フォト
無料ブログはココログ

« 日馬富士の暴行事件について | トップページ | 映画の話・1302 「 おと・な・り 」 »

2017年11月16日 (木)

映画の話・1301 「 チチを撮りに 」

161325_11 2013年の日本映画です。昨年、「湯を沸かすほどの熱い愛」で一世を風靡しました中野量太監督作品です。

 チチを撮りに・・・「父」の写真を撮りに行くことからお話が始まりますが、実際には「父」とのお話ではなくて、姉妹とそのお母さんとのお話です。
 思春期・青春期を迎えた姉妹の扱いってなかなか難しいだろうと思いますが、「お母さん」は愛情たっぷりに育てていきます。お金はなくても愛があるって感じで、こんなふうに育てられれば横道にはそれないなあという気がします。
 家族を捨ててほかの女の元に去っていった「お父さん」ですが、そんなに悪い人ではなかった印象で描かれています。それを象徴しているのは異母弟のきちんとした姿でしょうか。

 言ってみれば一つの「ホームドラマ」。娘二人と、その子たちを女手一つで育てるお母さんの、心温まるお話でありました。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 日馬富士の暴行事件について | トップページ | 映画の話・1302 「 おと・な・り 」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日馬富士の暴行事件について | トップページ | 映画の話・1302 「 おと・な・り 」 »