フォト
無料ブログはココログ

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月31日 (土)

チェ・ジウさん、ご結婚おめでとうございます!

51xlgjxvafl1 かつて”冬のソナタ”で日本中を感動の渦に巻き込み、韓流ブームの火付け役となりましたチェ・ジウさんが、この度結婚されたそうです。おめでとうございます

 
 私も”冬のソナタ”にははまりました。そしてチェ・ジウさん、大好きでした。いえ、過去形で書きましたけれど、今でも好きです。特に顔が好みなんですよね~。ちょっとつくりものも入っているのかもしれませんが、それでも好きです

 年齢のことを言うのはちょっと失礼かもしれませんが、もう42歳なのですね。このあと、俳優としてもプライベートにおいても、ますます充実した日々を送られることを期待します。これからも応援してますからね~

2018年3月30日 (金)

押して歩いた日

Img_5076 いや~、今日は何とも奇妙な日でした。

 まず、職場には自転車で行ったのですが、その帰りタイヤの異変に気が付きました。前輪の形がゆがんでいる。使ってるチューブの大きさが少しタイヤサイズに合ってないのかなあと、以前から感じていたのですが、今日は明らかにいびつになっている。これはもしかしたら家に着くまでに破裂・・・パンクするかもと思いながら戦々恐々として走っていましたら、家まであと5キロ弱といったところでついにパンク。そこから家まで小一時間かけて自転車を押して歩きました

Img_4849  そして、家について一休みしてから今度はバイクで少し出かけました。用事を済ませて帰路についている時、後は坂を上ったら家につく・・・というところで今度はチェーンが外れました。バイクの場合、一度チェーンが外れると、それをつけなおしてももう走らさない方がいいのです。今度はずれたらエンジンを損傷してバイク自体が壊れてしまうことがありますから。こうなったら、チェーンを調整してからでないと走れないのです。ということで、今度はバイクを押して、急な上り坂をひぃ~ひぃ~言いながら押して上り、なんとか家にたどり着きました

 
 今日はよく、押して歩いた日だなあ・・・。という記事では、実はないのです。お話はこれから。実は私、こんなことが起こるなんて、昨日までの段階ではもちろんわかっていません。予言者や超能力者ではないのですから。でもね、実は私、おとといだったでしょうか、なんとなくネットでアマゾンのページを観ておりまして、「あ、そろそろ自転車の新しいタイヤとチューブ、買っておこうかなあ」という気になりまして、注文していたのです。その商品が今日届きました。チューブがパンクし、タイヤまでもが変形する前に、すでにそれらを注文し、すでにそれらが届いていたわけです
 そしてそれだけではありません。バイクの方も、実は最近「ちょっとチェーンが伸びてきているなあ。そろそろ新しいチェーン、頼んでおくか~」と思い、昨日行きつけのバイク屋さんに行って、チェーンとスプロケット(チェーンを廻すギヤみたいなものです)を注文したところだったのです。たぶん、明日届いて取り付けてもらえると思います。もちろん、これらを注文した段階では、今日チェーンが外れるなんて思ってもなかったのですよ

 う~~ん、なんか、不思議と言いますか、奇妙な話ですわ~。ちょっと準備がよすぎます。私、時々こういうことがあるんですよね~。まあ、ただの偶然だろうとは思うのですが・・・

2018年3月29日 (木)

しまなみ海道に行ってきました・5

Img_5080 それでは、続きを書かせていただきます。

 伯方・大島大橋を渡りまして、大島に上陸します。この時点で時間は14:30。この島では必ず”亀老山展望公園”に行かなければと思い、とにかくそこを目指しました。けれど、なかなか着かない~。大島は他の島に比べて大きく、なおかつ起伏に富んでいたように思いました。つまり・・・しんどかった~。走行距離70キロを超えてのこのアップダウンはかなり足に(特に太ももに)きました~

 そして、今治に渡る”来島海峡大橋”への道筋から少し外れ、”亀老山展望公園”に向かいます。今回の”しまなみ海道サイクリング”で一番つらかったのは、じつは”ここ”です。コースを少し外れ、”亀老山展望公園はこちら→”のコースに入ると、もう登りがすごすぎて、ペダルを漕げません。ここから山頂まで自転車を押して歩きました。展望公園ということでとっても景色がいい絶対ここを外してはいけないということなのですが、それは言いかえれば”山頂はめっちゃ高いところにある”ということ。本当にへとへとのへとへとになりながら、山頂まで登りました。登り始めてから小一時間かけて、ようやく到着。ただそれでも、やっぱりのぼった甲斐はありました。そこから観た景色が、これです。
Img_3327
 ザッツ、しまなみ海道。”しまなみ海道”のCMなどでよく目にする景色ですよね。これがここから見られます。ちなみに到着時間は15:50でした。ここで”藻塩アイス”をいただきました。おいしかった~。ここに来る坂の途中に”あと1キImg_5086 ロ、頑張れ。藻塩アイスが待っている”などの看板があり、それにずいぶん励まされました。きっちりその言葉に乗Img_5087 せられて、到着したらアイスをいただきました


