フォト
無料ブログはココログ

« 骨折しましてん | トップページ | 2017、ラグビーシーズンいよいよ本格化。 »

2017年9月30日 (土)

保毛尾田保毛男

Img_2845 本日のブログタイトル、「ほもおだ・ほもお」と読みます。今から30年ほど前、フジテレビのバラエティ番組「とんねるずのみなさんのおかげです」のなかで人気を博していた、石橋貴明さん演ずるキャラクターです。当時私もこのキャラクターが出てくると、深いことも考えず大笑いしていました。
 ところがこの約30年前のキャラクターがここ数日ネットを騒がせているようです。いわゆる「炎上」とでも申しましょうか・・・。先日9月28日に同じフジTV系で放送された同番組の30周年記念番組に、まさに約30年ぶりに登場したからです。
 
 今回、何がそんなに問題にされているのか。このキャラクターが「同性愛者・男性が好きな男性」を揶揄、つまりバカにして笑いものにしているからです。いえ、もちろんそういう方をバカにするのは30年前でもダメなことです。けれど正直な話をすると、30年前は「同性愛者の人権を認める」というところまで社会が成熟していませんでした。けれど現在は様々な方面においてマイノリティの方々の人権を認めていこうという社会になりつつあります。「性同一性障害」なども認知され、学校その他の社会でもそういう方々の心の負担をできるだけ少なくしようという方向に動いております。


 そんな風に社会が「成長」「成熟」していく中、天下のフジテレビが今回、同性愛者の方々をバカにするような放送をしてしまった・・・。そこがネットを中心に叩かれているのです。いえ、私も30年前には一緒になって笑っていました。でも、今になって考えると、同じように笑っていた人の中にも「同性愛者」の方がいて、表面上世間と一緒になって笑っていながらもその実、心を痛めておられたのだろうなあと思うと、何かしら申し訳なく、悲しくなってきます。


 今回のフジテレビの「軽々しい」放送、無神経さには怒りを覚えます。フジテレビに限らずテレビ局は視聴率を獲ることを第一に考えるために、時としてこういう失敗をします。受ければ何でもいい・・・といった姿勢で番組を作ることが時折あります。ここで私、以前からかなり気になっていたことを書かせていただきます。同じフジテレビの人気番組「ナインティナインのめちゃいけ」の中の人気コーナー、シンクロナイズドスイミングのパロディで、タレントさん方が5人一組くらいで各国の代表に扮して出てきて、目をつぶって何かを食べ、何を食べたかを当てるコーナーがありますよね。あの時のセットになんて書いてあるかみなさんは知ってますか?「mecra」つまり「めくら」って書いてあるんですよ。それも何か所もに渡って。私、これを見たときに愕然としました。本気でフジテレビに抗議の電話をしようかと思いました。そして、このことがまったく世間で話題にならないことも、今日まで不思議に思っています。


 話はそれましたが、今回、この「保毛尾田保毛男」の件が話題になり、テレビ局の無神経さに世間が騒いだというのは、私は喜ばしく感じました。それだけ世間・社会が「人の気持ち」特に弱い立場の人の気持ちを大切にしようとしていることの表れだと感じられましたから。このように、ほかの人の気持ちを思いやれる社会になっていけばうれしいです。弱い立場の方の気持ちを大切にできる社会になっていけばうれしいです。
 フジテレビの社長さんが、「そういう方々をバカにする意図はなかった」と言って謝罪されたらしいのですが、大切なことは「意図があったかなかったか」ではなく(もちろん意図があったら大変なことですが)、そういう放送によって大いに「傷ついた人がいる」ということです。これは何も放送に限ったことではありません。私たちも普段からそういうことが無いよう、言動に気をつけていきたいですね。

« 骨折しましてん | トップページ | 2017、ラグビーシーズンいよいよ本格化。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ニュース・芸能」カテゴリの記事

TV」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事