フォト
無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

被害は最小限に・・・

Img_3730 今日は台風が近づいていることもあって、お休みでした。朝のうちはお天気も単なる「曇り」でしたので、何度かポケ散歩に行きました。月末で、ギガも使い放題的な感じでしたし
 そして映画を2本観て、先ほどもう一度ポケ散歩に行ってきたのですが、そろそろ雨風が強くなってきました。いよいよ・・・ってところですか
 私の住む大阪中南部、台風が通過するのは夜の9時ころらしいです。今から日付が変わるころまではかなり荒れた天気になるんでしょうねえ
 前回の台風でかなり大きな被害が出た大阪、今回は事前の対策も万全だとは思いますが、とにかく被害が少ないことを祈ります。うちも何もなければいいんですけど。
 これから台風が行く地域のみなさんも、しっかり対策しましょう。みなさんのところでも、被害が少なくて済みますように。
 写真は、今朝ポケ散歩中に撮ったものです。しっかり対策、されてます

2018年9月29日 (土)

2018・夏ドラマ、見届けました。

Img_3683 少しばかり書くのが遅くなった気がしますが、この夏楽しませていただいた夏のドラマについていろいろ書かせていただきますね。「高嶺の花」と「チア☆ダン」については以前に書かせていただきましたが
 まずね、TBS系「義母と娘のブルース」。放送中、かなり話題になりましたよね。視聴率もかなり高かったようです。私も楽しませていただきました。綾瀬はるかさんの特徴的な演技もよかったですし、上白石萌歌さんの演技もよかった。子ども時代を演じた子役さんの演技を踏襲して、魅力的な演技でした。でも、このドラマの竹野内豊さん、良かったなあ。
 そしてフジ系「健康で文化的な最低限度の生活」。こちらの視聴率は低迷していたようですねぇ。扱った内容が硬かったからですかねえ。でも私はこちらのドラマもとってもよかったんですけどねえ。出演しておられたみなさん、魅力的でした。そして難しい問題にみんながチームで取り組んでいるのも、とってもうらやましかったなあ
 そしてTBS系「この世界の片隅に」。これは安定のドラマでしたねえ。ラストの現代のシーンは賛否あると思いますが、それも含めて、とってもよかったです。松本穂香ちゃんも可愛かったですし、他のみなさんもよかったです。
 さあ、もう少しすると秋ドラマが始まります。またいいドラマと出会いたいです。もしおすすめがありましたら、教えてくださいね

2018年9月27日 (木)

『花だより ~みをつくし料理帖 特別編 」(高田郁・著)読みました

Img_3692 いや~、待ちに待ったといえば待ちに待った本作、発売されてすぐに買って、すぐに読みましたよ
 髙田郁さんが現在執筆されている「あきない世傳 金と銀」をお休みされてまで書かれた本作は、あの名作「みをつくし料理帖」の続編・完結編です
 続編と書きましたが、実際には「スピンオフ」といった方が正しいんでしょうねえ。澪の周りの人の日常は書かれているのに、澪ほんにんがなかなか出てこない。じらされてじらされてようやく登場した時には、懐かしい友人にようやく出会えたような気がして、心を震わされました。そしてラストも澪のこれからお幸せを予感させるような終わり方。自分もまだまだ頑張らなければと力をもらいました
 巻末のみをつくし瓦版を読みましたら、これでシリーズは完結とのこと。本当に寂しいですが、このシリーズに出会えたこと、本当に幸せでした。まだ読んでおられない方には、ぜひぜひ、お勧めします。
 私の評価:シリーズ全体で、もちろん☆☆☆☆☆満点です。

2018年9月26日 (水)

『演歌の乱 2018』(2018.9.25放送)観ました

Img_3724 昨夜、TBS系で放送された「演歌の乱」観ました。演歌歌手のみなさんがJポップを歌うということで、その違和感の新鮮味を楽しむ、といった趣向です。そしてみなさん基本的に歌がうまいということで私も楽しませていただきました
 う~~ん、みなさん本当にうまい。安定の歌声。どの方も素晴らしかったですが、特に徳永ゆうきさんの「Lemon」はよかったです。もう本当にお見事でした。
 あとね~、やっぱり最後に歌われた細川たかしさん。すごかったですね~。TUBEの「さよならイエスタデー」をうたわれたんですが、本当にすごかった。すごすぎてわらけてきました。こんなことってあるんですね~。いえ、一言で言えば、とってもうまいのですよ。でもね、うますぎてわらけてきた、ということなのです。これ、you tubeなどに上がってるんじゃないかと思うので、まだご覧になっていらっしゃらない方は、ぜひ見てほしいと思います。ちょっと、革命的ですよ~。
 まあ、そんなこんなで、楽しませていただきました。やっぱり「本物」に触れるのはいいなあ、楽しかったです。
 写真は、先日天王寺で撮った、「下町とハルカス」です。

2018年9月25日 (火)

映画の話・1390 「 グレース・オブ・モナコ 」

164835_11
 2014年のフランス映画です。
 
 まず何といってもニコール・キッドマンさんの美しさが際立っていました。もう、このためだけに観てもいいぐらいです。でもね、お話もなかなか良かったです。私、グレース・ケリーについてはそれなりに知っているつもりでしたが、このような苦悩があったなんて、そしてその中で「ある決断」をし、モナコを守ったなんて、知りませんでした。最後のニコールの「演説」は見事でした。名シーンです