 そしてそのあと、最後の橋であります”来島海峡大橋”を渡ります。この橋はきれいな橋ですねえ。全体像の写真をうまく撮ることができなかったのが残念です
 そして、今治側の”基地”であります”サンライズ糸Img_5089_2山”に到着しました。時間は17:00。ただ、ここが終点ではありません。ここから今治駅に向かいます。
 市街地を走りまして、今治駅に到着したのは17:30。これで”しまなみ海道走破”ということになります

 
 正直、亀老山展望公園に行かなければ、1時間以上は短縮できたと思いますが、やっぱりここははずせないでしょ~。かなり大変でしたが、行ってよかったです

 朝8:30に尾道を出まして、今治到着が17:30。ちょうど9Img_3330 時間の自転車行となりました。ちなみに総走行距離は94.10キロとなりました。ガイドブック等によりますと”しまなみ海道”は75キロほどとよく書かれていますが、いろんなところによりましたので、今回はこんな距離になりました。

 私は50歳オーバーの、週末の時々サイクリストです。自転車はGIOSのクロスバイクなのです。特にバリバリ乗っているというわけではないのですが、それほどの負担なく、しまなみ海道サイクImg_5092 リングを楽しむことができました。行ってみたいけどいろいろな意味で大丈夫だろうかと心配している方もおられるかもしれませんが、迷っているなら行ってみるをお勧めします。きっといい経験ができるのではないかと思います。

 私も、いつかは行ってみたいと、ずっと前から思っていたのですが、今回思い切って行ってみて、とってもよかったです。とっても楽しかったです。

 それでは、長々と書きましたが、とりあえず”しまなみ海道Img_3331 に行ってきました”のシリーズを終えたいと思います。お読みいただきありがとうございました
 ただ、今回の旅のこぼれ話をあと数回、書かせていただこうと思います。よろしければそちらの方もお付き合いさいませ

2018年3月28日 (水)

しまなみ海道に行ってきました・4

Img_5066 それでは第4回、続きを書かせていただきますね

 ちょっと早い昼食をいただきまして、三つめの橋である多々羅大橋を渡りました。橋を渡る途中に広島県と愛媛Img_3320 県の県境があります。右の写真がそれです。これ、自動車で渡っていたら撮れない写真ですよね。自転車ならでは、です
 
 渡り終えると大三島です。ここには、橋を渡ったところにある”多々羅しまなみ公園”の中に”サイクリストの聖地”という碑があります。しまなみ海道を自転車で行くものとしては、ここで写真を撮らなければなりません。ということで、まずはここに向かいました。到着は12:30でした。

Img_5070  ところが実は、橋を渡っている時から自転車にちょっと異変を感じておりました。どうやら前輪がパンクしたようです。少し空気が減っております。ということで、”多々羅しまなみ公園”に到着すると、まずはパンク修理。洗面器等を持ってきていませんので、穴が開いているところをパッチでふさぐということができません。ですのでチューブそのものImg_5071 を交換しました
 そしてそのあと、写真撮影です。ここは写真スポットがたくさんあります(写真1~3枚め参照)。ひとしきり写真を撮影して、また今治に向かいます。

Img_5073  ”しまなみ海道”のルートでいえば、大三島はすぐに通過となります。そして大三島大橋(左の写真の、向こうに見えている橋です)を渡って伯方島へ。例の”はっかったっのっしお”の伯方島です。



 伯方島に上陸し、走っていると、すぐに道の駅”伯方S・ Cパーク”があります。ここで小休止。時間は13:40になっておりました。伯方島の名物は”塩”。ということでここで塩Img_5076 ラーメンを食べました。おいしかったです。他に塩味のアイImg_5078_2 ス(ソフトクリーム)もありましたが、私は食べませんでした。おいしそうだったのですけれど。食べればよかったなあ

 そして、次は伯方・大島大橋を渡って大島へ。上陸したとImg_5081 き、時間は14:30になっておりました。

 大島でも書きたいエピソードがあるのですけれど、今回も長くなってきましたので、このあたりで一度お話を終えたいと思います。お話はまた次回に続く・・・ということにさせてください。よろしくお願いいたします

2018年3月27日 (火)

