フォト
無料ブログはココログ

« 誰にでも居場所はある! | トップページ | 映画の話・1326 「 世界から猫が消えたなら 」 »

2018年1月29日 (月)

映画の話・1325 「 グランド・ブダペスト・ホテル 」

164381_11 2013年のイギリス・ドイツ合作映画です。

 私、日本映画にアメリカ映画、韓国映画あたりはよく観るんですけれど、それ以外の国の映画はあまり観ないんですよね~。ですからこの作品(イギリス・ドイツ合作)、かなり変わった感じに受け取りました。お話も独特、映像も独特、あまりなじみのない(私にとってなじみがないだけですが)世界観が、とっても新鮮でした。

 お話自体は第二次世界大戦前夜を中心に、一人の人間の人生を描いていて、それもともすればシリアスになりそうなところをコミカルに描いていて、なかなかほろっとさせられます。個人的にあまり目にすることのないヨーロッパ・イギリス映画ですが、たまにはこういうのもいいなあと思いました。
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 誰にでも居場所はある! | トップページ | 映画の話・1326 「 世界から猫が消えたなら 」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 誰にでも居場所はある! | トップページ | 映画の話・1326 「 世界から猫が消えたなら 」 »