 もちろん、映画の最初に「お断り」がありますように、すべてが真実というわけではないようです。どの程度フィクションなのか、気になるところです・・・。でもね、少々フィクションが入っているとしても、この作品のニコール・キッドマンさんのたたずまいは本当にお見事です。まさに「凛」といった感じでした

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)


 

映画の話・1389 「 誘惑は嵐の夜に 」

51o0dhzozvl_sl160_1 2016年の日本映画です。

 う~~ん、「テーマ」と言いますか、伝えたいことは結局何だったのでしょうか?「自分の人生を大切にしなさい!」ってところでしょうか


 正直ね~、お話も展開も演技もいま一つではあったのですけどね、でもまあ、それでも「腹が立つ」「時間を返せ!」って程でもなかったので、とりあえず☆は3つってことで。

 

私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1388 「 超高速!参勤交代 リターンズ 」

168883_11 2016年の日本映画です。
 
 前作もよかったですが、今作もよかったです~。娯楽的な要素がたくさんあって、それだけでも楽しめるのですが、実は結構深い!。自分に攻撃を仕掛けてくる相手に手を差し伸べるなんて、現在の不穏な社会情勢に対する一つのメッセージなのではないかと思うぐらいでした

 
 そんな風に考えていくと、福島という土地柄も考えると陣内さんは「福島に災いをもたらすもの(=震災も含めて)すべて」の象徴・権化という風にも考えられますし、それに対して佐々木蔵之介さんはじめ湯長谷藩のみなさんは「それらに負けない心」を象徴しているのでは・・・などと、いろいろと考えながら楽しく観ることができました

 人間が生きていくうえで大切なことは、「人に対して誠実に接する心」そして「自分に害をなしてくる相手に対しても、思いやりの心をもって接する」こと。他にもいろいろなことを考えさせられました。私はそこまで人間ができていませんが、楽しくて考えさせられる、まさに「娯楽映画の王道」といった感じがしました。ストレートに、おもしろかったです!

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)
 

 

映画の話・1387 「 雨にゆれる女 」

167593_11 2016年の日本映画です。

 
う~~ん、雰囲気はとっても「思わせぶり」なのですが、ネタの回収がちょっと弱いかなあ。映画の後半にそれまでの「謎」が解き明かされていくのですが、正直「予想通り」でこれといった衝撃もありません。青木崇高さんのお芝居などはとっても良かったんですけどね~。ちょっと残念でした 

 私の評価:☆☆(5つが満点です)

 

映画の話・1386 「 マイ・インターン 」

168070_11 2015年のアメリカ映画です。

 
いや~、もうね、素敵な映画でした。いろいろな年齢・立場で、様々な角度から見ることのできる作品だとは思いますが(いや、どんな映画でもそうなのかもしれませんが)、そろそろいい年齢になって人生の最後をどんなふうに生きていくかを模索している私にとっては、この映画のデ・ニーロさんはまさに「お手本」。私の理想の生き方はこれだ~!と膝を打ちました

 今まで重ねてきた人生経験をもとに、自分をそして他人を幸せにすることを考える。そして決してその経験をひけらかさず黒子に徹する。長く生きてきて、たどり着くべきところは「ここ」なのだと思い知らされました。本当にいい映画でした

 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です)

2018年9月24日 (月)

勘違いしちゃ、ダメよ!

Img_3721 今日は三連休唯一のオフ。お彼岸ということで、朝から墓参りならぬお骨佛参りのために、天王寺は一心寺に行ってきました。実は今、お彼岸だと気づき、行こうかな~どうしようかな~、とちょっと迷ったのですが、こういうことって一度考えてしまうとだめですね、もし今後なにか嫌なことがあると「あの時行かなかったから・・・」なんて考えてしまう。特に私は現在、「運」に支配された人生を送っている。ですので、行ってきました。これでまた仏様やご先祖様が私と家族を守ってくださるでしょう(笑)。

 ところで、最初の写真。今朝、一心寺に行く前に撮ったものです。天王寺の歩道橋から見た、通天閣その他の写真です。いかにも大阪らしくて好きな景色なのです
 左端に通天閣があります。そして右端に、お城のような建物が。これ、私の周りには「子どもの頃はこれが大阪城やと思ててん」という人、けっこう多いんですよね。ですので、はっきり言っておきます。この右のお城のような建物は、ラブホテルですよ。大阪城ではありませんよ。間違ってはいけませんよ。
 でも、通天閣と大阪城が一緒に見えたら、ほんと、ザッツ大阪です。ちなみにハルカスはそば過ぎて、写真に一緒には写りません。だって、横にあるんですもん。

テレ朝系ドラマ「 指定弁護士 」(2018.9.23放送)観ました

Img_3718 昨夜放送された2時間ドラマ「指定弁護士」観ました。このドラマの見どころは、まず何といっても北川景子さんと北村一輝さんのやり取りでしょう。この二人がどうやって事件を解決していくのか、というあたりでしょうか。そして舞台が「京都」であること。このお二人で「京都」。少し違和感はあるのですが、観てみるとその違和感は全く感じませんでした
 そして実際に観た感想。おもしろかったです。深すぎないテーマである意味気軽に見られて、そして北川景子さんの美しさも堪能できる。他の出演者も豪華で、味があって、楽しめました。
 これ、連続ドラマ化するんじゃないですかね~。私が考えたところによりますと(いえ、勝手に考えただけですけど・笑)、木曜ミステリーの枠で一番人気なのが「科捜研の女」。その後釜にと考えているんじゃないでしょうか。沢口靖子さんも長くやられておりますし、次のヒロインを北川景子さんに、と考えているんじゃないでしょうか。「さあ、裁判するわよ!」を決めぜりふとして
 まあすべては今回の視聴率次第だと思いますが、私としては、シリーズ化してほしいなあ・・・

2018年9月23日 (日)

ええから!いうてる道通り!