しまなみ海道に行ってきました・3

Img_5048 それでは今日も”しまなみ海道道中記”続けさせていただきます。

 10:15に生口橋を走り始めまして、約15分で渡り終えました。この生口島には有名なジェラート専門店があるということで、まずはそこを目指Img_3317 します。道なりに走っているとたどり着けます。ドルチェ瀬戸田本店というお店です(2枚めの写真参照)。せっかくですので私もそこでレモンのジェラートをコーンバージョンでいただきました。しまなみ海道を行かImg_5052_2 れるサイクリストの方は、多くここに立ち寄られるみたいです


 少し休憩してから走り出しまして、少しImg_5054 行きますとこんなオブジェ(?)がありました。レモンの島らしい、爽やかなオブジェでした


 そろそろお昼が近くなってきまして、昼食をいただくお店を探しながら走っていましたら、”瀬戸田サンセットビーチ”に到着。11:30。ここで少しImg_3318 早いお昼をいただくことにしました。私は普通のカレーをいただきました。そして食事のあと、すぐ後ろにあるビーチに出ましたら、いい感じのオブジェをいくつか発見。私は特にこれ(写真左)が気に入りました。インスタ映えするでしょ?私、インスタグラムはしていませんが。でも、まるで外国のようですよね~。まるで東南アジアの国に行ったようです

Img_5059  そして3つめの橋である”多々羅大橋”を渡ります。レモンの島ともサヨナラです。

 これでようやく半分なのですが、そろそろ長くなってきましたので、今回もこのへんにしておきましょうか。う~~んこのシリーズ、いつ終わるのでしょうか。でもね、本当はもっImg_5057_2 と書きたいことがあるんですけどね。それはまた、書き終えた後、追記という形で書かせていただきます。とりあえずは書き終えないと


 それでは、また。

2018年3月26日 (月)

しまなみ海道に行ってきました・2

Img_3311 それでは先週金曜日に行ってきました「しまなみ海道」道中記、詳しいことを書かせていただきますね

 先週の金曜日(2018.3.23)、朝(と言いますか、未明)3時に起きまして、4時に自動車(軽です)に自転車を積み込んで、大阪の自宅を出発。そして8時に尾道に到着しました

 商店街のはずれにあります、黄色い看板の駐車場(”時間たち”です)に車を停めて、ここからは自転車です。ちなみに駐車料金は24時間800円。私は2日間停めましたので1600円でした

 そんなこんなで8:30に尾道を出発。まずは渡船で向島に向かいました。船賃110円也。向島につきますと、道路には青い線が引かれています(写真2枚め参照)。有名な話ですが、これがしまなImg_5019_2 み海道自転車ルートのいわゆる”終点”、愛媛県の今治まで続いています。走っていて、これは助かりました~。初めてしまなみ海道を走る私にとって、時々道に迷いそうになる時があったのですが、この線のおかげで(そしてあと、適切な案内板のおかげで)迷うことなく今治まで進むことができました


 向島を走っていると、途中で”大林宣彦監督の映画「あした」のロケに使われた坂”という看板が出てきました。ロケ地めぐりを趣味とする私としては見逃せません。それにこの「あした」、私、大好きな映画なのです。3回くらい見ましたImg_5026 が、そのたびに泣いてしまいます。そういえばこんな坂、あった(ような気がする)なあ・・・。


 こうやってずっと走っていくとしまなみ海道最初の橋”因島大橋”が見えてきます。橋Img_5029 を渡るのが”しまなみ海道”の醍醐味のような気がしておりましたので、何かしらテンションが上がります。通行料金は、現在自転車は無料でした。来月(4月)の1日からはまた料金が発生するようなのですが、もしかしたら無料期間が延びるかもしれませんね。もしこれImg_5035 から行かれる方は、情報を確認してくださいね。

 橋の入り口は、左写真のように、細かImg_5036 く分かれてます。これは他の橋でも同じような感じなので、行かれる方は注意してくださいね。

 因島大橋は車道の下に歩行者・自転車(原付を含む)が進む道があります。写真右のような感じです。これはこの橋だけのシステムでした


 橋を渡り切って、因島に上陸したのは9:15頃でした。そこでまず、名物の”はっさく大福”のお店を探しながら走ったのですが、実は私、見つけることができませんでした。残念Img_5040 ただ、”はっさく大福”自体は翌日、尾道でいただきましたけどね。おいしかったです。

 因島ではもう一か所、ぜひ行きたいと思っていたところがありました。自転車神社としておなじみ(?)の「大山神社」です。自転車で旅をしているわけですから、ここに寄るのは当然といった感じです。生口島に渡る橋を少し行き過ぎると、大山神社はあります。道路沿いに駐輪場はなく、Img_5154 神社に沿って少し坂を上がると、境内に入ることができます(左写真参照)。道中の安全祈願をし、お守りを二つ買いました。自転車用とバイク用です。帰りにはお茶をふるまっていただきました。ちなみに大山神社に到着したのは10:00頃でした。

