フォト
無料ブログはココログ

« パチパチパンチよ永遠に | トップページ | 映画の話・1207 「 ハチ公物語 」 »

2016年12月18日 (日)

お楽しみはこれからだ・・・第53回ラグビー大学選手権・準々決勝観てきました

Img_2223 昨日は急に予定が空きましたので、花園ラグビー場に行ってきました。第53回ラグビー全国大学選手権の準々決勝2試合を観に行くためです。今回は珍しく() 関西勢がベスト8に3校も残っており、そのうち2校が花園で試合を行うため、これは応援に行かなくてはと思い 、行ってきました。 いや~、同じような考えの方が多くいらっしゃったようで、かなりお客さんが入っておりました。でも、いつも思いますけど、ラグビーを観に来ているお客さんって、けっこう年配の男性(少なくとも「おじさん」と呼ばれる以上の)、それもちょっとこわもての方が多いんですわ~。いえ、きっといい人なんでしょうけどね。ですから初めて来られた方はちょっと怖いかも(笑)。いえ、私は「こわもて」ではないと思いますけどね
 第一試合は同志社大学vs早稲田大学。ここ数年の成績でいうと早稲田圧倒的有利という感じなのですが、今年はそうでもないと踏んでおりました。いざ試合が始まりましたら、同志社がどんどんと得点を重ねていく。関西のファンとしましてはこれ以上ない試合展開となりました。後半に入って反則の繰り返し=シンビン(一時退場)などが同志社にありまして、早稲田に追い上げられ、けっこうはらはらさせられましたが、最終的には47-31の完勝でありました。うれし~
 勝因はディフェンスでしょうね。ゲインを切られる(ディフェンスの裏に出られる)場面がほとんどありませんでした。同志社フィフティーンの集中力・前に出る力の勝利でした。次の試合も速いテンポでボールを回して、集中力を持ったディフェンスをすれば、勝てるチャンスはありと観ましたよ
 それから第二試合。関西リーグで一段上の力を見せて優勝した天理大学の登場です。相手は慶應義塾大学。正直これは大差をつけての勝利だと思っていたのですが、始まってみるとなんとなんとかなりの接戦。80分間はらはらし通しでした。結果は29-24の1トライ差。でも、終わってみて振り返ってみると、同点にはされても決して逆転はされなかった。結局試合の主導権はずっと天理が握っていたように思います。この試合、第一試合とは打って変わって、天理のディフェンスが機能しない、相手にディフェンスの裏に出られるシーンが結構ありました。これ、関西リーグの時にはなかったことです。次戦までにこのあたりを修正して、準決勝に備えてほしいと思います
Img_2228_2 さて、次の試合。準決勝は年が明けて1月2日です。東京秩父宮ラグビー場にて。
 でも、準決勝進出4校のうち2校が関西勢だなんて、本当に久しぶりです。できれば2試合とも勝って、関西勢同士の決勝戦なんてことになればとてもとてもうれしいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうねえ
 天理大学は王者・帝京大学と。同志社大学は東海大学と。どちらも強いですが、頑張ってほしいです。帝京大学はここ数年、大学ラグビー界の王者として君臨していますが、盛者必衰。この世の中に永遠に続くものはありません。いつかはまたその構図・勢力図も変わります。今回の大会がその第一歩になってくれればうれしいなあと思っています。帝京大学の関係者の皆様すみません
 1月2日は朝起きたら箱根駅伝を観て、そして大学ラグビー準決勝を観る。楽しいお正月が過ごせそうです。天理大学・同志社大学ともに熱烈応援します。次も頑張ってください。そしてこの関西のラグビーファンの楽しみを、決勝戦まで引っ張っていってください。ほんと、よろしくお願いします

« パチパチパンチよ永遠に | トップページ | 映画の話・1207 「 ハチ公物語 」 »

スポーツ」カテゴリの記事

お出かけ・旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パチパチパンチよ永遠に | トップページ | 映画の話・1207 「 ハチ公物語 」 »