Img_3627 今日は久々に”お楽しみ”に参加してきました。今日で102作品め。でもね、初めてのことを経験しました。いや、別に大したことではないのですが、実は・・・寝坊しました
 4時に起きて5時に出発しようと思っていたのですが、気が付くと5時10分前。慌てて起きて準備をし、5時過ぎに出発しました。集合時刻には、何とか間に合いましたが、肝を冷やしました


 そして”お楽しみ”自体は本当に楽しめました。有名な方にあったり、自分が映ったりということも楽しいんですが、みんなで一つのものを作り上げているという”一体感”がたまらないのですよね。今日も十分堪能しました
 で、その帰り、ナビを入れて車で帰ったのですが、いつも通ってる道と違う道を示してくる。僕としては何かしら気持ちが悪いので、元の道を行こうとするのですが、それでも信号で停まるたびにいつもとは違う道を示してきます。まるで「ええから!言うてる道通り!!」と言ってるみたいでしたので、結局その道を通ってみました。結果、正解でした。いえ、元の道を通ったらどうなっていたかはわからないのですが、今日通った道で帰って、渋滞にも巻き込まれませんでしたし、スムーズに家に帰る着くことができました。ナビの言う通りいって失敗することもあるのですが、最近のナビは精巧にできているようです

2018年9月22日 (土)

今年も務めてまいりました・・・2018トップリーグ

Img_3693 今年も務めてまいりました。ラグビー・トップリーグのAR(アシスタント・レフリー)です。ここ数年、私が所属する県で試合が行われる時には、レフリー団の一人として関わらせていただいています。今年もまたお話をいただきました。

 プロの試合のレフリーですからね、やっぱりかなりプレッシャーがかかります。試合の前には、「やっぱり断ればよかったかな~」なんて思います。でもね、終わってみれば、「やってよかった」ってなるんですけどね

 でも、毎回書いていますが、元々単なるラグビー好きのオジサンが、よくここまで来たなあと思っています。単なるプロ野球ファンがプロの試合で3塁の塁審をやっているようなものですからねえ。

 で、今日も、特に問題なく役目を終えることができました。シンビン1回に、脳震盪疑いが3人も出た激しい試合でしたが、まあ、それなりに役目を終えることができました。よかったです。また来年もお声がけいただけたら嬉しいなあと、試合が終わった今は思っています
 私もそろそろいい歳ですので、やめどころを考えています。もうすぐ高校大会が100回を数えます。私も100回まで出場することができたら、それを機に引退・・・と考えているんですけどね。そこまで身体が持てば、の話ですけれど

2018年9月21日 (金)

靴下が濡れる日

Img_3668 私、朝起きるとまず靴下を履きます。裸足でうろうろ、というのがあまり好きではないからです。 


 で、その後まずするのは仏壇にご飯を上げて合掌。そしてそれから犬の散歩です。
 私の住む大阪中南部、今朝は雨。激しい降りなら長靴を履いていくのですが、今日はいいかなあと思っていつものようにサンダルで行きました。・・・はい、帰ってくるまでに靴下がびちょびちょになりました
 本日は出張。普段より遅い時間まで家にいて、バイクで行こうか車で行こうか、空と相談しながら思案。家を出る時には雨が上がっており、天気予報の雲予想と考え合わせまして、バイクで行くことにしました。はじめは順調だったのですが、山を越えて隣県に入ったところで雨が降り出し、結局、けっこうな雨の中を会場にたどり着きました。・・・はい、せっかく履き替えた靴下も、またもやびちょびちょです。結局、そこでの仕事が終わるまで、ずっとびちょびちょの靴下のままでいました

 靴下がびちょびちょなのって、いやですよね~。でも、今日はそんな日でした。まあ、たまにはこんな日もあるか・・・てところです。仕方ない

2018年9月20日 (木)

