フォト
無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

「 四月になれば彼女は 」(川村元気・著)読みました

Img_2419 たとえばCDに「ジャケ買い」なるものが存在しますよね?この作品を手に取ったのは、いわば「タイトル買い」。 「四月になれば彼女は」というタイトルに惹かれて、読んでみたいと思い、今回読みました。 このタイトルはもちろん往年の偉大なデュオ「サイモン&ガーファンクル」の名曲から取られております。あの曲の世界観がどのようにこの作品に生かされているのだろうと思いながら読みましたよ
 うまくいかない恋愛・なくしてしまった恋愛を中心に据えて物語は進行します。非常に透明感のある、切ないお話です。これは好き嫌いがあるだろうなあと思いますが、私は好きです。この感じ、村上春樹さんの名作「ノルウェイの森」を読んだ時の感じに似ているなあ・・・なんて言ったらハルキストのみなさんに叱られるでしょうか(笑)。でも、私はそう感じました。

 この本に登場するS&Gの名曲の数々をもちろん私はよく知っていますし、映画「卒業」も何度も観ましたので、それもこの本を楽しめた要因なのかもしれませんが、もし知らなくても楽しめるのではないかと思います。もちろん先ほども書きましたが、好き嫌いはあると思いますが。
 透明感に溢れた切ない恋の物語。読みながら知らず知らず涙が・・・流れはしませんでしたけど、でもいい物語でした。読み終わって数日経つ現在でも、S&Gの「四月になれば彼女は」が頭の中で流れております。そういえば、今日で4月も終わり。時の経つのは、早いですねえ
 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2017年4月29日 (土)

声明(しょうみょう)

Img_2524 今日は朝から天王寺の一心寺に行ってきました。母親の命日のお参りです。お昼からはゆっくりタイガースとサンウルブスを応援しようと思い、早めに行こうと時間を確認しましたら、朝のお参りは9時からとのこと。その時間に合わせて到着できるように家を出ました


 勝手知ったる一心寺のお参り。いつものように手続きをして、その後本堂で順番を待ってじきにお参り・・・かと思っていましたら、今日はなんだかいつもと違う・・・。
 手続きを終えて本堂に行きましたら、まだ個別のお参りは始まっておらず、数名のお坊さんが一斉にお経を読んでおられました。たぶん、9時から朝のお勤め(いえ、もっと早くにも一度目のお勤めはあると思いますが)があって、それから個別のお参りが始まるのだと思うのです。20分くらいお坊さん方のお経を聞きまして、それから個別のお参りが始まりました。
 でも、お坊さんが声を合わせて読む「お経」、いいですねえ。だいたいお坊さんって、いい声でしょう?そしてお経には独特の「節」がある。言ってみれば「メロディ」みたいなものですよね。いい声で厳かなメロディの曲を聴かせてもらっている感じです。それも大勢の、いわば合唱です。これも「声明(しょうみょう)」と呼んでいいのかどうかは知りませんが、今日はなかなかいいものを聴かせていただきました
 そしてそのあと、仏様と母親と父親にしっかりとお参りして、一心寺をあとにしました。

Img_2525
 帰り、駅に向かって歩いておりましたら天王寺公園の横を通りがかりましたので、ちょっと寄ってみました。公園内の芝生広場、いわゆる「てんしば」では親子連れと若者グループがピクニックのような感じでゆったりしておりました。 平和な休日の正しい在り方・・・って感じでした
 そしてその「てんしば」では、何かしらのコンサートのリハーサルの音が漏れてきていました。音楽にも興味がある私、そばによって聴いていると、ポスターを発見。 アカペラグループが集まるイベントがあるようで、そのリハーサルでした。「チェック、ワン・ツー」なんて、私がバンド活動をしていたはるか昔を思い出しました

 さて、世間ではGWだなんて浮かれた感じになっていますが、実は私、このGW期間のお休みは今日だけ。明日も仕事です。はい、ブラックです(笑)。でもね、その間仕事は普段よりは精神的に楽ですので、良しとします。みなさまも、よいGWを

2017年4月24日 (月)

2017.4月~6月期、観ているドラマ

Photo 年度末~新年度、番組改編期のバラエティー色も消えまして、そろそろ春ドラマが各局始まりました。 ドラマ好きの私も「今期は何が面白いかな~」「なにがいいかな~」なんていろいろ考えまして、そろそろ見るドラマを決めましたよ

 まずはTBS系金曜夜10時「
リバース」です。なんといっても湊かなえさんの原作。もうこれだけで「絶対観たい」となります。そして実際に見てみたら、もう続きが気になって気になって・・・。出演しておられる方々も力演ですよね。まずは藤原竜也さん。演技の幅を広げようと、今までにない役にチャレンジしておられるのがわかります。そして戸田恵梨香さん。実は私、この方の存在がちょっと不気味です。そしてなんといっても武田鉄矢さん。いや~、あのいやらしさがいい。まさに当たり役です

 そして次にNHK金曜夜10時「ツバキ文具店」。これ、先述の「リバース」と同時刻の放送なのです。私は「リバース」を生で見て、「ツバキ」を録画して観ております。「ツバキ」は原作を読んでとっても気に入っていたのですが、その世界観そのままにドラマ化されていて、なかなかいい。多部ちゃんの「ポッポちゃん」がいい感じなんですよね~

 そして日テレ系土曜夜10時「ボク、運命の人です。」。なかなか楽しいお話ですね~。正直、昨年大ブームを巻き起こした「逃げ恥」を意識してますよね。エンドロールのダンスなんか、まさに「それ」でしょ?(笑)。結末はだいたい見えてるんですが、どうやってそこにたどり着くのか、なかなかはらはらさせられます。それと、亀梨君と山ピーのやり取りも楽しいですし、クールな木村文乃さんもなかなか魅力的です

 そして昨日から始まりました、日テレ系日曜夜10時30分、「フランケンシュタインの恋」です。初回放送も観ましたが、綾野剛さんのくるくる変わる表情が愛らしくいじらしかったです。でも綾野剛さんに隠された秘密、知りたいです。

 4月スタートのドラマ、ほかにも気になる作品はあったのですが、あまり手を広げるのもしんどいなあと思いまして、結局この4作品にしました。そして5月になりましたらNHKで「みをつくし料理帖」も始まりますし、ますます楽しみが増えます。ほんと、楽しませていただきたいです
 

2017年4月23日 (日)

古市古墳群を巡ってきました・1

Img_2511 私の住む大阪中南部は今日も快晴。 初夏のいい気候にもなってきましたので、朝から自転車で古墳巡りをしてきました

 古墳巡りって・・・と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますが、私の住むあたりは、古墳がたくさんあることで有名なのです。その名も「古市古墳群」。教科書にも載っているほどなのですよ(プチ自慢)
 
 で、その古市古墳群なのですが、古市・百舌鳥古墳群を世界遺産に登録しようという機運を高めるために、この4月から「mozu-furu card」なるものが配付されていることを先日知りました。上記古墳群に属する古墳(一部、資料館なども含みます)に行き、写真を撮って、それを案内所等で見せるとその場所のカードがもらえるという仕組みです
 中学時代は社会科クラブに属し、地域の古墳を廻っていた私。ウン十年ぶりにその頃の
Img_2500 「熱」がよみがえり、廻ってみたい、カードが欲しい、と思ったわけです
 今日は8時前から自転車で2時間ほどいろいろと廻り、15か所(古墳14基と資料館1か所)のカードをいただきました
 とりあえず、古市古墳群に属する古墳(と資料館)の分、34枚をコンプリートすることを目標に、時間を見つけてちびちびと廻ってみたいと思います。ちょっとした趣味がまたひとImg_2514 つできました

 二枚目の写真は藤井寺市にある仲哀天皇陵、3枚目は応神天皇陵のカードです。ちなみに応神天皇陵は日本で2番目に大きな古墳です。ご存知でしたか~

 

2017年4月21日 (金)

映画の話・1249 「 悪魔を見た 」

155561_11 2010年の韓国映画です。
  いや~、えげつない映画でしたわ~。エロ・グロ満載。いや実際、エロはそれほどでもないのですが、グロ度合いはすごい!もう始まってすぐグロ!いきなりグロ!
 でもね~、物語の行方が気になって、目が離せないんです~。この作品、事件が起こって「犯人は誰か?」といったタイプの作品ではないんですね~。犯人は始まったところからわかっています。あとは犯人と、婚約者を殺された主人公との「戦い」ですわ。これがもう一進一退。最後までほんとうにどちらに転がるかわからない・・・。ハラハラしました

 私、基本的にグロ系はあまり好きじゃないんです。でもね、この作品はそんなことを言ってられないくらい、おもしろかったです。いえ、このグロ作品に「おもしろかった」と言ってしまったら、私の品性を疑われそうで怖いんですけどね~。でも、やっぱりおもしろかったです。日本でいえば園子温監督作品のような感じです。本当に最後まで目が離せませんでした。
 私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1248 「 ラブ&ポップ 」

115874_11 1997年の日本映画です。エヴァンゲリヲン、シン・ゴジラの庵野秀明監督の初期作品です。
 ちょうどあの頃、言ってみれば世紀末の雰囲気をよく表現していますよね。いえ、そんな大げさな感じではなくて、あの頃の女子高生の「しらけた」感じがよく表現されているように思います。お話自体は特にどうということもないのですが、時代の空気感はよく描かれていたように思います。「あのころ」をご存じない方にはあまり響かないのではないかなあとは思いますが・・・。

 出演者が妙に豪華で、これも庵野監督の人脈なのかなあと思ったりしました。ちょっと不思議な、独特なテイストの作品でしたね。
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2017年4月18日 (火)

最近お気に入りのCM

Img_2464
 TVを観ているとどちらかといえば「邪魔もの」の印象があるCM。でも、それでも、とっても気になる、何度でも見たくなるCMっていうのが時々ありますよね。私にとって言えば、最近ではこれ。 「アキタ」という会社のブランド卵「きよら」のCMです。これ関西もしくは西日本ローカルなんでしょうか?全国でやっているのでしょうか?

 出演しているのは吉本新喜劇でも全国的に知られているすっちー。そのすっちーが「すち子さん」に扮して卵を焼いています。そして画面のような「寝冷え猫」が「卵で作ったお布団、かけてください」と懇願し、あとは乳首ドリルよろしく「かけるんかい。かけへんのかい。かけるとおもたらかけへんのかい。」というやりとりがあって、最後に「かけるんかい。」「しあわせ」となります。ちょうど写真のあたりです。

 このやりとりが面白くて、そしてとっても可愛いのです。 これはなかなか癒されます

 ちょっと調べて観ましたら、この「寝冷え猫」の声を担当しているのは新津ちせちゃんらしいです。映画「3月のライオン」で三女のももちゃんを演じている、あの子です。そして「君の名は。」で知られた新海誠監督のお嬢さんです。

 最近ではまた新しいCMも公開されています。今度のはちょっと切ないです。これ、全国放送でないのなら、放送されていない地域にお住いの皆さんにはYOU YUBEかなにかで観てもらいたいです。ほんと、癒されますよ~

2017年4月17日 (月)

『 指人形 』(花房観音・著)読みました

Img_2365_2 花房観音作品、2作め。今度は短編集です。う~~ん、エロい(笑)。ここまでくれば、これはりっぱな「官能小説集」ですわ。ですから「これを読んだ」とは他人になかなか言いづらい(笑)。「花房観音さんのファンです」などとはもっと言いづらい。 でもね~、この方、なかなか読ませるんですわ~
 今作も、たんなる「エロ小説」ではなく、「エロ」を描きながら「女性」を、そして「人間」を描いております。その表現は本当にお見事です。
 私、二冊読んでちょっと思ったのですが、何かしら桜木紫乃さんの作風とちょっと似ているんですよね。どちらも女性の、そして人間の「性(さが)」を描いている。ただ、お話の舞台が桜木さんは北海道、花房さんは京都、ということで、それぞれの町の持つ雰囲気の違いが作風の違いになっている気がします。私はどちらの方も好きです。
 この作品集に収められているお話はどれもおもしろいですが、私は特に「おばけ」「花灯路」がおもしろかったです。
 先ほども書きましたように、「花房観音さんのファンです」とはなかなか言いにくいのですが、こっそり言います。・・・ファンです。まだまだ読みたいと思います
私の評価:☆☆☆☆(5つが満点です)

2017年4月16日 (日)

塩ぱん、うまいっすわ~

Img_2462 いや~、ここのところめっちゃ気に入っているパンがあります。それは「塩パン」です


 いえ、本当にそういう名前なのかは知りませんが、最近、いろんなパン屋さんで売られています。大体写真のような感じで、以前だったら砂糖がまぶされているところを、代わりに塩が振られている感じなんですよね。これがうまい。おいしい。

 私があんまりおいしいおいしいというものですから、うちの奥さんはお店でそれを見つけるたびに買ってきてくれます
 まあ、これだけ食べていたらそのうち飽きるんだろうなあとは思うのですが、今しばらく、食べ続けたいと思います。う~~ん、うまい

2017年4月14日 (金)

映画の話・1247 「 48時間 」

134837_11 1982年のアメリカ映画です。
  のちにPART2も作られていますから、そこそこ評判もよかったんだと思いますが、正直私にとっては今一つでした。主役お二人の人間関係(はじめはいがみ合っているけれど、だんだん友情が生まれていく)が見どころなんだろうとは理解できますが、それも私には「ふ~~ん」という感じでした。同じような感じ(あくまで「感じ」です)の作品でいえば、やっぱり「ミッドナイト・ラン」の方が数段おもしろかったです(どこが同じような感じなんだ!という突っ込みはやめてくださいね。だんだんと友情がはぐくまれて・・・といったところです)。

 ファンの方もいらっしゃいますので、あくまでも私には合わなかったということだと思いますが・・・。
 私の評価:☆☆(5つが満点です)

映画の話・1246 「 BeRLiN 」

136062_11 1995年の日本映画です。
  う~~ん、正直よくわからなかったですね~。失踪(?)した一人の風俗嬢を探す様子を、ドキュメンタリータッチで描くその手法は、なかなか独特で面白いとは思いましたが、お話自体はよく分かりませんでした。あの少女にそれだけの「魅力」があるというのもよくわかりませんでしたし

 インタビューに出てくる方々が妙に豪華で、次は誰が出てくるのかな~?という興味は最後までずっと続きましたが、それ以外はよくわからないまま終わりました。私の理解力がなかっただけかな~・・・。

 追伸:中谷美紀さん、若いですね~。このころももちろん可愛らしいのですが、その後、美しく魅力的になられて、いい年齢の重ね方をされたんだなあといまさらながらに思います。
 私の評価:☆☆(5つが満点です)

映画の話・1245 「 博士の愛した数式 」

143625_11 2005年の日本映画です。
  しっとりとした、いい作品でしたね~。いえ、お話としてはどうということもないのですが(実際には結構いろいろ複雑なものを含んでいると思うのですが、映画からは爽やかな雰囲気すら感じられるので)、雰囲気がとにかくいいんですよね~。深津絵里さん・寺尾聡さんの透明感がいい感じなのです。数式が美しいっていうのは、わかる気がします。思えば数式に限らず、この世界は美しいものに満ちているんでしょうね。正しいものは美しい。よくないものは美しくない、ってところでしょうか(笑)。

 成長してからのルートの授業風景はちょっと胡散臭い(といいますか、実際にはあんな高校はほとんどない・笑)気がしましたが、それでも独特の世界観が心地よい、そんな作品でした
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

2017年4月13日 (木)

寿命が延びました(笑)

Img_4686_li_moment_3 昨年した大病・手術の後養生として行っている定期検査。近々では先週検査に行き今日その結果を聞きに行ってきました。結果は、今回も異常なし。みなさんにはいつも心配いただいてありがとうございます。今回も大丈夫でした

 ふ~~、ホッとしました。毎回検査の結果を聞きに行く時は本当にドキドキです


 これでなんとか、まずは今年も夏が迎えられそうです。次の検査は8月です。


 こういう日々を重ねて、なんとかずっと生きていきたいです。今希望しているのは、2019年の日本で行われるラグビー・ワールドカップを生で観たい。そしてなんとか2020年の東京オリンピックを観たい。2020年を迎えることができたら、自分へのお祝いに東京まで観に行きたいと思います

 そうなることを祈りつつ、明日からも目の前のやるべきことをしっかりこなしていきたいと思います

2017年4月12日 (水)

「 あきない世傳 金と銀 第三巻 奔流編 」(高田郁・著)読みました

Img_2392_2 「銀二貫」「みをつくし料理帖」 で有名な高田郁さんの新刊であります。江戸時代ですが今度は大阪が舞台の人情話です。
 波乱万丈の第一・二巻でしたが、この第三巻はなかなか順調にお話が進みます。前二巻で種をまいたものが、この三巻で花が開いてきたのかなあという感じでしたが、なかなかそううまいことばかりは行きません。ラストあたりでまたまたひと騒動が・・・。これを主人公・幸がどう乗り切っていくのか。高田郁さんは本当にこちらの気持ちを引き込むのがお上手です(笑)。次の巻が早くも待ち遠しいです。でも、最後は安心・納得のラストを見せてくれるんでしょうねえ。
 次巻も期待しております。
 なお、追伸ですが、この本の裏表紙、といImg_2393 いますか帯の裏側にこんな表記が。「みをつくし料理帖」が黒木華さん主演でNHKでドラマ化されるのですねえ。これは楽しみです。黒木さんの「澪」、ばっちりです

2017年4月11日 (火)

真央ちゃん、ありがとう!

Img_4612 昨夜突然届いた知らせ。あの浅田真央ちゃんが、現役引退を発表しました。・・・すでにみなさんご存じですよね


 いや~、正直寂しいですよね。あれだけ時代を作ってきたかたですから、「無常」を感じるといいますか、やはり寂しく思います。


 一時代を築いた真央ちゃんですが、その選手生活は決して順風満帆とは言えませんでしたよね。私たちが思っている以上に、本人なりに悩みや苦労があったことだろうと推察いたします


 今回の決断について世間ではいろいろな意見があるだろうと思いますが、選手を続けるのも引退するのも、ご本人が決めればいいと思います。だって、自分の人生ですから。自分が納得できれば、引退も「あり」だろうと思います。ご本人なりにつらい決断だっただろうと思いますが、これからの人生の方が長いだろうと思いますし、ご自分の幸せを見つめて行ってほしいと思います。

 本当に、こんなに万人に愛されたスポーツ選手って、なかなかいないですよね。真央ちゃんを好きだという声は聞けても、嫌いだという声はほとんど聞いたことがありません。
 本当に、いままでお疲れ様でした。しばらく休んで、そしてまた自分らしい道を見つけて輝いていってほしいと思います。ほんと、お疲れ様でした。ありがとう、真央ちゃん

 写真は、先日のツーリングで観た、室戸岬の朝日です。

2017年4月10日 (月)

春満開!・・・おめでとう、渡部さん・希さん

Img_4685 いや~、最後まで観てしまいましたわ~。 なんのお話かといいますと、昨夜日テレ系で放送されました、「行列ができる法律相談所」のお話です。何気なくTVをつけてチャンネルを日テレ(本当は読売テレビ)に合わせましたら、画面の隅に「このあと、生放送で重大発表」と出ているじゃありませんか
 これはここ数日芸能ニュースをにぎわせているアンジャッシュ渡部さんと女優の佐々木希さんの結婚の話か、と思ったのですが、もしかしてそうじゃないかもしれないと思い、結局その真偽を確かめるために、最後まで観てしまいました。はい、TV局の策略にまんまとはまってしまいました。で、事の真偽はみなさんもうご存知だと思いますが、予想通り渡部さんと佐々木希さんの結婚のご報告となりました
 でもこのカップル、さわやかでなかなかいいですよね。ここ数年噂にはなっておりましたが、二人で愛を育んできたんですねえ
 こういう報告を聞いても、「勝手にすれば」と思うカップルもあれば、「全然応援する気にならないなあ」と思うカップルもあるのですが、このお二人は何かしら応援したくなります。今のところバカップルな感じもしませんし、二人がお互いを想い合って大切にしあってるのが伝わってきます。私、特にお二人のファンというわけではありませんが、お二人の結婚報告、非常にほほえましく見せていただきました。
 結婚っていうのは、そんなに楽しいことばかりではありませんが、今の気持ちを忘れず、いろんなアクシデントも二人で乗り越えていってほしいなあと思います。いつまでもお幸せに。若いって、いいな~

 写真は、昨日の弘川寺の駐車場です。

 

2017年4月 9日 (日)

さまざまの ことおもいだす 桜かな

Img_4665  ”さまざまの こと思い出す 桜かな”・・・最近ニノが出ているCMでよく耳にしますよね。これ、かの松尾芭蕉さんの俳句です。シンプルですがいい俳句ですよね。まさに言い得て妙。 この季節に満開の桜を見ると、過去のこと・関わりのあった様々な人のことが思い出されます。そして、その人々に恥ずかしくないように生きていかねばなんて、心を新たにさせられます

 さて、今日も午前中は仕事だったんですけれど、それが終わって帰宅し、ちょうど雨が上がったタイミングでしたので、近所の桜の名所である「弘川寺」に行ってきました。ここ、花の歌人として有名な「西行」さんの終焉の地で、ゆかりの桜が植えられているんですよね。ただ、山の中ですので、町中より桜の開花が遅い・・・。今日はどうだろうなあと思いながら行ってきました。
Img_4667

 バイクで15分ほど走り到着しましたら、駐車場の桜も満開(左の写真参照)。その木の下でお弁当を食べていらっしゃる方も多数。私も華やかな気分をおすそ分けしていただきました。そこにバイクを停めて弘川寺へ。本道にお参りしてから、西行さんのお墓を参
Img_4680 り、ゆかりの桜山へ。
 いや~、きれいでした。雨上がりで周りの木々の緑も映えていましたし、そのコントラストがなかなかな見事でした



 そのあと、帰り道の桜も美しく、花びらが舞い散る中を帰宅してまいりました。
 さて私、年度初めの驚異的に忙しい日々は、ようやく昨日で終わりました。ホッとしました。明日からはいわゆる「通常業務」です。新しいプロジェクトにはかかわるんですけどね、Img_4687 誠意をもってまたしっかりとひとつずつやっていきたいと思います

 最初の写真は、弘川寺のすぐそばにある、名もなき桜です。私のお気に入りです。なかなかいい感じでしょ。 

2017年4月 7日 (金)

映画の話・1244 「 太陽の帝国 」

138350_31 1987年の日本映画です。
  公開当時映画館で観て、ほぼ30年ぶりに改めて観ました。こんな映画だったかなあ

 第二次世界大戦末期の上海を舞台に、租界という特別な世界で生きる少年の激動の一時期を描いております。(余談ですが「租界」と言いますと、さだまさしさんの「フレディもしくは三教街」を思い出します。)
 公開当時はこの作品を観て、租界という地域の特別な雰囲気に心を持っていかれたのですが、今回観てみるとそれよりもこの少年の「しぶとい」生き方に目が行きました。ほぼ実話ということですから、よく生きていけたなと感心してしまいます
 ただ、ラスト、ネタバレになってはいけませんのであまり詳しくは書きませんが、お母さんの気持ちがあまり伝わってきませんでした。この人、子どものことをどう思っているのだろう?なんて・・・。

 余談ですが、「笑点」でおなじみ山田隆夫さんやガッツ石松さんなどが出ているのはご愛敬ですかね。伊武さんはさすがですが。でも、日本人の描かれ方が「いかにも」で紋切り型なのは仕方ないですかねえ・・・

 映画としての感想は「まあまあ」ってところなのですが、戦争当時の「租界」の様子を知ることができたのは、意味のあることだったかなあと思ったりしています。
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

映画の話・1243 「 六月燈の三姉妹 」

 163222_112013年の日本映画です。 
 
 地方のいわゆる「町おこし」作品かと思っていましたら、どうもそれだけではないようです。でも、鹿児島および南九州の魅力は十分描かれていますけどね。でも考えてみれば「当地のきれいな景色」を描くわけではなくて、言ってみれば「その地の人間の魅力」を描いて「町おこし映画」にしている作品も珍しいとは思いました

 この作品、やっぱり魅力は「三姉妹」。決して都会的な美しさではなく、その土地でしっかり生きている、その生き方からにじみ出る「美しさ」を感じました(特に吉田羊さん、その鹿児島弁も含めて素敵でした)
 その三姉妹とお父さん(お義父さん)お母さん、そして津田寛治さん・町の人たちも含めた人間模様に心が温まりました。決して派手な映画ではありませんが、観終わって私の心にも「六月燈」のような灯りがともりましたよ
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)
 

2017年4月 4日 (火)

100均マジック?

Img_2420  先日、息子の引っ越しのためにガムテープが必要になり、買ってこようと思ったのですが、100均ショップまでは行けない。そこで、近所にあるホームセンターで買ってくることにしました。


 100均なら安く買えるのにな~、残念だな~・・・なんて思いながら売り場まで行って、値段を見たら、なんとひとつ80円(税別)。ちょっとびっくり
 こういうものを買うなら100均が安くてお得だと思い込んでいたのですが、こういうことってあるんですね~。思い込み、怖いです。ちなみに2本買って帰りまして、このテープ、次男・三男の引っ越しにしっかりと貢献しました。

2017年4月 3日 (月)

さあ、いよいよ・・・

Img_2438 私の住む大阪府中南部は、今日もとってもいいお天気でした。 気温も温かくなってきましたしね、やっぱり4月になると春らしくなるものです

 世間では「今日から新年度」という方も多かったのではないかと思います。うちの次男も今日が入社式ですし、三男は今日が大学の入学式でした。私の職場でも今日が新年度のスタートだったのですが、実際今日は新規採用の方や転勤してこられる方の説明会の日。それからえらいさん方の会議の日。私のような中途半端な立場の人間はあまり仕事が無いので、今日は休みをいただきました。バイク屋さんに行ったり、スマホショップに行ったり、ちょこっとやりたかったことを済ませて、あとは家でDVDにて映画を鑑賞したりしました。今日観たのは「リップヴァンウインクルの花嫁」。詳しい感想はまた映画の話で書かせていただきますね。ここのところあまりゆっくりすることができませんでしたので、今日はゆっくりさせてもらいました。

 ところで、自転車でうろうろしながら桜の咲き具合を調べていたのですが、私の住むあたり
Img_2437 では、まだほとんど咲いておりませんでした(写真参照)。いわゆる「咲き始め」というところでしょうか。東京の方ではそろそろ満開というようなニュースも聞こえてきておりますが、こちら大阪はもうちょっとかかるようです。今週末にはそれなりに見られるようになるんでしょうかねえ。でも、金土日は雨という予報も出ておりますが
 先ほども書きましたように、私の職場では明日が事実上の年度始めの日。毎年のことですが、いきなり忙しくなるんですよね。帰宅時間も普段よりかなり遅くなる
 まあでも、なんと乗り切ります。やらなければならないことは多いですが、目の前のことを一つひとつこなしていきたいと思います。みなさん、がんばりましょうね
 

2017年4月 2日 (日)

この花は・・・

Img_2434_2 それでは、答えを言っておきましょうか。これは、アーモンドの花です。桜に似てるでしょ?可愛い、きれいな花です。

この花は、何でしょう?

Img_2433_2  私の住む大阪南部は、今日はとってもいいお天気で、気温も春らしく温かくなってきました。桜もそろそろ咲き始めのところが多いような。例年ならそろそろ満開なのですが、お楽しみはこれからだということで。


 ところで、我が家でも春の花が咲き始めました。チューリップはまだなんですけどね、昨年の今頃植えた木が、初めて花を咲かせました



 さて、なんの花でしょう?。桜が大好きな私、家にも桜を植えImg_2434 ようかと思ったのですが、虫がついたり病気になったりでなかなか育てるのが難しいと聞きまして、よく似た木を植えました。

 アップにするとこんな感じ。答えはまたのちほど書かせていただきますね

2017年4月 1日 (土)

それぞれの旅立ち

P1010159_3 今日、この四月から大学へ進学する三男が、下宿するために引っ越していきました


 うちには男の子ばかり三人の子ども(といってももう大人ですが)がいます。イクメンなんて言葉がまだなかったころ、長男が生まれてから約25年、子ども中心でやってきましたから、三男が今日家を出て行って、今は家の中にぽっかり穴が開いたように感じています。いえ、それは私自身の心の中・・・なのかもしれません。先ほどもスーパーに買いものに行ったのですが、スナックパンをみつけて「あ、いつものように三男の朝食に買っておこうかなあ」と一瞬思ったのですが「あ、そうか。三男はもう家にはいないんだ・・・。」と思いなおすと、ちょっと寂しくなりました


 三男は上の二人と比べても社会性が無い方でしたし、大学の4年間で少しでも社会性を身に着けるために、大学にいったら下宿をして家を出た方がいいんじゃないかなあ・・・なんて思っていたのですが、実際にそうなってみると、やっぱり寂しいですわ~

 まあでも、仕方ありませんね。長男・次男も含めた子どもたちの成長を祈りつつ、自分もまた子離れをして、成長していかなければなりませんね。なんとか、頑張ります

 写真は、うちの近所の叡福寺です。でも昨年のものです。今日現在、まだこんなに桜は咲いておりません。

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »