フォト
無料ブログはココログ

« 当たるときは当たる!外れる時は外れる! | トップページ | 素敵!女子カーリング代表! »

2018年2月19日 (月)

映画の話・1333 「 マンハント 」

Img_3212  2018年の香港映画です。でも日本・大阪が舞台。現在絶賛公開中です。

 オープニングは原版(「君よ憤怒の河を渉れ」)へのオマージュでしょうか。良くも悪くもジョン・ウー節炸裂!賛否両論あるのも頷けます。ストーリー展開はかなり荒く、強引な展開が目につきます。そのあたりが「許せない」とおっしゃる方は、「いいとこ無し」という評価をされるんでしょうね。でもね私はけっこう楽しめました。アクションはやっぱりなかなかのもの。「洗練されている」というよりは「泥くさい」感じすらしますが、それがこの作品にはよく合っていたように思います。特にガンアクションには、何かしらの「なつかしさ」も感じて、とっても楽しめました

 殺し屋の女性二人、ちょっとぽっちゃりしておられる方の方も、それなりにいい味出してるなあと思っていたら、監督の娘さんだったのですね。そういえば似ているなあと思いましたよ。その他出演者の方々も、みなさんいい感じでした。桜庭ななみさんは癒し担当でしたね。倉田保昭さんは渋かったなあ。その他、日本人を中国の方が演じたり、そのちょっとした違和感が逆に味になっていて、新鮮味が感じられました

 あと、大阪生まれ大阪育ちの私にとっては、よく知った場所がたくさん出てきて、とっても嬉しかったです。製薬会社の本社ビルはあべのハルカスだし・・・

 正直、B級色はかなり濃いのですが、アクションを中心に、個人的には十分に楽しめました。おもしろかったです 

 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

 

« 当たるときは当たる!外れる時は外れる! | トップページ | 素敵!女子カーリング代表! »

映画」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 当たるときは当たる!外れる時は外れる! | トップページ | 素敵!女子カーリング代表! »