フォト
無料ブログはココログ

« 走るサラリーマン | トップページ | 映画の話・1236 「 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 」 »

2017年3月 2日 (木)

映画の話・1235 「 雲のむこう、約束の場所 」

142239_11 2004年の日本映画です。
  『秒速5センチメートル』の構成力、そしてそのラストにいたく感動させられ、『言の葉の庭』の特に絵の素晴らしさに驚かされ、そして『君の名は。』で総合的に感動させられた新海誠監督。その初期の作品ですよね

 絵は上記の作品と比べればまだまだといった感じです。お話の方も「ひらめき」はいいのですけれどまだうまく消化されていないという感じがします。

 けれど、これがやがて「秒速」「言の葉」を経て「君の名は。」に至ると考えれば、非常に感慨深いものがあります。もちろん「君の名は。」が終着点ではなくこれからまだまだ素晴らしい世界を見せてくれると期待したいですけれど
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 走るサラリーマン | トップページ | 映画の話・1236 「 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 走るサラリーマン | トップページ | 映画の話・1236 「 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 」 »