フォト
無料ブログはココログ

« 定期戦が一番大切なのに・・・ | トップページ | 映画の話・1353 「 マディソン郡の橋 」 »

2018年5月30日 (水)

映画の話・1352 「 友罪 」

Img_3425 2018年の日本映画です。現在絶賛公開中。

 原作既読。原作に大変心を揺さぶられたので、期待と不安を持って観に行きました。で、観た感想は・・・う~~ん、どうでしょうねえ・・・

 
 原作では登場人物の人間関係がそれぞれつながっているのに、映画ではそれぞれあまり「関係」がない。夏帆ちゃんも、佐藤浩市さんも、瑛太さんや生田斗真さんとそんなに日常のつながりがない。かなり重い内容である原作を、2時間の映画にまとめる上で、かなり工夫をされているのはわかります。上記のことも、その「工夫」のひとつであることはわかります。でも、それ以外の「工夫」も含めて、それらがあまり成功していないように感じました。ラストも「しかり」です

 この映画、原作を読んでいない方がどんなふうに感じられたかはわかりません。そもそもお話が理解できるのかどうかも、わかりません。映画としてはそれなりにおもしろかったのではないかとも思いますが、やっぱり原作に心揺さぶられた者としては、ちょっと残念と言わざるをえません

  私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 定期戦が一番大切なのに・・・ | トップページ | 映画の話・1353 「 マディソン郡の橋 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 定期戦が一番大切なのに・・・ | トップページ | 映画の話・1353 「 マディソン郡の橋 」 »