フォト
無料ブログはココログ

« 『ラブレス』(桜木紫乃・著)読みました | トップページ | 映画の話・1006 「 カノジョは嘘を愛しすぎている 」 »

2015年7月12日 (日)

にくいよ、この~、ど根性ガエル!・・・7・11第一回放送観ました

111amiaaisl1 私、漫画「ど根性ガエル」が大好きで、小学生~中学生の頃、夢中で読みました。ジャンプコミックス全27巻は今でも持っております。「あしたのジョー」と「ど根性ガエル」が私の何分の1かを形作ったと言っても過言ではありません

 ですので、今回日本テレビ系で「ど根性ガエル」が実写ドラマ化されると聞いた時、本当に耳を疑いました。耳を疑うとともに、期待と不安が入り混じりました。原作が素晴らしい時、原作に対する思い入れが深ければ深いほど、その映画化・ドラマ化作品にはがっかりさせられることが多いですから

 そんな思いを抱えながら、2015.7.11夜9時から放送された第一回、観ました。いや~、おもしろかった。まず昨日の第一回放送を見て、とりあえずの変な不安は吹っ飛びました

 まずは「ピョン吉」の描写。素晴らしいですね~もうまったく違和感なし。そこにピョン吉シャツがあり、生きているようでした。技術の進歩というのはすごいものですね~

 そして出演者のみなさんも違和感なし。まず最初にピョン吉の声を担当されている満島ひかりさん、これもまったく違和感なし。素晴らしい。100点満点の出来です。演技もうまいですけれど、声優もできるんだな~

 そして「ひろし」の松山ケンイチさん。これもおみごと。キャラクターの性格を違和感なしに演じられておりました。他のみなさんもいいキャストでした

 お話は「漫画」の16年後。実家が魚屋さんだったゴリライモはパン屋さんとして大成功しております。ここまでくれば実業家です。五郎は警察官。これはきっと当時かぶっていた学生帽からイメージを得て警察官となったのでしょう。他の脇役のみなさんは漫画と同じ職業。宝寿司のだんななどはもう登場しませんけどね(苦笑)。

 そしてひろしはなんと無職。正直この点は釈然としないのですが、お話が進むにつれて、なんといいますか、いい感じに決着させていただきたいものです。なにかしらの職について、将来に希望を感じさせてくれるような決着をお願いしたいです

 こんな感じで、いかにも漫画原作らしく「夢」に溢れておりますが、その中で唯一現実を感じさせてくれるのが京子ちゃんの存在です。彼女は離婚してこの町に舞い戻り、なにかしら毒を含んだモノ言いでひろしたちに接します。彼女の存在が「人生は夢物語ではない」ということを感じさせます。

 ひろしが無職であるということ。そして京子ちゃんの置かれた立場。この二つが物語のキーになることは間違いないと思います。お話の方も、今後に大いに期待が持てます。7月から始まった新ドラマ、私は今作の他にも2作見ているのですが(それについてはまた近々書かせていただきます。何だと思います?)、この「ど根性ガエル」も今後が楽しみです

 そうそう、主題歌がかつてのアニメと同じだというのも心憎い演出でした

« 『ラブレス』(桜木紫乃・著)読みました | トップページ | 映画の話・1006 「 カノジョは嘘を愛しすぎている 」 »

マンガ・アニメ」カテゴリの記事

TV」カテゴリの記事

ドラマ」カテゴリの記事

コメント

未来の姿は決してみんなが平等に幸せではないということ
なんですかね

きーさんへ

 そうかもしれませんね~。ここから先、どんなふうに話が展開するのか、楽しみです。

まだ途中なんですが私も楽しく観ております。
ぴょん吉、なかなかの出来栄え〜✨✨

エチュさんへ

 なかなかおもしろいですよね。今後も期待大です

ichi-papaさん、こんにちは。

「ど根性ガエル」、見ましたよ。
「ど根性ガエル」は再放送ととんねるずが主題歌を担当された、「新ど根性ガエル」のどちらも、好きで、よく見ていました。
昔のアニメの実写リメイクって、「デビルマン」や「ガッチャマン」、「キャシャーン」など、失敗するケースが多いので、心配していましたが、これは、合格点でしたね。
ichi-papaさんの仰るように、出演者のみなさんも違和感ありませんでした。
ただ、ゴリライモが、スリムになって、しかも、クールで、カッコ良くなっていましたね。
個人的な意見ですが、お笑いの堤下さん辺りがゴリライモ役でも、面白かったかもしれません(笑)。
ピョン吉の声を担当されている満島ひかりさん、声優としての演技も、素晴らしいですね。
昔のピョン吉の声を担当された声優さんと少し声質が似ているような気がしたので、全く違和感がなく、自然に、聞けましたね。
松山ケンイチさんも、Lやカムイみたいなクールな役柄を演じても、上手しいですし、ひろしのような明るいキャラクターの役柄でも、何の違和感もなく、見事に演じていましたね。
さすがですね~。
いつか、「妖怪人間べム」みたいに、映画化してほしいですね。
それでは、ichi-papaさん、素敵な週末を、そして、素敵な海の日をお過ごし下さいね。
失礼致します。

スマイル・ホースさんへ

 >ただ、ゴリライモが、スリムになって、しかも、クールで、カッコ良くなっていましたね。
個人的な意見ですが、お笑いの堤下さん辺りがゴリライモ役でも、面白かったかもしれません(笑)。

 おおt、なかなかの着眼点。確かに堤下さん、いいと思います
 松ケンさんは、本当にうまい俳優さんですね。どんな役でもこなしてしまいます。それに満島ひかりさん、本当にお見事です。今日も現在、第二話を見ながらこれを書いております。これからじっくり見ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『ラブレス』(桜木紫乃・著)読みました | トップページ | 映画の話・1006 「 カノジョは嘘を愛しすぎている 」 »