと、ないなあ」などと思うことも少なくないのです。
 でもね、この「本屋大賞」は、だいたい外れなし。ここ数年はベスト10に入った作品をたくさん読んでますが、だいたい感動・共感できます
 2018年のものも、今日現在10作中6作読みました。1位でありました「かがみの孤城」、私が評価しても断トツでした
 2位の「盤上の向日葵」は私にはあまり響かなかったかな。個人的には6位の「騙し絵の牙」の方がおもしろかったです。4位に入った原田マハさんの「たゆたえども沈まず」は個人的には今一つでした。8位の「崩れる脳を抱きしめて」、深みはありませんでしたが、それなりに気持ちを入れて読ませていただきました。そして10位「キラキラ共和国」。これはもう本当にハッピーないい作品でした。「ツバキ文具店」の続編として、期待を裏切らない出来でした
 これからも「本屋大賞」頼りにさせていただきます。そして、すでに読んで気に入ったものが本屋大賞にノミネートされればいいなあ

« 『かがみの孤城』(辻村深月・著)読みました | トップページ | 人間万事塞翁が馬 »

」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは😃
本屋大賞いいんですね、一応有名な賞は初めて読む作家さんだと気にしてみますけど。
今読んでる吉本ばななさんのエッセイ読んだら、ちょっと持ってる本の読み返しをしようと思っています。
わたしも次買う時は本屋大賞チェックしてみますね❤️

もぐさんへ

 上でも書きましたように、「本屋大賞」受賞作及びランクに入った本は、どれもそれなりにおもしろいです。特に今年は1位の「かがみの孤城」、選考でも断トツ一位だったそうですが、うなづけます。よかったらまた読んでみてくださいね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『かがみの孤城』(辻村深月・著)読みました | トップページ | 人間万事塞翁が馬 »