これぞ、歌ネタ!・・・歌ネタ王決定戦2018観ました

Img_3683 昨日の夜は、TBS系「歌ネタ王決定戦2018」を観ました。正直、このコンテストは毎年それほど面白くないんですよね。まあ、”歌ネタ”はやっぱり特殊ですから、それで爆発的な笑いを獲るのは、やっぱりむつかしいですよね
 でもね、今年は少し違いました。普通の漫才やコントにちょっと歌を絡ませるだけで”歌ネタ”と称している方もいらっしゃいましたが、今年決勝に進出した3組、いや、惜しくも4位で決勝進出を逃した”ニッチェ”も含めた4組は、しっかりと”歌ネタ”で勝負していました。そしてそれがとってもおもしろい。どのコンビのネタもお腹を抱えて笑ってしまいました。ただ、どのコンビも予選でのネタの方がおもしろかったですけどね
 惜しくも3位だった”アイロンヘッド”。正直、知りませんでした。でも、とってもおもしろかった。特に楽器をされていた方の方、本当に音楽的にスゴイ。決勝戦でのギターも上手かったですが、予選でのいろいろなテクニックを駆使した”い~やや、こやや~”は見事でした
 そして2位”どぶろっく”。もう本当にこの道の王道を見せていただいた思いです。そして「予選の方が面白かった」と書きましたが、決勝であのネタを持ってきたときに、どぶろっくの心意気を見たような気がしました。それでこそどぶろっくです。個人的にはどぶろっくが優勝かなあと思ったことも付け加えておきます。
 そして1位。”メンバー。”これはみなさんも度肝を抜かれましたね。もちろん私もです。知りませんでした。でも、あの予選のネタ、衝撃でした。おもしろくて、聴いてて気持ちがいい。これは今後話題になるかも、です。ただ、同じことばかりしていると飽きられてしまうので(つまり、いい曲でも何度も聴いていると飽きるのと同じです)、そこは工夫が必要だとは思いますが。
 ということで、正直まったく期待していなかった番組ですが(見ないでおこうかと思っていました・笑)、観てよかったです。音楽好きな私としては、とってもとっても楽しめました

 追記:こうやって考えると、ミュージシャン”レキシ”さんなんかも、もしかしたら歌ネタかもしれませんね(笑)。

2018年9月19日 (水)

長居公園で、もうひとつ

Img_3675 続けて、長居公園ネタ。先日日曜日に
長居公園に行きまして、もう一つ驚いたこと。もう一つ、といいますか、到着してまず驚いたのは、これです。

 公園内に木が倒れまくっている。いや、1本や2本ではなく、もうそこらじゅうで倒れていました。

 これ、先週の台風の影響ですよね。TVのニュースでも車が倒れたりする映像を見て、えげつないなあと思っておりました。dも、このような様子を目の当たりにすると、本当にすごい台風だったんだなあと改めて思わされました。

 私も大阪府在住なのですが、ちょっと場所が違うとこんなに違うのかと思いました。本当に今回の台風では、自然を舐めてはいけないなあと心を引き締められました。

2018年9月18日 (火)

こんな楽しみ方があったのか!・・・9/16 B’zのライブ

Img_3678 昨日も書かせていただきました、先日日曜日のことです。大阪は長居までラグビーを観に行ったのですが、駅を降りてしばらく歩き、長居公園内に入りましたら、予想外の人・人・人。休日の公園はにぎわってるんだな~なんて思いながらラグビーが行われる競技場に向かって歩いていくと、ますます人が増えてくる。そして、なにかしら集まっている方々に妙な共通点が感じられてくる・・・。

 ラグビーってこんなに人気があったのか・・・なんてちょっと思いながら、でもそんなわけないなあ・・・なんて自問自答していると、わかりました。ラグビーの競技場の横のメインのスタジアムで、B’zのライブが行われるということだったのです

Img_3676 なるほど~と思いながらその方々に紛れてグッズ売り場などをうろうろして、まるでそのライブを観に来たようにして、ちょっと楽しませていただきました。私も音楽大好き、ライブ大好きですから


 なるほどな~と思いながらしばらくうろうろし、その後その会場を後にして隣のラグビー会場に向かい、ラグビーの試合を楽しんだのですが(昨日書かせていただいた記事です)、驚いたのは実はその後


 夕方6時30分すぎくらいに試合が終わりまして、競技場を出てきますと、隣の会場ではB’zのライブが始まっているはずなのに会場の外にはまだまだたくさんの人が。これは何だ~と考えて、すぐにわかりました。この方々、外に漏れてくる音を楽しみに来ておられるのです
Img_3688 確かにここはいわゆるコンサートホールではありませんので(長居のヤンマースタジアムです。普段はサッカー・セレッソ大阪の試合なんかが行われています)、外に音がめっちゃ漏れてくるんです。外にいても、もう普通に聴けます
 で、外におられる方方はもう大げさでなくたぶん1000人以上おられたと思います。みなさんシートを敷いて、お酒などを飲みながら自由に楽しんでおられました。この夏の終わり・秋のはじめの時期、夕涼み感覚で楽しんでおられる。ライブにはこんな楽しみ方があるのか~と、新しい発見に膝を打ちました。家にこもっているのではなく、外に出ると何かしら楽しいことに出会えますね~
Img_3687
 私が出てきたとき、ちょうど稲葉さんがメンバー紹介をしているところでした。そしてギターの松本さんが紹介された後、ソロを弾いておられるのを聞きながら、長居公園をあとにしました。「星に願いを」のフレーズも聴こえてきたな~
 何かしら得したような気持ちで、家路につきました

2018年9月17日 (月)

来年こそはトップリーグで・・・

Img_3681 この3連休、私が午前は仕事、昼からはお休みという日々です。昨日は夕方から長居・キンチョウスタジアムで行われたラグビー・トップチャレンジリーグの試合を観に行ってきました。トップチャレンジリーグというのは、トップリーグの一つ下のリーグで、来年度トップリーグに上がるためのリーグです。

 昨日観に行ったのは、NTTドコモvs三菱重工相模原の試合。NTTドコモは昨シーズン、近鉄とともにトップリーグから降格しちゃったんですよね。なんとしても今年また昇格しないと、下部リーグ慣れしてしまうとだめですからね。


Img_3685_3  NTTドコモにはかなり密接に知っている選手が2人います。そんなこともあって、応援しているのです。ちなみにそのうちの一人は、昨日の試合にも出場しました


