フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1235 「 雲のむこう、約束の場所 」 | トップページ | また新しい日々へ »

2017年3月 2日 (木)

映画の話・1236 「 ケンタとジュンとカヨちゃんの国 」

152571_11 2010年の日本映画です。
  なんだかねえ、救われない映画でした。ケンタも、ジュンも、カヨちゃんも、みんな「愛されたい」「救われたい」とばかり思っていて、自分から他人を愛することをしていないような・・・。カヨちゃんの「それ」もちょっと違うような・・・。
 幸せを望むならば、目の前の「自分のすべきこと」を一つひとつこなしていかなければならないように思うのですが、この登場人物たちは結局「幸せになること」から最も遠くへ行ってしまっているような気がする・・・

 出演者はとっても豪華なんですけれど、その豪華な方々を使って、とっても悲しい・とっても薄っぺらい世界を描いているように思いました。なにか、悲しいですねえ
 私の評価:☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1235 「 雲のむこう、約束の場所 」 | トップページ | また新しい日々へ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1235 「 雲のむこう、約束の場所 」 | トップページ | また新しい日々へ »