フォト
無料ブログはココログ

« 年齢を重ねれば好みも変わる | トップページ | パチパチパンチよ永遠に »

2016年12月16日 (金)

映画の話・1206 「 聖の青春 」

169751_11 2016年の日本映画です。
 
 原作既読。

 この映画、なんといっても松山ケンイチさんがいい。撮影当時はその「激太り(いえ、もちろん役作りのためです)」ばかりが話題になりましたが、決してそれだけではないことは、映画を観れば一目瞭然です。特に目がいい!村山聖という人の純粋なまっすぐな人柄を、その目で表現しきっています。もしかしたら大して太っていなくても、その「目」だけで本人を表現できたのでは・・・と思うくらいです。本当に村山聖さんが乗り移ったのではないかと思うくらいの好演。ラスト近くの、羽生さんとの対局のシーンは、スクリーンから緊張感そして村山さんの体調の悪さが伝わってきて、苦しくなるほどでした。

 映画ですので基本的に2時間ほどにまとめなくてはいけません。原作では村山さんが生きた29年間が描かれていましたが、映画ではそうもいきません。その中で、羽生さんとの対局を中心に、村山聖さんの生きざま・人となりはよく描けていたのではないでしょうか。
 こんなにも将棋を愛し、人に愛された村山さん。よく言われることですが、短い生涯ではありましたが、人々の心の中で永遠に生き続けるのでしょうね。
 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)
 

« 年齢を重ねれば好みも変わる | トップページ | パチパチパンチよ永遠に »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年齢を重ねれば好みも変わる | トップページ | パチパチパンチよ永遠に »