フォト
無料ブログはココログ

« 映画の話・1173 「 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 」 | トップページ | 映画の話・1175 「 映画 暗殺教室 」 »

2016年10月18日 (火)

映画の話・1174 「 春との旅 」

153225_11

 2010年の日本映画です。

 非常に印象的な始まり方をした本作、仲代達矢さんの演じるわがまま・偏屈な老人に、はじめは腹を立てながら観ていたわけですが、そのうちにだんだんと「単なるわがまま老人」ではないことが分かってきて、何とも言えない切ない気持ちになりました。あまり親交のない「親族」のところをまわるその姿に、老いの問題が浮き彫りにされていました
 最後の最後、居場所を見つけられそうになって「よかったなあ」と思っていたら、まさかの行動。でも二人にはそれが「当たり前の行動」だったのでしょうね。そして、あのラスト・・・。
 いまだに答えは見つかりませんが、「老い」の問題について考えさせられました

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« 映画の話・1173 「 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 」 | トップページ | 映画の話・1175 「 映画 暗殺教室 」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画の話・1173 「 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 」 | トップページ | 映画の話・1175 「 映画 暗殺教室 」 »