フォト
無料ブログはココログ

« 京都鉄道博物館に行ってきました | トップページ | TBS系ドラマ「リバース」第8話(2017.6.2放送)観ました »

2017年5月30日 (火)

映画の話・1257 「 光 」

Img_2574_3 2017年の日本映画です。といいますか、現在公開中です
 人生においては、本人がどう努力してもどうにもできない出来事が時々起こります。本人の頑張りとは別のところで人生が決まっていってしまうような。たとえば突然の「病気」然り、「災害」然り、です。人はそれを「運命」というのかもしれません。それは誰の身の上にも起こりうることです。この映画の中では、永瀬さんの「失明」、水崎さんの「お母さんの認知症」でしょうか

 それらの、「人生の中の、自分の力ではどうしようもない出来事」に対してどう向き合っていくか、が、この作品の中では描かれています。自暴自棄になってしまいそうな状況の中で、いかに「光」を見つけられるか・・・

 河瀬さんの作品はよく言えば「芸術的」、悪く言えば「独りよがり」なものが多く、個人的にはあまり得意ではなかったのですが、前作「あん」が素晴らしく良かったので、この作品にも期待していました。正直「あん」ほどの完成度ではありませんでしたが、それでも十分に「良作」だといえると思います。その特徴である「芸術性」は残しながら、それでもある程度誰の鑑賞にも耐えうる(つまり、誰がみてもある程度お話が理解できる)作品として出来上がっていると思います

 出演者の皆様の力演(もちろん樹木希林さんも含めて、です)と監督の手腕(本当に、特に自然を撮らせたら天下一品です。風に揺れる木々の映像は、もうそれだけで素晴らしい一つの物語でした)によって完成された、これも「名作」だと思います
 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)


 追記:カンヌ映画祭のパルムドールは、惜しくも逃してしまいましたね。まあ、賞を獲る獲らないにかかわらず、いい作品だと思います。

« 京都鉄道博物館に行ってきました | トップページ | TBS系ドラマ「リバース」第8話(2017.6.2放送)観ました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都鉄道博物館に行ってきました | トップページ | TBS系ドラマ「リバース」第8話(2017.6.2放送)観ました »