 
Img_5046  大山神社を後にし、来た道を少し戻って、三つ目の島・生口島に渡る”生口橋”の渡口に到着します。橋に到着するまでの登坂が結構趣がありました。

 この橋を渡って生口島に上陸するのですが、長くなってきましたので、その話はまた次回ということで。今回はここまでにさせてください。よろしければまたお付き合いくださいね

 

2018年3月25日 (日)

しまなみ海道に行ってきました・1

Img_3327 先日、3月23日(金)・24日(土)、しまなみ海道に行ってきました。先日のブログで「どこに行ってきたのでしょう?」と問いかけた答えが、これです。 3年と半ほど前、自転車(スポーツタイプの、です)に乗るようになってから、ずっと行ってみたかったんですよね~。特に関西では「ビワイチ・アワイチ・しまなみ海道」と言いまして、琵琶湖一周・淡路島一周、そしてしまなみ海道は行くべきコースだと言われています。私もいつかは行ってみたいと思っていたのですが、今回、思い切って行ってみることにしました


 2泊3日の時間が取れれば、125ccのバイクで行こうかと思っていたのですが(しまなみ海道は125cc以下のバイクなら、自転車と同じような感じで走れるのです)、仕事と家庭の事情で1泊2日しか時間が取れませんでした。そこでいろいろとコースを考えて、今回のものがベストと判断し、行ってみました。簡単に書きますと、こんな感じです

 早朝に大阪の家を自動車に自転車を載せて出発し、朝の早いうちに尾道に到着。→そこに自動車を置いて自転車に乗り換えしまなみ海道へ。→夕方までに走破し、愛媛県今治で宿泊。→翌日、自転車を載せられるバスで尾道に戻る。→自宅へ。

 
 泊を伴いますのでホテルの予約が必要ですし、バスも予Img_3316 約が必要。ただ、お天気次第ではキャンセルも考えなければなりませんので(だって、雨の中を走るのは大変でしょ?)、予定を考えたあとはお天気頼みでした。でも、先週半ばまで雨が降り続きましたが出発前日には回復し、快晴の中行ってくることができました

 それでは、詳しいお話を書かせていただこうと思うのですが、長くなってきましたので、今回はこのへんにしとうございます。何回かに分けて書こうと思います。よろしければお付き合いくださいませ

山下弘子さん、ご冥福をお祈りします

Img_3281 山下弘子さんが亡くなられたそうです。山下弘子さんと言ってもピンとこない方もいらっしゃるかとおもいますが、保険会社アフラックのCMで嵐の櫻井翔さんと共演されていた方です。

 19歳で肝臓がんが見つかり、その時は余命半年と言われていたそうです。けれど、そのあとも病気と闘いながら人生を前向きに生きる姿は、私も含めた多くの人々に勇気を与えてくださいました。

 享年25歳。2月末から体調を崩されていたそうですが、ご逝去されたことを本日、ご主人がブログで発表されました。

 う~~ん、やっぱりショックですねえ。先ほど「前向きに人生を生きて」と書きましたが、そこに至るまでに、もしくはそう見えてから後も、ご本人の心の中にはいろいろな気持ちが渦巻いていたでしょうし。

 今はただただご冥福をお祈りするばかりです。安らかに眠ってくださいね

2018年3月24日 (土)

帰ってきました~

Img_3311 はあ~、無事に帰ってまいりました。大変疲れましたけど、とっても楽しかったです。疲れておりますので、詳しいお話は、また明日以降、書かせていただきますね

 写真は、今回の旅のスタート地点です。映っているのは、私の愛車です。さて、どこに行ってきたでしょう?

2018年3月22日 (木)

この春も、お出かけします。

Img_1921 実は私、明日・あさってと一泊二日で旅に出ます。毎日の日常生活をしっかりと送るために、半年に一度くらい、バイクや自転車でどこかに出かけることにしているのですが、今回は出発地点まで自転車を積んで車で行き、そこから自転車で目的地に向かいます。

 時折サイクリストの私、以前からこのコースを走ってみたかったんですよね~。疲れるかもしれませんが、とっても楽しみです。

 どこに行くのかは、今日のところは秘密です(笑)。よかったら当ててみてくださいね。でも、割と簡単にわかると思いますけど

 ということで、明日の記事はお休みです。また帰ってきましたら、旅行記、書かせていただきますね。よろしくお付き合いください。

 写真は、2015年春に行きました、琵琶湖の写真です。白髭神社です。

2018年3月21日 (水)

