フォト
無料ブログはココログ

« ちょっと違った角度からの楽しみ・・・出川哲郎の充電させてもらえませんか? | トップページ | いや~、びっくりした!・・・朝から大地震! »

2018年6月17日 (日)

『 騙し絵の牙 』(塩田武士・著)読みました

Img_3424 塩田さんの作品は『罪の声』に続いて2作目です。ゴールデンウイークに次男が帰ってきたときに「親父、読んだか?おもろかったで~」という言葉とともに置いていきました。2017年本屋大賞3位の本作、もちろん私も以前から読みたいと思っていたのですがこれまで読んだことはなく、この機会に読んでみました

 うん、確かにおもしろかったです。個人的には『罪の声』の方がおもしろかったですけど、でも、これもなかなか。世間で評判になっただけのことはあります。

 出版業界の内幕を、リアリティに溢れた表現で描き切っております。そして、お話の方、読み始めてラスト近く、339頁まではそれなりに「ふ~~ん」と思いながら読んでいたのですが、そこからのいわゆる「エピローグ」でのどんでん返しにつぐどんでん返し、「そうきたか~」と唸らされました

 あと、本作品は表紙・裏表紙、そして作品途中にも大泉洋さんの写真が使われております。主人公の”速水”を初めから大泉洋さんのイメージで描かれたそうです。ですので読んでいても大泉さんの顔しか浮かばない。映画化もきまり、これも当然大泉洋さんが主演されるらしいです。他の出演者が気になります。個人的には小悪魔の恵さんが特に気になります(笑)。

 でも、出版業界って大変ですね~。いや、今の時代、どの業界も大変だとは思いますが。実は先述のうちの次男、現在とある出版社で働いております。読み終わってから次男にLINEすると「実際の出版業界もあんなかんじやで~」と返事が返ってきました。思わず、”身体と精神を病まないように”と返事しました。

 お話がちょっとそれましたが、とにかくおもしろかったです。映画の方も、期待したいです。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« ちょっと違った角度からの楽しみ・・・出川哲郎の充電させてもらえませんか? | トップページ | いや~、びっくりした!・・・朝から大地震! »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと違った角度からの楽しみ・・・出川哲郎の充電させてもらえませんか? | トップページ | いや~、びっくりした!・・・朝から大地震! »