フォト
無料ブログはココログ

« うそでしょ~ | トップページ | 映画の話・1173 「 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 」 »

2016年10月16日 (日)

『 暗幕のゲルニカ 』(原田マハ・著)読みました

Img_1739 原田マハさんの新作です。お得意の美術ミステリー。今作ではピカソの「ゲルニカ」を中心に、それが描かれた第二次世界大戦前夜と、9.11が起こった現代を交錯させて書かれています。

 お話は非常に高尚。私にはちょっと高尚すぎて、正直私にはちょっと楽しめませんでした。いえ、面白かったのですよ。でも、心躍るようなワクワクする気持ちまでは感じられませんでした。美術に堪能な方なら、もっともっと楽しめたんでしょうねえ。ラストも、「えっ?終わり?」という感じでしたし

 帯に「楽園のカンヴァス」を凌駕する・・・とありましたが、これも正直私には言い過ぎに思えました。この作品のファンの方には申し訳ないですが、「楽園の」の方が何倍も面白かったです。マハさん作品ですので、一定のレベル以上の作品ではあると思いますが、マハさん作品の中ではまあ、普通・・・といったところでしょうか。

 私の評価:☆☆☆(5つが満点です)

« うそでしょ~ | トップページ | 映画の話・1173 「 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« うそでしょ~ | トップページ | 映画の話・1173 「 旅立ちの島唄 ~十五の春~ 」 »