『 友罪 』(薬丸岳・著)読みました

Img_3294_2  先日映画館で予告編を観て妙に心ひかれまして、原作を読んでみました
 
 う~~~~~ん、重い!けれど、続きが気になって、途中で止めることができない。一気読み・・・と言いますか、2日間で読み終えました

 
 フィクションとはいえ、誰もがよく知る猟奇的事件をモチーフに描かれています。それに、漱石の『こころ』に対するオマージュも見受けられたりして。

 罪を償った人を「赦したい」とも思いますし、前を向いて生きていってほしいとも思いますが、実際に「かつて殺人を犯した人」それも「
猟奇的な殺人を犯した人」がそばにいたら、そんな風に思えるかどうかはわかりません。きっと、「もう関わりたくない」と思ってしまうんでしょうね。知らなかったころと同じようにはきっと接することはできないと思います

 それと、メインのストーリーではないのですが、美代子さんの心の内を察すると、本当に涙が出ました。いわゆる「若気の至り」での行為が、その後の救いのない人生をもたらしてしまう。どこへ逃げても「悪意」が追いかけてくる。本当に辛いなあと感じました

 鈴木君の「その後」を知りたいとは思いましたが、読者の考えにゆだねるこのラストの方が「正解」なんでしょうね。がぜん、映画が楽しみになりました。重いけれど、考えさせられる、読み応えのある作品でした
 
 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1338 「 ちはやふる ~結び~ 」

Img_2599 2018年の日本映画です。現在絶賛公開中

 原作既読。前2作(上の句・下の句)がかなりよくできており、なおかつうまくまとまっていましたので、そこでさらに続編を作ることに少々不安もあったのですが、まったくの杞憂に終わりました。とっても素晴らしかったです。原作ではそこそこ長いエピソードをうまくまとめてあり、上の句・下の句を「起」「承」だとすれば本作は「転・結」という風に、見事に構成されていました


 映像も、前作までと比べて、さらに洗練された感じで、伝統的でありながらポップでもあるという、本当におしゃれな感じに仕上がっていました

 出演者のみなさんは、相変わらずさすがですね~。今作では特に清原果耶ちゃんの存在感が際立っていました。いえ、今までのメンバーもしっかりと存在感を発揮してはいましたが。そうそう、それから、クイーンの松岡茉優さん。作品の中の京都人らしい”いけず”感。しびれます~

 この第三弾、「作らなきゃよかった~」という風にならなきゃいいな~と思っていましたが、そんなことは全くありませんでした。三作まとめて、青春映画の金字塔。今作も”キュンキュン”させていただきました!
 私の評価:☆☆☆☆☆(5つが満点、つまり満点です。ちょっとサービスしてますけどね。) 

2018年3月20日 (火)

まるでJイベントのような・・・

Img_3069 今日は雨が降ったり止んだりする中、朝から”お楽しみ”に参加してきました。この4月から始まる連続Dなんですけれど、こういうDはだいたい東京で撮ることが多く、関西での撮影は珍しく、いろんな意味でめったにない感じの”お楽しみ”体験でありました
 今日の主役はJ事務所の方。国際的なスポーツ大会で優勝するというシーンでした。観客役の方々が1000人くらい来られてましたが、そのほとんどが若い女の子。J事務所のファンの方のパワーは凄いですから、事前に情報を得てその方に会うために来られてたんでしょうね。ですので主役の方が何かするたびに黄色い歓声が沸き、これもいつもとは全く違う感じで”お楽しみ”が進んでいきました。まるでJ事務所のイベントに来ているようでした。今日の主役の方は、まだ一般的にはそれほど有名ではないのですが、これから”以前の地図”や”ストーム”のように有名になっていくんでしょうね。覚えておこう・・・


 私は観客ではなく、別の関係者の役をいただき、けっこうおいしい感じで務めさせていただきました。このDはあまり興味はありませんが、今日の分だけは観なきゃな~と思いながら帰路につきました。

 写真は、今日のとは別の、2019年にラグビーの国際的なイベントが行われる花園ラグビー場です。

2018年3月19日 (月)

どうせなら喜んでもらえるものを・・・

Img_3305 本日は失礼を承知で書かせていただくのですが・・・

 いえ、本当に失礼な話で恐縮なのですが、先日、同僚が入院したので、「お見舞い」を差し上げたのです。すると本日、その「お返し」をいただいたのですが、その品物が・・・「タオル」のセットだったのです

 いえ、お返しをいただくために「お見舞い」をしたのではありませんし、どんなものでも「お返し」をいただいたらありがたいのですが・・・。

 でもね、批判を恐れずに正直に書きますと・・・「タオル」はいりませんわ~。だってこういうタオルってよくいただくので、押し入れとかに山積みになってません?今治タオルとか泉州タオルとかのブランドものだったら、また別ですが

 いえ、いただいておいてこんなことを書くのは本当に「人間性が知れる」と言いますか、本当に失礼なことだとは思うのですが、でも、本当に、これは無駄ですわ。これなら、いわゆる「消えもの(食べ物)」の方がありがたいですね~。いや、本日は失礼なことを書きまして、まさに失礼しました

2018年3月18日 (日)

進歩についていくのはなかなか大変!