 試合の方は31-12で完勝。試合前は僅差が予想されましたが、終始主導権を握る戦いぶりで、安心して観ていられました。この調子で残りの試合も勝ち続けて、入れ替え戦でも勝って、このままトップリーグに上がってほしいものです

2018年9月16日 (日)

樹木希林さん、ご冥福をお祈りいたします。

166828_11 今日は先ほどまで出かけておりまして、そのことを書こうかと思いPCを立ち上げましたら、なんとなんと樹木希林さんが亡くなられたとのニュースが目に飛び込んできました


 以前から全身ガンであると公表されていた希林さん。でも、普段の飄々とした様子から、いつまでも長生きされるのでは・・・と思っていたんですよね。ですから、あまりに突然の訃報に、正直、茫然としております


 映画好きの私、現在の日本の女優さんで一番うまいのは樹木希林さんだと、常々思っておりました。若い実力派の女優さんを見ると、将来希林さんのようになれるかどうかが、評価のひとつの指標となっておりました。今でも、「あん」や「悪人」での演技は思い出すだけで涙がこぼれそうです。

 希林さんが亡くなられて、日本映画界は大きな穴が開いたような気がしています。この穴を誰が埋めてくれるのか・・・。また見守っていきたいと思います。ただ、今は、希林さんおご冥福をお祈りしたいと思います。本当にいろいろ楽しませてくださって、ありがとうございました。安らかにお眠りください。

 写真は、映画「あん」より。

2018年9月15日 (土)

金曜日の夜は、「チア☆ダン」を観て、泣く!

Img_5215 7月に始まりこの夏楽しませてくれたドラマも、次々と最終回を迎えておりますねえ。今週はまず日テレ「高嶺の花」が終わりました。意外に、といえばちょっと批判めいた感じになてしまうかもしれませんが、普通にハッピーエンドで、まあ「よかったねえ」って感じでした。この後二人は「食って行けるのか?」とかってちょっと思ってしまいましたけれど


 そして昨夜はTBS系「チア☆ダン」が終わりました。私、このドラマ、観るうちにどんどん心をつかまれていって、ラスト4週くらいは毎回泣きながら見ておりました


 内容は言ってみればスポ根もの。今の時代、そんなの流行らないんじゃないの?とも思うのですが、これがやっぱりいいんですよね~。メンバーのみんなの「まっすぐな気持ち」がまぶしくて、自分にもこんな頃があったなあって、昔を思い出して涙涙。一週間日々の生活で汚れた心を、金曜夜のこのドラマがきれいにしてくれていました。そして流れるサンボマスター。こっぱずかしいくらいのド直球の歌声に、その演技に涙が止まりませんでした。
 最終回の昨日も見ごたえがありましたねえ。お話の方は、まさにちょうどいい。あれがベストでしょ。そして出演者のみなさんが本気で練習したんだなあと思われるダンス、見ごたえがありました。このドラマに出演したみなさんは、今後もプライベートでも仲良くされるんでしょうねえ。もしかしたら一生の友達になったかも。来週からはなにで汚れを落としてもらおうか思案中です(笑)。

 さあ来週は、その他の今まで観ていたドラマが最終回を迎えます。こちらもどんな結末を迎えるか、とっても楽しみです

 写真は串本で見つけた、スイミーの壁画です。

2018年9月14日 (金)

夢の秩父宮(♪「夢のカリフォルニア」の節で♪)

Img_3674 この週末、ラグビートップリーグでは第三節(三試合め)が行われます。とは言いましても、私が応援する神戸製鋼は先週の試合が北海道開催予定だった関係もあって(順延になりました)2試合めになります。

 まあ、細かいことは置いておきまして、本日、神戸製鋼と昨年の覇者・サントリーの試合が行われました。結果は、36-20で神戸の勝ち。結果から見れば初めから終わりまで、神戸としては危なげない試合運びで完勝。とっても溜飲が下がりました


 ところでこの試合、今シーズンから神戸に加入した世界のスーパースター、ダン・カーターが初めて登場しました。ラグビー好きの方以外には伝わりにくいでしょうが、彼はオールブラックスでキャップ(代表戦出場)112試合。本当に超スーパースターなのです。わかりやすくサッカーで例えるならば、クリスティアード・ロナウドがJリーグでプレーするようなもの。パスもキックも、立ち姿までも、彼のプレーには本当にワクワクしました。ちなみに写真がダン・カーターです。イケメンでしょ

 おまけに、同じ神戸にはアダム・アシュリークーパーもいるし、相手のサントリーにはオーストラリアのスーパースター、マット・ギタウはいるしで、ナイターでやっていることも相まって、「この試合はスーパーラグビーか?それもオールスター戦か?」などと思いました。試合を観ている時間はほんとうに夢のような時間でした


 こうやって世界各国から、すごい選手が日本に集まってきています。ラグビーに興味がない方も、ぜひ見ていただきたいと思います。そして来年日本で行われるラグビーワールドカップを成功させていただきたいです。よろしくお願いします。

2018年9月13日 (木)

映画の話・1385 「 アズミ・ハルコは行方不明 」

Gsmxlbf_400x4001 2016年の日本映画です。

 
まず、時系列がわかりづらいので、はじめは”?”となります。でもね、そのうちわかってくれば、それなりに納得できます。それは、お話の方もそうです。はじめは「なんのこっちゃ」感が強いのですが、そのうちに「ああ、こういうお話なのか~」と分かってきます

