フォト
無料ブログはココログ

« 残念です~、小出恵介さん! | トップページ | ”お楽しみ”からの”お参り” »

2017年6月 9日 (金)

愛のこもった”冷たい”言葉

Img_4734 一昨年末に大きな病気が見つかり、翌年すぐに大手術。そして現在は様子を見ながら日々過ごしている私。4月に定期的な精密検査を受けたときには「異常なし」でホッとしていたのですが、先週あたりちょっと違和感を感じまして、本日イレギュラーで診察に行ってきました。私としては病気の「再発」が一番怖いですので本当はすぐにでも「検査を」と思ったのですが、まずは主治医の先生のご意見をうかがう→必要ならば検査、というのが常識的な手順だと思いましたので、先週、まずは診察の予約を取っておいたのです
 で、今日、いろいろとお話をした後、先生が一言。「こんなことを言うと元も子もないのですが、ちょっとぐらい早く再発が見つかったからと言って、どうするということもないのですよ。」と。検査は次の8月に予定されているのですが、ですので急いでもう一つ検査しても、予定通り8月にしても、そのあとの対応はあまり変わらないということだったのです。もちろんその前に、症状を話した後、「たぶん大丈夫だと思いますけどね。」という一言があったのも付け加えておかなければなりませんが。
 で、先ほどの一言、人によっては冷たいと感じるでしょうし、激怒される方もいらっしゃるでしょう。「患者のん心配な気持ちを全然わかってない!」なんてね。でもね、私、仕方ないことは仕方ないとはっきり言ってもらう方が好きなのです。変に気を遣われて、回りくどく言われても、あまりありがたく感じません
 ですので、このような感じで「正直なところ」を言ってくださるこの先生を、私は信頼しているのです

 似たような話で、じつはこんなことがありました。今からもう6年ほど前でしょうかねえ。父親が亡くなった時のことです。実の父親が亡くなったわけですから、周りの人は私に「大変でしたねえ」「気持ちを落とさないように・・・。」などと声をかけてくれました。でもね、その中で、可愛がってくださっていた職場の先輩が私のところに来て一言。「ichiさん、よかったなあ」とおっしゃったのです。
 とんでもないことをいう先輩だなあと思ったでしょ?でもね、違うのです。私、父親が亡くなるまで3年間ぐらいでしょうか、介護で大変だったのです。そしてもともとこの父親、尊敬できるところがほとんどない人で、昔から本当に苦労を掛けられていたのです。ですから、そんな父親が亡くなった時に、そのことをよく知っている先輩が先ほどのような言葉をかけてくださったのです。
 いえ、不謹慎なことは間違いないですよ。でもね、私はその時その言葉を聞いて、「やっぱりこの先輩、好きだな~」と思いました
 変な話ですけれど、そして危険をはらむ話だとは思いますけれど、私もこんな「愛のこもった冷たい言葉」が言える人になりたいと思っています。通り一遍の「生ぬるい言葉」は私自身別にかけてほしくありませんし、私もかけたいとは思っていません。
 話は変わりますが、8月の検査、何ともなければいいなあ。以前から言っているように、なんとか2020東京オリンピックを元気で観たいのです。どうにかならないかな~

« 残念です~、小出恵介さん! | トップページ | ”お楽しみ”からの”お参り” »

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

優しい先輩やね。
ホントにそう思います。
そして信頼できる先生や✨✨
身体の負担もあるやろうし8月までデンと構えて過ごしてください。
ドキドキするやろうけど。
大丈夫だよ。
きっと✊🏻✊🏻

エチュさんへ

 ありがとうございます。本当に、上辺だけの言葉ではなく、その人が心から言ってくださる言葉がありがたいのです。
 検査の結果は、私の努力ではどうにもなりませんので、とにかく「運」を信じてやっていくしかありません。まあ、悪くなったらなった時ですわ。仕方ないです。でも、励ましありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残念です~、小出恵介さん! | トップページ | ”お楽しみ”からの”お参り” »