Img_3302 映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」や最近観た「坂道のアポロン」などによりまして、私の中では最近、女優の小松菜奈さんが存在感を増しているのです。つまり簡単に書くと、とっても好きになってしまいました

 上記の映画ではとっても健気な、可愛い女の子を演じておられますが、私が小松菜奈さんを知ったのは映画「渇き。」に出ておられたときです。たぶんこれが映画デビュー作ではないかと思うのですが、何とも強烈な演技でした。私も以前、一度観たのですが、その頃はそんなにファンでもなかったので、「すごいな~」としか思わなかったのですが、大好きになった今となっては、あの演技をもう一度見たい。ところが家の中を探してもDVDがない。仕方ないので近所のTSU〇AYAさんやG〇Oさんを探したのですが、どこにもない。ということで実は昨日、少し遠くのそれらのお店まで探しに行きました。

 2軒めで見つけまして、さっそく借りたのですが、なんとそこのレジは”セルフレジ”。スーパーではよく見かけるようになりましたが、この系列のお店では初めて

 でも、やってみれば何とかなるだろうと思ったのですが、これがなかなかうまくいかない。結局店員さんが来られまして、サポートをしていただきました。

 う~~ん、変化・進化についていくのはなかなか大変ですねえ。でも、ついていかないとこれから先も困りますので、おじさんは頑張ります

 ちなみに「渇き。」先ほど観ました。こういう映画だったなあ。とんでもない映画ですけど、菜奈ちゃんは可愛かったです

2018年3月17日 (土)

映画鑑賞からのお彼岸参り

Img_3300 今日は一日完全オフ。ということで近々しなければならないなあと思っていたことをまとめてしてきました

 まずは朝から映画鑑賞。作品は本日公開「ちはやふる ~結び~」です。前2作がとっても良かったですし、原作も大好きなので、以前か公開を楽しみにしていたのです。それに実は私、撮影にも参加していますしね
 詳しい感想はまた「映画の話」で書かせていただきますが、とっても良かった。今回もキュンキュンさせていただきました

 それからそのあとは大阪・天王寺の一心寺へ。父親の命日が近いのでお参りのはがきをいただいていたのです。これも時をみていかなきゃな~と思っていたので、行けて良かったです

 さあ、明日は朝から仕事です。年度末の残務処理ってところでしょうか。それなりにゆったりこなすことができていますが、新年度の忙しさがまた怖いです。今のうちに気持ちと身体のリフレッシュをしておきたいと思います。

2018年3月15日 (木)

『 セブンズ! 』(五十嵐貴久・著)読みました

Img_3207 女子7人制ラグビーの世界を描いた、王道のスポ根ものです。「女子ラグビー」ってところが、本当にありがたいです。ええ、私、昔からラグビー大好きで、好きすぎてレフリーにもなり、協会の人間にもなった私ですから、こんなふうに小説に取り上げてもらって、それによってラグビー人気が上がれば、本当にありがたいです

 お話は、先ほども書きましたが王道のスポ根ものです。いわて国体で優勝するために努力するラグビー少女(中にはけっこう年齢のいった方もいらっしゃいますが)たち。挫折も経験しながら、成長していくその姿に、「予想通り」と思いながらも心を動かされます。

 ラグビーのルールがあまりよくわからないし・・・とおっしゃる方にも、楽しめると思います。それほど複雑な専門用語は出てきませんから。

 現実でも7人制日本代表・サクラセブンズが活躍し、2019年には日本でラグビーワールドカップが控えている現在、この小説をきっかけに、ラグビーに興味を持ってくださる方が増えたなら、本当にうれしいです。このお話の中でも語られていましたように、ラグビーって本当に奥の深い、素晴らしいスポーツですから。そうそう、2019ワールドカップ、文中の町の舞台となった釜石でも試合が行われます。ほんと、みなさん、読んでみてくださーい

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2018年3月12日 (月)

映画の話・1337 「 坂道のアポロン 」

Img_3296 2018年の日本映画です。といいますか、現在絶賛公開中です

 日曜日のお昼から観に行きましたら、映画館は結構人が入ってました。若い女性が多かったのは知念君目当てか中川君か、もしかしたら中村梅雀さんか(笑)。私も小松菜奈ちゃんが観たくて観に行ったんですけどね~。ですので、菜奈ちゃんが可愛ければそれでいい!・・・と思っていたのですが、観ているうちにどんどん映像&物語に引き込まれてしまって、最後は切なくて暖かい気持ちになって観終わることができました。もちろん菜奈ちゃんはとっても可愛いです