 田舎(都会から少し離れた、郊外の都市)に住む女の子の閉塞感を描いているんですよね。でも、これ、女の子に限ったことではないのかもしれませんが。その「どうしようもなさ」がよく表れている気がしました。そして、どうしようもなくなったら、「行方不明」になってしまうのも一つの手だとのメッセージも、アリだと思いましたよ

 蒼井優さんの不思議な存在感が、この作品にも魅力を加えていると感じました。そして高畑充希さんの軽薄な演技も、意外性があってよかったと思います。そうそう、あの蒼井優ちゃんの顔のアイコン、あれはよくできてますねえ。Tシャツなんかのデザインにしたらいいのに。ちょうどゲバラのアイコンのような感じで。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1384 「 PASSION 」

Img_5055 2008年の日本映画です。

 
のちに「ハッピーアワー」などで評価される濱口監督お得意の会話劇です。「ハッピーアワー」同様、他人の会話を盗み聞きしているような不思議な感覚に陥ってきます。一見仲よさそうに見えても、人間関係ってやっぱりむつかしいですね

 世間の評価がかなり高くてびっくり!でも私にとっては正直それほどでもなかったかな。おもしろかったことは否定しませんが、観終わって何が残ったということでもありませんでしたのでね
 
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1383 「 名探偵コナン / から紅の恋歌 」

172035_11 2017年の日本映画です。

 
コナン映画、それに舞台が京都とあっては、観ないわけにはいきません。今作も安定のおもしろさでした。今回は百人一首がテーマとあって、人気作”ちはや〇る”とのかぶりが気になりましたが、あっちはあっち、こっちはこっちですよね

 決勝が行われた建物自体やそのあとの脱出劇には、ちょっと大げさすぎて「そんなことはないだろ~」「それはムリだろ~」と突っ込みを入れたくなりましたが、それも含めてコナン映画。楽しませていただきました

 京都をテーマにした繊細な日本情緒と、コナン映画らしい大胆な推理そして脱出劇。それらがいい具合にミックスされて、なかなかの名作でありました 

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 

2018年9月11日 (火)

「さよなら、田中さん」(鈴木るりか・著)読みました

Img_3569_2 少し前からかなり話題になっていた本作、いつも利用している近所の図書館にありましたので、順番を待って借りてきました

 はじめはね、「小学生の書いた本だから(現在の作者・鈴木るりかさんは中学生なのですけれど、ここに収められている作品を書いたときはまだ小学生だったそうです)、どの程度書けてるんだろう?」「よし、おじさんがちょっと読んでやろう」・・・って感じで、かなり上から目線で手に取ったのです。ところがところが、読んでいるうちにまさか泣かされるとは思いませんでしたよ

 小学6年生の女の子と、その母さんが主人公。お母さんは女手一つで主人公を育てています。この育て方が豪快・豪放。そして周りの方々も温かくていいんですよね~。笑って泣いて、ほんといいお話です。そして、最後のお話・表題作「さよなら、田中さん」はクラスメイトの目から描いた田中さん、そしてそのクラスメイト自身のお話。これがねえ、もう泣かせるんですよ。切ないんです。個人的にはこのお話の続きが知りたい。ぜひ書いてほしい。三上君に幸せになってほしい

 ちょっと違う視点から言いますと、登場人物一人ひとりをものすごく客観視して書けている。これが小学生にできるというのは、本当に凄い。末恐ろしい(笑)。作者のるりかちゃんは幼い時からしっかりした大人がそばにいて、いろいろな言葉を聞いて、自分の世界を構築していったのかな?

 でも本当にこれは一読に値します。おすすめです。

 私の評価:☆☆☆☆☆(「模倣犯」とか「ユリゴコロ」とはまた違った意味で、満点です)

2018年9月10日 (月)

いつのまにやら、目標達成!

F0153064_093946801  普段ここでは”お楽しみ”と書かせていただいているのですが、今回はもう少し突っ込んで書かせていただきますね

 私、人に訊かれたら「趣味は、映画です」と答えております。それを聞いた人は「映画鑑賞だな」と解釈してくれるのですが、じつはそれだけではありません。もちろん映画を観ることも大好きですが、それよりも好きなことは「映画に出ること」なのです。いわゆる「エ〇〇〇〇(カタカナ5文字)」として、映画やドラマに参加するのが、本当の趣味なのです

 有名な俳優さんや女優さんと真剣な現場で時間を共にするのは、本当に身体がしびれるほど楽しいです。

 ただ、これ、映画やドラマの会社(東〇さんや松〇さん)との約束も多く、現場で見聞きしたことをよそでいうのはご法度。そして私自身も大切な趣味なので、他のひとからごちゃごちゃと言われたくないので、基本的に「秘密」にしております


Img_3400_2  で、実は私、先日、映画・ドラマの出演本数が100本に到達しました。この趣味を始めたころ、目標にまず20本と定めたのですが、3年ほどでそれをクリア。そして改めて100本を目標にして活動してきました。2010年にこの趣味を始めてから、いろいろなことがあり、病気もしたりして、目標達成は難しいかなあと思ったこともありましたが、なんとか達成できて、今はホッとしております。やり始めたころは本当に「その他大勢」だったのですが、ここ数年は割といい場所に使ってもらったりして、「もう俳優さんやん」と友達には言われたりしております(笑)。映画やドラマでも俳優さん・女優さんとツーショットになったりして、いい感じでやらせていただいております。今年公開された映画や放送された、もしくは放送予定のドラマでも、がっつり映っている感じです。ますます楽しいです。

 実は先日、101本目のドラマも撮ってきました。秋から始まる、人気ドラマシリーズの第Img_3529 一回スペシャルです。

 これからは、身体に気をつけながら、無理のない範囲でさらに参加させていただきたいと思います。もう、本数等の目標はありませんが、参加できる範囲で楽しく参加させていただきたいと思います。あと、数えきれないほどの有名な俳優さん・女優さんとご一緒させていただきましたが、まだご一緒していなくて、是非ともご一緒したい方が数名おられます。その方々とぜひご一緒したいというのが、言ってみれば目標ですかね


 こんな感じで、これからも楽しんでいきます。私のことを知っておられる方は、また探してみてくださいね。見つけたらご一報ください

2018年9月 9日 (日)

そろそろ考え方を変えませんか

Img_3660 先週は、関西地方の台風に北海道の地震と、大きな災害が起こってしまいましたね。自然に対する人間の無力さを痛感させられた日々でした。

 いままで、例えば地震であるとかその他の災害について様々に予想して「それに備えましょう」というスタンスで動いてきたように思うのですが、特に地震については、「起こる」と予想されているところではなかなか起こらずに、思いもよらないところで起こるということが続いています。振り返れば阪神大震災や東日本大震災、今回の北海道大地震もそうです。

 そんな中でふと思ったこと。そろそろ「災害に対する備え」の方向を、少し変えていく必要があるのではないでしょうか。近年の日本を思うと、災害は「起こるもの」と考えた方がよさそうです。そんな中私たちは、「起こるもの」として、「起こった時にはこうしよう」というスタンスで身の回りの事はもちろんですが、国全体の方向も考えていった方がいいように思うのです。

 例えば今回の北海道大地震で大きな問題となっている発電の問題。地震は起こるものですから、それに備えて、「原子力」にすべて頼ってしまうのではなく、風力や水力など、いろいろなチャンネルを準備しておく必要があると思うのです。いえ、私は専門家ではありませんから詳しいことは言えませんが、今回のこの事態は、完全に「地震は起こらないものと考える」というところから発想してエネルギー対策をして、失敗しているわけでしょう?ですから、「起こらない」ではなく「起こる」という前提でいろいろと考えてかなければないのではないかということです。

 
 他の、ライフラインの問題や、交通の問題も同じですよね。地震や災害は「起こるもの」という前提に立って、様々なことを進めていくことが肝要だと思います。

 あと一つ、これはもしかしたら余談かもしれませんが、先日まで、AIだか何だかのスピーカーに話しかけていろいろやってもらう、それがとってもべんりでしょ~?っていうようなコマーシャルがTV等でよく流れていましたよね。私、実は以前から思っていたのです。これ、必要ですか?いえ、便利だとは思うのです。でもね、それ、機械に頼まなくても、私たちで十分できるじゃないですか。あまりにも人間の「楽」ばかり考えると、あとで大きなしっぺ返しを食らいそうな気がしているのです。

 人類の進歩も、人間の「楽」ばかりを追い求める方向はやめて、少し方向転換して、災害に強いなどの方向に舵を切ってほしいと思います。人間の明るい未来のために工夫する、技術を進歩させる。ただそれはどの方向か、しっかりと考える時期に来ているように思います。

 写真は、先日の台風の合間に観た、虹です。


 9月10日追記:文中の例のCM。たとえば身体に障害を持っていらっしゃる方などにとっては、便利なものだと思うのです。そういう意味では「必要なもの」「必要な技術」だと言えるのかもしれません。でもね、それが一般的になる必要はないかとも思います。ユニバーサルデザイン・ノーマライゼーションにつながる技術を磨いていくのも必要なことですが、単に「楽」につながる技術よりは、問題が起こっても対処できるという方向の、タフな技術も考えていっていただきたいと思います。

2018年9月 5日 (水)

映画の話・1382 「 インディ・ジョーンズ / クリスタル・スカルの王国 」

147189_11 2008年のアメリカ映画です。

 
人気シリーズの、前作から19年経ってから制作された第4弾だそうです。そのラストに賛否両論、もしくはちょっと否の方が多いのでしょうか?でもね~、古代遺跡と宇宙人の関係は、昔からよく言われていたことですしね、私はこれもアリなんじゃないかと思いました。普通におもしろかったです。シリーズを長く続けるのは難しいですけれど、もしかしたら冒険が”息子”に受けつがれるのではないかという余韻・・・。なかなか後味もよかったです。うん、普通におもしろかった!

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1381 「 インディ・ジョーンズ / 最後の聖戦 」

51mwkxecbdl_sl160_1 1989年のアメリカ映画です。

 
う~~ん、悪くはなかったのですけどねえ、でも、シリーズとしての行き詰まりを感じたかな。飽きないように、マンネリにならないように、目先を変えてきたのはわかるのですが、テーマがちょっと散らかってしまったかなあという印象です。冒険なのか恋愛なのか親子愛なのか?

