フォト
無料ブログはココログ

« こんな日が来るとは!・・・ラグビー日本代表、歴史的勝利! | トップページ | 映画の話・1039 「 母べえ 」 »

2015年9月21日 (月)

ラグビー日本代表なのに、なぜ外国の人がいるの?に答えます

P1010135_2 いや~、やっぱり大きな大会で強い相手に勝つというのは、こんなにも影響力の大きいことだったんですね~。今までほとんど注目されていなかったラグビーのワールドカップ、そして日本代表ですが、昨日の南アフリカ戦の勝利によりまして、広く一般の社会でも注目を集めるようになりました。いろいろなニュース番組やニュースバラエティのトップでラグビーのことが取り上げられて、ラグビーファンとしてはうれしい限りです。このことも含めて、こんなことがあるんだなあと、夢のような気分でいます。

 ただ、せっかく南アフリカに勝ったのに他のチームに負けて、結局予選リーグ敗退・・なんてことにならないように、次のスコットランド戦もなんとか勝っていただきたい。そうやって決勝トーナメントに上がると、ラグビー人気も本物になりそうな気がします。ここ、日本ラグビーの正念場です

 で、こんなふうにラグビー日本代表が注目されると、一般の方々の中には必ず「あれっ?日本代表なのに、外国の人がいるのはなぜ?」という疑問を持つ人が出てきますよね。っていうか、ほとんどの人は必ず一度はそのことを考えてしまいますよね。そのことについて、今回は私の思いを少し述べさせていただきます。少々長い文章になるかもしれませんが許してくださいね

 まず、ラグビーの世界では、それぞれの国の代表になるには三つの規定(資格)があります。(1)生まれたのがその国 (2)両親または祖父母がその国の出身 (3)その国に3年以上継続して住む ・・・これらのうち一つでも該当すれば、その国の代表資格ありということです。つまり、国籍は関係ありません。それから逆にいえば日本人もニュージーランド代表(オールブラックス)入ることが可能です。ちなみに日本以外の国でも、その国の国籍のない人が代表になっている例はそこそこあります。このあたり、ラグビーというスポーツの「おおらかさ」を感じます

 でね、こんなふうに書くと、「じゃあ、強くするためには外国からいい選手をどんどんとってくればいいじゃん。お金を積めばいいじゃん。今の日本代表もそうやって強くしたの?」なんて言う方もいらっしゃるかもしれません。けれど、こういう意見にははっきりと言っておきます。そんなことはありません。単に「ワールドカップで勝つためにお金で強い選手の横っ面をはたいて連れてきた」なんてことはありません。きっと他の国でも、ないでしょう。一昔前のプロ野球によくいた「助っ人外国人=二流の選手やピークを過ぎた選手がお金のためだけにやってくる。日本をバカにした気持ちを持ちながら、金をもらえばすぐに帰国する。」のような選手は少なくとも現在のラグビー日本代表にはいません。みなさん、日本でラグビーをしたいと言って、来てくれるのです。もちろん「生活をよくするため」という気持ちを持っていた選手もいたかもしれませんが、先に書いた「一昔前の助っ人外国人」のような人はいません。みなさん日本で住んで、日本を愛してくれており、日本のために身体を張ってくれているのです。その証拠(というのは堅苦しい言い方ですが)に、国籍は関係ないのに、日本国籍をとって「日本人」になってくれている人が多くいます。現キャプテンのリーチ・マイケルもその一人です。彼は15歳で来日し、札幌山の手高校で花園に出場し、その後、東海大学を経て現在日本代表でプレーしています。ロックのトンプソン・ルークなどもそうです。花園ラグビー場のそばで自転車に乗っているのをよく見かけます(笑)。他にも(日本代表に選ばれていない人も含めて)日本国籍をとっておられる方、何人もいます。

 私は、日本代表に「(日本国籍取得者を含めて)外国の方」がたくさんいらっしゃることに対して、現在は何の違和感もありません。ただもちろん、15人全員が「外国出身の方」になったら同じ気持ちでいられるか、まではちょっとわかりませんが

 日本代表は、「日本人の代表」ではなく「日本でプレーをするラガーマン」の代表なのだということです。「日本人の代表」であってほしいなあとおっしゃる方のその気持ちも十分わかります。でも、「日本でプレーするラガーマンの代表」であるというところにラグビーのおおらかさ=ラグビーというスポーツの良さ(「ノーサイドの精神」に象徴されるような)が表れているように思います。日本代表に選ばれるような外国出身の選手は、みなさん本当に日本を愛し、死ぬような練習を本当に「必死で」やっておられます。そして日本という国のプライドを背負って、本当に身体を張ってくれています。その姿勢には本当に頭が下がります。昔、相撲取りの高見山さん(ちょっと古いですね)を形容して「日本人以上に日本人らしい」などとよく言われましたが、現在のラグビー日本代表の「外国出身選手」にもまさにその言葉が当てはまると思います

 何度も書きますが、私も以前(数年前まで)は違和感を感じておりました。「半分、外国人やんけ~。こんなんで勝っても、うれしないわ~」なんて言ったりもしていました。でもね、その後、そういう(外国出身の日本代表)選手たちの努力や普段の生活、そして思い・考え方に接するにつれ、先述のような考え方に変わっていったのです

 さあ、あさって(23日・水)はいよいよスコットランド戦。すっきりとした気持ちでみなさんに応援していただきたいと思い、今回はこんな記事を書かせていただきました。日本に来てプレーしているラグビー選手は、そのほとんどが本当に日本を愛してくれています。他の国から代表にならないかと声がかかっても日本を選んでくれた選手も何人もいます(どこかの国の代表になったら、他の国ではなれません)。少しでも多くの方がすっきりとした気持ちでラグビー日本代表を応援してくれたら、私もうれしいです。私は別に何物でもありませんが

 ラグビー選手って鉄人みたいだな~ということで、今回はこの写真で。私は選手時代は全然鉄人じゃなかったですけどね

 *今回の記事に関しまして、誠意のあるコメントにはお応えいたしますが、単なる悪意のあるコメントは相手にせず削除させていただきます。あしからず。でも、そんなコメント、めったにきませんけどね~

« こんな日が来るとは!・・・ラグビー日本代表、歴史的勝利! | トップページ | 映画の話・1039 「 母べえ 」 »

スポーツ」カテゴリの記事

個人的なこと」カテゴリの記事

コメント

ラグビースゴかったみたいですね!
正直日本ではマイナーなスポーツなイメージだし、私も日本って強いの?というかほとんど知らないに等しいんですけど…
最近といいますか、ハーフの高校野球のオコエ選手など外国の方も色んなスポーツで増えましたよね。
ラグビーみたいにガタイがいいスポーツなんて、やはり外国人選手のほうが有利だよなーとも思います。
ちゃんと日本の選手として出れる資格はあるんですね!!
お勉強になりました!
次の試合も勝つといいですね\(^o^)/

もぐさんへ

 ありがとうございます。今回の勝利、今までラグビーに興味がなかった方にもちょっと注目してもらえて、その点でよかったと思っています。昔はそこそこの人気スポーツだったんですけど、きつく汚いスポーツということで、人気が無くなっていってしまいました。奥の深い、いいスポーツなんですけど。
 今回hあ人気回復の大チャンスです。次も頑張ってほしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こんな日が来るとは!・・・ラグビー日本代表、歴史的勝利! | トップページ | 映画の話・1039 「 母べえ 」 »