 物語の中心は1966年。主人公たちの高校時代。現在からみればいわゆる”レトロ”な時代を描くからか、全編”セピア色”かかっております。これが映画全体の雰囲気と重なって、ほんと切ないんですよね~。二人の男子と一人の女子、三人の”友情”を描きながら、そこに”ほのかな恋心”が絡んで、三人の間に微妙な空気が流れます。う~~ん、どうなっていくのでしょう・・・。

 途中、”えっ?まさかこのまま「お涙ちょうだい」の物語になってしまうの~?”と心配しましたが、そうはならず安心しました。ラスト近くなって物語が動き出し、そしてクライマックスへ。千太郎の”現在”の姿を見たときは涙が出ましたよ。居場所を見つけたんだね~!そして、ハッピーエンドを予感させるラスト

 佐世保の町の雰囲気もこの映画の空気感と合っていて、いい味出してました。今はもういい年齢になってしまった私よりもまだ少し年齢が上の方々の物語。ちょうどいいレトロ感が切なさを倍増させて、ほんといい映画でした

 そうそう。あと、セッションシーンは圧巻。そこだけでもこの映画を観る価値あり!という気もしました。物語よし!佐世保の町よし!音楽よし!そして菜奈ちゃんよし!(笑)。観るべきところの多い、大満足の映画でした。

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 追伸:ならなんで☆5つにしなかったのかって?まじめな話をしますとね、ラスト、あともう一工夫すればより一層感動出来たような気がするんですよね~。ですのでその分を少し引きました。実際は☆4.5ってところです。



 

2018年3月11日 (日)

映画 「 坂道のアポロン 」観てきました

Img_3296 今日は午前中は仕事。ということで、お昼から映画「坂道のアポロン」を観に行ってきました。来週、「ちはやふる ~結び」を観に行きますので、この映画は観ようかどうか迷っていたのですけれど、やっぱり”小松菜奈ちゃんが観たい!”ということで、観に行ってきました。

 いや~、良かったです。詳しい感想はまた近々「映画の話」で書かせていただこうと思いますが、切なくっていい映画でした。監督はあの「陽だまりの彼女」の三木孝浩監督ですしね~。私の好きなツボにビンビンはまりまくりでした。もちろん菜奈ちゃんも可愛かったですよ~

 明日からの一週間、一年のうちでも最もハードんば日々が続きます。でもその山を越えると、ちょっと旅行も計画してたりして。今日観た映画の感動も生かしながら、また明日から頑張ります

2018年3月 9日 (金)

『 あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 』(高田郁・著)読みました

Img_3291 毎回ハラハラさせられる高田先生の作品、今回も一筋縄ではいきませんなあ。

 事態が好転しそうになると、すぐにまた暗雲が立ち込めてきて、読んでいるこちらの気持ちも曇らせる。幸の身に起こったことも、読みながら「そうならないでほしい・・・」と思っていた通りになってしまって。そこから立ち直って、商売の方が波に乗っていきそうになると、これまたラストで衝撃の一言が・・・。

 波風が立ちすぎて、メンタルの弱い私はそろそろしんどくなってきました。スカッとしたラストが待っていることを信じて読み進めていますが、高田先生、ほんと頼みます
 次巻は1年後とのこと。う~~ん、待ち遠しい。
 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2018年3月 8日 (木)

WOWOWドラマ「 ヒトリシズカ 」観ました

716qgho1wkl_ri_sx380_1 ドラマ「ヒトリシズカ」観ました。これ、WOWOWで2016年に放送されていたものらしいです。私の家ではWOWOWは観られないのですが、最近、契約しているケーブルテレビで”シネフィルWOWOW”というチャンネルが観られるようになりまして、そこでかつて放送されたドラマが一挙放送されるようになったのです

 WOWOWのドラマはいつも丁寧に作られていて、重厚なものが多いです。今回も期待して観ました。

 主演は夏帆さん。夏帆さんといえばかつては清純な透明感のある役が多かったのですが、最近はそういう役にとどまらず、いわゆる汚れ役も積極的にされるようになりましたねえ。ますます演技の幅が広がった感じがします。このドラマでも、ミステリアスな女性を演じていて、彼女あってのこのドラマといった感じがしました

 感想としましては、やっぱりしっかりと作られていますので、最後まで興味を失わずに観ることができたのですが、ラストのラスト、いわゆる「終わり方」がちょっと好みとは違ってました。原作がどうなっているのかは知らないのですが、ちょっとあっけなかったかな。ラストにもう一工夫あったら、より面白く観られたと思います。

 でもね、それでもさすがはWOWOWドラマ。楽しく観ることができました。これからも興味が持てそうな題材、原作をドラマ化してほしいです。地上波ではドラマ化できないようなものを。たとえば『罪の声』や『友罪』などをやってほしいなあ・・・。あ、でも、私、WOWOW自体には入ってないので、観るのはずいぶん後になってしまうかもしれませんが。ふふふ~んに入ろかな?

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2018年3月 7日 (水)

『 かわいそうだね? 』(綿矢りさ・著)読みました

Img_3203 「かわいそうだね?」「亜美ちゃんは美人」の2編収録。どちらも若い女性の心の奥底にある、ちょっとゆがんだ心理にスポットが当てられています。どちらの作品に対しても、「なるほど!」の思いはあったのですが、それでもそんなふうに悩む前に、もっとシンプルに楽に考えて行動すればいいのになあとも思いました。

 二作目の方の「亜美ちゃん」、その末路?がちょっと寂しかったです。こういう人はやっぱり人もうらやむような生き方をしてくれないと(笑)。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2018年3月 5日 (月)

ブラック?ホワイト?

Img_3292  誰しもが知っているであろうお菓子”ブラックサンダー”。私もいつも職場に置いています。仕事を手伝ってくれた後輩にちょこっとあげたりして

 ところで今日、同僚からこんなものをいただきました。”白いブラックサンダー”。え?白い?それはもはや”ブラックサンダー”ではないのでは?でも、”ホワイトサンダー”なら何かしらTMレボリューションみたいな感じだし・・・。
 先日旅行で行った北海道のお土産らしいです。北海道限定ですって。ご当地限定って、気持ちをそそられますねえ

2018年3月 4日 (日)

奈良は奈良らしく

Img_3285  先週の金曜日の夜。職場の飲み会がありました。今年度の締めのいわば納会です。



 で、場所は奈良公園のほとりの料亭で、お庭を見ながら少し豪華な食事をいただいたのですが、そのお店に到着し、門を開けて中に入ろうとしたところ、その門にこんな注意書きが(写真2枚目)。


 う~~ん、いかにも奈良らしいですねえ。奈良も京都も「古都」という点では同じですが、やっぱりかなり雰囲気が違います。京都は何かしら洗練された印象がありますが、奈良はいつまでたっても「古臭い」といいますか「垢ぬけない」といいますか。いえ、これ、もちろんいいImg_3286 意味で言ってるんですけどね。京都は京都らしく、奈良は奈良らしく、いつまでもその魅力を大切にしてほしいものです。
 

2018年3月 3日 (土)

ナイトドラマに夢中!

Th8 ドラマ大好きな私。現在はTBS系”きみが心に棲みついた”、日テレ系”anone”などを楽しく観ていることは先日ここでも書かせていただきました。でも実はそれ以外に、夜中に放送しているいわゆる”ナイトドラマ”2本にも、実は夢中になっています。一つは金曜日の夜放送の”ホリディラブ”、もう一つは土曜日夜放送の”明日の君がもっと好き”です。期せずしてこれ、どちらもTV朝日系列ですわ
 
 夜中のドラマらしく、物語の中心は「恋愛」。でも、”ホリディラブ”が夫婦の恋愛・不倫がテーマなのに対して、”明日の君が”の方は純愛がテーマです。いえ、視点を変えれば”ホリディ”の方も「純愛」を模索していますが。

 どちらもそろそろ佳境に入ってきまして、ますます目が離せなくなってきました。最後はみんな幸せになってほしいんだけど・・・なんて考えるのは善人過ぎますか。また最後まで観たら、それぞれの感想をアップさせていただきますね

 
 写真は”ホリディラブ”で怪演を見せる松本まりかさんです。番組HPより。ほんと、魅力的な小悪魔を演じておられます。観ていてもうメロメロです

2018年3月 1日 (木)

はずれました(涙)ドリカム太陽の塔LIVE

P1010135 いや~、今日の記事は、タイトル以外の何物でもないんですけれど。言ってみれば、昔、「超人バロム1」というヒーローものの番組があったのですが、この番組、毎回のタイトルでその回の内容を言ってしまっていたんですね。たとえばある回のタイトルは「魔人ハサミルゲが待ち伏せして切る!」といった感じです。あ、ハサミルゲというのは怪人の名前です。もちろんお話は「ハサミルゲ」が待ち伏せしていろんな人を切ってしまう・・・というものです

 
 で、本題。3月の18日、ドリカムが太陽の塔のそば、万博公園でフリーライブを行うんですね。これはぜひ行ってみたいということで、私も応募していたのですが、本日「はずれ」というメールがきました。残念です。実は、ライブが行われる3月18日は私の誕生日ですのに
 
 まあでも、冷静に考えますと、かなり高い倍率だったのではないかと思います。当たった人って、ほとんどいないんじゃないかな。ということで、まあ仕方ないと自分を慰めてます。でも3月のイベント、何か考えないとなあ・・・。新年度に向けて英気を養うためにも、ね
 写真は、太陽の塔と並ぶ大阪のランドマーク、ご存知大阪城です

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »