フォト
無料ブログはココログ

« 2017.1月~3月期、観ているドラマ | トップページ | 「 セイレーンの懺悔 」(中山七里・著)読みました »

2017年1月29日 (日)

ラグビー・大畑大介さんのサインは、オークションでは高値がつかない

Img_2095_2 今日行われた第54回ラグビー日本選手権、いい試合でしたねえ。 パナソニックもサントリーもしっかりと規律を守り、相手をリスペクトし、最後まで緊張感のあるいい試合でした。こういう試合を続ける限り、ますますラグビーのファンが増えていくだろうと、明るい気持ちになりました。
 ところでそのラグビーで、現在も解説などで活躍されている元日本代表ウイングの大畑大介さんについて少し語らせてください。実は以前も書かせていただいたことはあるのですが、こうやってラグビー人気が盛り上がってきた現在、もう一度書いておきたいなあと思いますので、書かせてください。
 大畑さん、イケメンですよね~。でも現役時代はそのプレーでもファンを沸かせてくれていました。その足の速さでトライを量産されていたのですが、マニアックな話をしますと実はディフェンスもめちゃくちゃよかったのです。本当にいい選手でした
 その大畑さん、プレーも素晴らしかったのですが、実は人間性も素晴らしい。今のようにそこそこラグビーが一般に人気が出る前から、なんとかラグビー人気を広げようと頑張ってくださってました。で、今日の記事のタイトルに関することなのですが、大畑さん、ファンの人からサインをねだられると、基本的に断ることをされません。写真撮影にも気軽に応じられます。まあ、ラグビー選手にはそういう方が多いのですが(TV中継などで試合後に観客席のファンにサインする姿がよく映ってますよね)、大畑さんは特に、なのです。大畑さんは人気者ですからファンの人がほかの選手の数倍、集まってくるのですが、それでも嫌な顔をせずにずっとサイン・握手・写真撮影を時間が許す限りされます。ということで、当然大畑さんのサインを持っているファンが多くなり、希少価値が下がり、オークションなどでは高値がつかない・・・というわけなのです。タイトルを読んで悪口めいたものを感じた方も
いらっしゃったかもしれませんが、むしろ逆です。大畑さんの人間性の素晴らしさを書きたかったのです。現在、それなりにラグビーのにんきが出てきていますが、この陰にはいろいろな方の地道な(ラグビー人気獲得のための)努力があるわけです。そのうちの一人が大畑さんだということです。
 今回、日本の選手として二人目の世界ラグビー殿堂入りを果たされた大畑さん。これからもますますラグビー人気の拡大に力を貸してくださいね。

« 2017.1月~3月期、観ているドラマ | トップページ | 「 セイレーンの懺悔 」(中山七里・著)読みました »

スポーツ」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017.1月~3月期、観ているドラマ | トップページ | 「 セイレーンの懺悔 」(中山七里・著)読みました »