 いえ、それなりに楽しませてはいただいたのですが、前作がおもしろかっただけに、それを超えることはできなかったかなあという感じです。次はどうなんだろうなあ・・・

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1380 「 インディ・ジョーンズ / 魔宮の伝説 」

511fvje6el_sl160_1 1984年のアメリカ映画です。

 
シリーズ物が「シリーズ」として成功するカギは、第二作が成功するかどうかにかかっている・・・とは、実は私自身の考えなのですが(笑)、かつての名シリーズを思い起こしてみますと、この考え、あながち「いいかげんなもの」とは言えないと思っています。名シリーズは、必ずと言っていいほど、第二作めがいい!「ゴッドファーザー」しかり、「ロッキー」しかり、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」しかりです
 
 で、「インディ・ジョーンズ」シリーズの第二作目にあたる本作はどうかというと、これがとっても面白い!恋と冒険、そして危機を乗り越えたと思ったら次々に来るさらなる危機!
 
 これぞ王道!これぞ娯楽大作!二作目が素晴らしいので、このシリーズも「名シリーズ」の仲間入り間違いなし!です。・・・って、ちょっと結果を見てから言ってる気もしますが(笑)。

 追記ですが、ネプリーグの最後のトロッコは「この映画」からのものだったんですねえ。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 

映画の話・1379 「 レイダース/失われたアーク 」

142357_111 1981年のアメリカ映画です。

 
超有名なこのシリーズ、実は初めて観ました。なるほど、これは万人受けしますね~。娯楽映画の王道と言いますか教科書と言いますか、ワクワクドキドキ、誰が見ても楽しいという作りになっておりました。私としては正直そのあたりがちょっと物足りなくもあったのですが、まあ、映画史に残るシリーズとなっていることには納得しました

 あと、このシリーズは、音楽もいいですね~。”ちゃ~ちゃらちゃ~、ちゃらら~”という印象的なフレーズ。まさに映画音楽の中の映画音楽という気がします。このシリーズ、もしかしたらこのテーマ曲にずいぶん助けられているかもしれません。
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2018年9月 4日 (火)

さすが!地域に貢献するサン〇ラザ。

Img_3668 いや~、台風、大変でしたね~。私の住む大阪中南部、と言いますか、台風が通過していったときは職場にいましたので奈良県北西部なのですが、ピークの時は凄い雨風でした


 職場では雨風がひどくなるお昼前に、実はほとんどの職員は退勤。なにせ電車が止まりますのでね。私を含む数名だけが職場に残りました。で、夕方前に残った職員も帰宅と相成ったわけですが、帰途につきますと職場のすぐそばの信号が、いきなり消えてました。たぶんそのあたりが停電してたんでしょうね~。まあ、車はほとんど走ってませんでしたから、事なきを得ていましたけどね。

Img_3669_2
 その後、買いたいものがあって帰り道にあるスーパーに何軒か寄ってみたのですが、台風のために臨時休業。そりゃそうだよな~、これはちょっと買えないかなあ・・・と思いながら家の近所のスーパーまで来ましたら、なんとこんな貼り紙が。

 ・・・ということはやってるってことですよね。手で扉をこじ開けて中に入り目的のものを買うことができました。ちなみにお客さんは私だけでした。でもね~、やっぱり地域に貢献するこのスーパー。ありがたい。見直しました

2018年9月 3日 (月)

”フネさん”安らかにお眠りください

Chara031 ここのところ、さくらももこさんの死去で切ない気持ちにさせられておりましたが、今日は、以前「サザエさん」で”フネさん”を演じられていました麻生美代子さんの訃報が舞い込んできました。享年92歳。いいお年ですのである意味仕方ないのかもしれませんが、それでもやっぱり寂しいですね~。

 私、ここでも以前書かせていただいたことがあるのですが、フネさんはある意味理想の女性でした。優しくて心が強くて可愛らしいところもある。そしてそのイメージは、あの声からくるところもあったと思うのです。本当に若々しいいいお声でした。

 麻生さん、長らくお疲れ様でした。安らかにお眠りくださいね。

2018年9月 1日 (土)

始まりました!2018-2019 ラグビートップリーグ

Img_3666 さあ今年も始まりました。ラグビートップリーグ。正直注目度はいまいちですが、今シーズンも始まりました。昨日行われた神戸製鋼の第一戦、NTTコミュニケーションズに苦戦はしたものの、34-27と勝利をおさめ、幸先のいい滑り出しです
 
 NTTコムもそこそこ強いですのでね、もしこれで負けたらいやだな~と思っていたのですが、まずは勝ってよかったです。ここというポイントはしっかり押さえていたように思うのですが、いかんせんイエローカードを2枚もらったのはいただけない。悪意はなかったのかもしれませんが、それでもしっかりと規律を持って、クリーンなプレーを心がけてほしいと思います。シンビン(10分間の一時退出)で人が減ると、チームにとってはとっても迷惑ですので

 神戸製鋼の次の対戦相手は宗像サニックス。ここもしっかりと大差で勝っておきたいところです。そしてなんとか最後まで優勝争いをしてほしいです。

 あと、昨年度下位リーグに転落した近鉄とNTTドコモ。この2チームになんとか返り咲いてほしい。どちらのチームにもよく知っている選手がいますし。それに大阪のチームですし。

 プロ野球、阪神タイガースがそろそろ悲しいことになってきているので、ラグビーの方でいろいろ楽しませてほしいです。夏が終わるのは悲しいですが、こういうところで冬まで楽しんでいきたいです

 写真は、神戸製鋼のモール。このあとトライになります

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »