フォト
無料ブログはココログ

« 事故現場の、その後・・・。 | トップページ | 映画の話・1301 「 チチを撮りに 」 »

2017年11月15日 (水)

日馬富士の暴行事件について

Img_2945_2 昨日から世間を騒がせております、大相撲・横綱日馬富士の暴行事件について。

 まず、何を置いても、どんな事情があれ、暴力に訴えるというのは肯定できるものではありません。それをわかった上で一言言わせてください。

 いろいろなニュース等の情報を総合すると、今回の事件はこういうことのようです。

モンゴル出身力士の飲み会があった。 → その場で、後輩にあたる、今回の「被害者」貴ノ岩が先輩方(白鵬や日馬富士)に対してかなり失礼な言動があった。 → それに我慢できなくなった日馬富士がブチ切れてしまって、そばにあったビール瓶で貴ノ岩の顔を殴り、素手でも何発も殴って大けがをさせた。
 
 何度も書きますが、暴力はいけません。ましてや、ビール瓶で殴るなんて、もってのほかです。・・・でもね、この事件って、もとはといえば、「貴ノ岩の言動が失礼だった」ということから始まってるんですよね。ということは、悪いのは貴ノ岩なんじゃ、ないですか?
 何度も何度も書きますが、それでも手を出してしまったら、手を出した方が悪くなるので、今回の件、悪いのは日馬富士です。でもね、個人的に私は日馬富士に同情を禁じ得ません。もしくは、「気持ちはわかる」と言いたくなります。日馬富士を責める気持ちが、あまり湧いてきません。
 何度も何度も何度も書いて申し訳ありませんが、手を出してしまっているので、日馬富士は謝るしかありません。けれど、先輩に対して礼を失した態度でいた貴ノ岩に対して、個人的には同情する気になれません。
 
 まあ、私はその席にいたわけではありませんし、すべては「聞いたこと」ですので何とも言えないのですけれど、もし事実が聞いた通りなら、はっきり言って日馬富士に同情を禁じ得ないということだけ、言わせていただきます。今回のこの件について、誰とも議論する気はありませんので、本日のコメント欄は閉じさせていただきます。


 写真は、二日ほど前に見つけた花です。これ、桜ですかねえ?

« 事故現場の、その後・・・。 | トップページ | 映画の話・1301 「 チチを撮りに 」 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース・芸能」カテゴリの記事