フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1283 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」 | トップページ | 『 ちいさな幸福 』(角田光代・著)読みました »

2017年9月 5日 (火)

映画の話・1284 「 セッション 」

166841_11_2 2014年のアメリカ映画です。
  ものすごい緊張感スパルタ音楽教師と若きドラマーの手に汗握る対決・・・なんて言ってしまうのは簡単なのですが、私には正直ちょっとすっきりしないものが残りました。いえ、完成度の高い映画だというのは本当です。無駄なものをすべてそぎ落とし、二つの才能のぶつかり合いをキリキリと音がするくらいの緊張感で見事に描き切っております

 ただ、お話の方、最後の最後のあの教授の仕打ち・・・まるで湊かなえさん原作・松たか子さん主演の「告白」にも通じる後味の悪さでした。そのあとのドラマーの対応で少しはすっきりしましたが、それでもやっぱり後味は悪かったです

 ラストのラスト、二人は音楽の上に於いて認め合い、分かり合う・・・ってことなんだと思いますが、それでも「なんだかなあ」といった感じです。上でも書きましたように、映画の完成度は認めますので評価の方は☆4つとさせていただきますが、私の好みの作品ではありませんでした。
 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1283 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」 | トップページ | 『 ちいさな幸福 』(角田光代・著)読みました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1283 「 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 」 | トップページ | 『 ちいさな幸福 』(角田光代・著)読みました »